« ScanSnap騒動記 | トップページ | ローリングストックの重要性 »

2020.03.06

有栖川有栖【カナダ金貨の謎】

Photo_20200305165301

著者:有栖川有栖
価格:1,450円
カテゴリ:一般
発売日:2019/09/20
出版社: 講談社
レーベル: 講談社ノベルス
利用対象:一般
ISBN:978-4-06-516687-1

殺害現場から持ち去られていた1枚の「金貨」。完全犯罪を計画していた犯人を、臨床犯罪学者・火村英生と推理作家・有栖川有栖がロジックで追い詰める!【「TRC MARC」の商品解説】

国名シリーズの一つかと思ったら、火村シリーズの一つらしい。
と思ったら、コラボだとか?

で、短編だから火村シリーズに国名を放り込んだのかと読み始めたのだったが……。

【船長が死んだ夜】

最近どこかで同じような話を読んだような。横溝正史のものだったかな。
勿論時代も違うし、場所もちがうが。

【エア・キャット】には、朝井小夜子という順レギュラーが登場する。もっとも彼女が出てくる本は読んだことがなく(あるいは忘れているだけかも)、その大阪弁がいささか鼻につく。

下宿のおばあさんには、何度か出会ったような。

火村は猫好きだったとは。

いよいよ表題作【カナダ金貨の謎】は、いわゆる倒叙もので、犯人のモノローグだ。
と思ったら(こればっかり)続いてアリスが出てきた。

以下、犯人とアリスが交互に語っていく。
犯人は、あとの仕上げをするために、現場に戻るはずだった。
ところが被害者の同居人のハプニングで、それが出来なくなり、むしろホッとしている。

その、彼がなしえなかったことが何かというのが、むしろこれのポイントになっている。

あまり面白くなかった。

【あるトリックの蹉跌】は、火村とアリスの出会いを描く。学生時代の話になる。

【トロッコの行方】
この「問題」は、知っている。
やはり5人を助けるべくポイントを切り替えるのが正解なのかな。

でも、火村の(犯罪に加担しないという)信念に敬意を払いたい。

被害者のダイイングメッセージにあった「髪が長い」というのがヒント。
だから、関係者の中に一人だけいた短髪の女性が犯人だろうとは、予測できた。

 

国名シリーズは全部読んだはず。
随分前の作品ばかりだし、何故今頃、と思ったら(又使ったよ)、火村ものの国名シリーズも幾つかあるようだ。
本書にも、【スイス時計の謎】というタイトルが出てくる。

アリスの学生時代からの江神さんシリーズが火村シリーズになったからは、あまり読みたくなくなっていたのだった。

 

|

« ScanSnap騒動記 | トップページ | ローリングストックの重要性 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ScanSnap騒動記 | トップページ | ローリングストックの重要性 »