« ドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郞の憂鬱」第2回・3回 | トップページ | 名探偵ポワロ「愛国殺人」 »

2023.01.31

湯浅芳子 訳【森は生きている】

Photo_20221229152401

著者:サムイル・マルシャーク 湯浅芳子(訳)
価格:770円
カテゴリ:小学生
発売日:2000/11/17
出版社: 岩波書店
レーベル: 岩波少年文庫
利用対象:小学生
ISBN:4-00-114072-1

気まぐれな女王が真冬に4月の花マツユキソウをほしいといいだし,国じゅう大さわぎ,継母の言いつけで吹雪の森に分け入った少女は,12の月の精たちに出会います.有名な児童劇.

 

随分昔に読んだ本。一度舞台を見てみたいと思いつつ、まだ叶えていない。

その舞台のことを佐々木蒸散のTwitterで知って、再読してみた。

ソ連版シンデレラ物語とも言われるが、ずっと幻想的で生き生きしている。

「4月」が「1月」「2月」「3月」に、順に1時間だけ自分に下さいとお願いするところなど、まったく覚えていなかった。

厳しい冬があり、やがて春になって色々な花が咲き、木々が喜ぶ。

 

現実でも、冬本番はこれから。

花々の咲く春が待ち遠しい。

 

|

« ドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郞の憂鬱」第2回・3回 | トップページ | 名探偵ポワロ「愛国殺人」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郞の憂鬱」第2回・3回 | トップページ | 名探偵ポワロ「愛国殺人」 »