« 猛暑日つづく | トップページ | 今野敏他【警官の貌】 »

2020.08.23

【珈琲店タレーランの事件簿】

Photo_20200822164201

著者:岡崎琢磨
価格:713円
カテゴリ:一般
取扱開始日:2012/07/31
出版社: 宝島社
レーベル: 宝島社文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-8002-0072-3

6月の京都。恋人と喧嘩したアオヤマは、珈琲店タレーランで、長年追い求めた理想の珈琲と、魅惑的な女性バリスタ切間美星に出会う。【「TRC MARC」の商品解説】

「魅惑的な女性バリスタ」と表紙絵の少女とのイメージの違いに違和感あり。

事件というほどのものが起きるわけではなく、喫茶店の老人にしても今ひとつの感あり。

二件目での「珈琲」に関する蘊蓄は面白かった。

途中、京都の行事についてもさりげなく盛り込んである。
今年は、祇園祭も大文字の送り火も、規模がうんと小さくなってしまったが。

 

語り手の「アオヤマ」については、これまた今ひとつ個性無し。

それでも6巻ものシリーズになっているということは、よく売れているのだろう。

まぁ、こんな本物(?)の喫茶店は少なくなったから、実際にあったら行ってみたいな。

と、途中まで文句を言いながら読んでいたのが、何だかおかしな展開になった。
バリスタの過去に関係した事件が絡み、さらにアオヤマの正体は?

この結末で、このあとどうシリーズ化していくのだろう?
もう一冊くらい読んでみるか。

時々おかしな言葉遣いが、気になった。

『お連れしていただけませんか』
『青山さんがご来店したとき』
『解かれてみてはいかがでしょう』


↓ は、意識的なようだが……。
『投げられてみてはどうですか』

 

|

« 猛暑日つづく | トップページ | 今野敏他【警官の貌】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猛暑日つづく | トップページ | 今野敏他【警官の貌】 »