« 家事代行サービス | トップページ | 「抜き作業7月」3日目:クローゼット »

2022.07.10

締野凪【今宵も喫茶ドードーのキッチンで。】

Photo_20220623170201

著者:締野凪
価格:693円
カテゴリ:一般
発売日:2022/05/12
出版社: 双葉社
レーベル: 双葉文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-575-52570-0

住宅地の奥でひっそりと営業している、おひとりさま専用カフェ「喫茶ドードー」。この喫茶店には、がんばっている毎日からちょっとばかり逃げ出したくなったお客さんが、ふらりと訪れる。SNSで発信される〈ていねいな暮らし〉に振り回されたり、仕事をひとりで抱え込み体調を崩したり……。目まぐるしく変わる世の中で疲れた体と強ばった心を、店主そろりの美味しい料理が優しくほぐします。今宵も「あなたの悩みに効くメニュー」をご用意してお待ちしております。心がくつろぐ連作短編集、開店。

ここの店主は「そろり」と言う。曽呂利 新左衛門にあやかっているのか(何を?)、それとも「そろりそろり」と動くからか(そのようには見えないが)。

そろりが工夫した飲み物や料理は、この店を訪れた「心が疲れたお客」たちを癒す。
店名の「ドードー」は、【不思議な国のアリス】にも出てくる絶滅した鳥。この命名の由来は何だろう?

時は2021年。梅雨から梅雨明けの暑い東京が舞台。
おりしも、東京オリンピック開始の時期とも重なる。

 

「ていねいな暮らし」といえば心惹かれるが、実はそれに振り回されて却って疲れているのではないか?
この第一話は、非常にうなずけるものだった。
「あこがれ」はあこがれのまま置いて行く方がいい。下手に真似する必要はない。
人は人、自分は自分が出来ることがある。

めっきり客が減った店でがんばる店主。気がつけば50代も半ばになっていた。
少ない従業員でやりくりしていたが、バイトの女子大生が神経を病んでしばらく休む。
必然的に店主である小夜子の負担が増え……

という第三話も、当時(今も?)よくある話だったろう。

 

そして、この小夜子というのが実は……。
と続いていく。

それぞれの話が少しずつつながっているのが面白い、と言えるし、ありきたりとも言える?

 

 

|

« 家事代行サービス | トップページ | 「抜き作業7月」3日目:クローゼット »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 家事代行サービス | トップページ | 「抜き作業7月」3日目:クローゼット »