« 角田光代【愛がなんだ】 | トップページ | 八木沢里志【きみと暮らせば】 »

2023.06.23

【三日間の休暇】三日目

20230609-115733

最終日は、下のチビさん希望の「白い恋人パーク」へ行こうかと思っていたのだが、天気がイマイチだ。

急遽、小樽行きに変更する。小樽は何度か行っていて、ここは自分で歩かないとあまり意味がないので、今回の行き先候補には入れてなかったのだ。

 

列車で行くと途中の絶景が楽しみなのだが、あいにく道路(札樽道路と書くことを知った)は海岸線沿いではなかった。

車を止めたあたりから雨が降り出した。しかしそんな状況でも、小樽へ来たからには「手宮線跡」には行きたい。
傘を差しながらの撮影で、ぶれてしまっているのが残念。↑ の画像

以前はもっと綺麗だったような気がする。説明板もサビが浮いてしまっているし、線路も雑草だらけだった。少々悲しい。
線路上を歩いていて、ネコに出会ったなぁ、などと思い出す。

 

20230609-123459

車を止めた「北一硝子」に面した通りは、修学旅行生たちも多く、賑わっている。
その通りの店で、ランチ。念願通り海鮮丼を食す。ホテルの朝食にも海鮮類はたくさんあったし、前日の夕食でも食べているのだが。

 

0000000008163_i12k6dc_20230622104501 駐車場代を浮かすために(?)、北一硝子で「花ふぶきシリーズ」という小鉢を買った。息子はこういったガラス製品を買うのには消極的だ。『割れたときに悲しいから』というのが理由らしい。でもそれだからこそ、丁寧に扱う。

と言っている内に、時間が厳しくなった。

当初予定の運河はパスして、一路空港(レンタカー屋)へと急ぐ。

 

「水天宮」へも行けなかったなぁ。もっとも車では無理な場所だが。

 

|

« 角田光代【愛がなんだ】 | トップページ | 八木沢里志【きみと暮らせば】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 角田光代【愛がなんだ】 | トップページ | 八木沢里志【きみと暮らせば】 »