« 原田ひ香【三千円の使いかた】 | トップページ | ウー・ウェン【10品を繰り返し作りましょう】 »

2023.01.24

小湊悠貴【ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人7】

Photo_20221230161501

著者:小湊悠貴
価格:704円
カテゴリ:一般
発売日:2022/12/20
出版社: 集英社
レーベル: 集英社オレンジ文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-08-680480-6

いよいよクライマックス目前の第7巻!

 

シリーズ最後になるのかな?紗良と要の関係は進展するのか?

冒頭作「純白の職人道」では、要の元恋人が登場。

いつも要は相手から交際を申し込まれ、そして振られるというパターンで、この時もそうだった。

この元恋人はウエディングドレスのデザイナーであり、翌年に予定されているホテルの「ブライダルイベント」での衣装も担当。
モデルに紗良がなることに。

この辺が、一種の「予告」とも言える。

相変わらず話と話の間には、ホテルの看板猫マダムの話が入って展開していく。

二番目の「ホテリエの矜持」では、要のことというより、要の姿を見て憧れる学生アルバイトの心境など。

ここの最後の方で、要と紗良は気持ちを確かめ合う。
やれやれ、「ようやく」というところか。

 

三つ目の「師匠に捧げるフルコース」は、シェフ隼介の話。

そして第四話は「羽ばたきのプレッツェル」

 

いつも楽しいし、もう一巻くらいあってもいいかな。

 

|

« 原田ひ香【三千円の使いかた】 | トップページ | ウー・ウェン【10品を繰り返し作りましょう】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原田ひ香【三千円の使いかた】 | トップページ | ウー・ウェン【10品を繰り返し作りましょう】 »