« 堂場瞬一【ボーダーズ】 | トップページ | カラーチャート ドキュメントトート »

2023.03.24

標野凪【伝言猫がカフェにいます】

Photo_20230215222701

著者:標野凪
価格:847円
カテゴリ:一般
発売日:2022/11/11
出版社: PHP研究所
レーベル: PHP文芸文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-569-90261-6

「会いたい」人からの言葉を“伝言猫”が伝えるべく奮闘するハートフルストーリー

 

この世とあの世を繋いだところにあるカフェ。

飼い主への未練が一杯の「あの世」の新参ネコふー太。
このカフェで「この世」の人たちの依頼に応える仕事をして、残してきた飼い主に会えるのか。

5件成功したら、元の飼い主に会えるという。
だがその仕事はなかなか難しい。

1件目は、個展を開く女性の、父親に見てほしいという願い。ふー太は「あの世」の父親に会って情報収集をする。

その上で、三途の川(かなぁ?)を逆に渡って、「この世」で父親の魂を託す人を見つける。
渡そうと思った人を間違えて失敗したかと思われたが、間違えて託した子どもが、うまく娘に出会ってくれた(って、本人にはまったく自覚がない)。

なんとか最初の案件をクリアして、次の仕事に向かう。

これの繰り返しで、残りの4件を片付け、ふー太は元の飼い主ミチルに会うことが出来た。

ふー太より少し後から来た黒猫は、魔法使いになる仕事を選ぶ。
仲介役の紅子さんから冷やかされたりして、赤面するふー太である。

そんなふー太も、黒猫が赤い首輪をつけて魔法使いデビューする姿を好ましく思って眺めている姿は、微笑ましい。

 

|

« 堂場瞬一【ボーダーズ】 | トップページ | カラーチャート ドキュメントトート »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 堂場瞬一【ボーダーズ】 | トップページ | カラーチャート ドキュメントトート »