« 肉の焼き加減 | トップページ | 【風のベーコンサンド】 »

2021.04.10

ドラマ「無実はさいなむ」

 20180410-130735
年度末にポワロが一時お休みになって、その間クリスティの他のドラマを放映。

この「無実はさいなむ」は1時間もの3週連続という、ながーいドラマだった。
一度に観るにはしんどすぎるので、分けて視聴。

 

最後が原作とはすごく違うとは聞いていたが、その通りだった。

やたら回想場面が多く、もう少し時間が節約できたのではと思う。

ジャックが犯人ではないといいに来たアーサーは、非常に地味な弱気な人間に描かれていた。

家にいる頃の(事件前の)ジャックは、何か見つけては執拗に嫌がらせをする、なんとも嫌な人物に描かれていた。
それは実父からの遺伝で、まさにそのDNAは受け継がれたのだった。

権力と結びつかれれば、弱い市民は何もできない。

どうしようもないくずのようなジャックだったが、母親への思慕と愛情が垣間見られて、その辺は原作より救われる。

最後、兄弟4人の未来への希望を抱かせて終わったのはよかった。

 

関連記事

アガサ・クリスティ【無実はさいなむ】(21.03.17)

 

|

« 肉の焼き加減 | トップページ | 【風のベーコンサンド】 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 肉の焼き加減 | トップページ | 【風のベーコンサンド】 »