« 谷村新司さん | トップページ | ドラマ「きのう何食べた」第3回 »

2023.10.22

瀧羽麻子【うちのレシピ】

Photo_20231017212501

著者:瀧羽麻子
価格:649円
カテゴリ:一般
発売日:2021/10/28
出版社: 新潮社
レーベル: 新潮文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-10-103281-8

美味しい食事――それは誰もが知っている魔法。
舞台は、家族経営のレストラン「ファミーユ」。
あたたかな食事に癒される。美味しさという魔法に満ちた、6つの物語。


【主な登場人物】は、二組の家族。
正造 レストラン「ファミーユ」の生真面目なシェフ
芳江 正造の妻。穏やかに夫と娘を支えている
真衣 正造と芳江のひとり娘で「ファミーユ」のウェイトレス
美奈子 投資銀行のディレクター。啓太が料理人になることに反対だった
雪生 会社員。もと美奈子の後輩社員で激務の妻をサポートしてきた
啓太 雪生と美奈子のひとり息子。「ファミーユ」で正造に師事する

表紙絵は、これら登場人物と6つの話に出てきた料理。いずれもおいしいのだ。

 

啓太が正造の弟子として「ファミーユ」に就職し、ひとり娘真衣と恋仲になる。

啓太の家庭は、母親が猛烈な働き手で、父子家庭のようなものだった。

6つの物語を、6人の登場人物それぞれが担当(?)して進めていく。
時に時系列が遡ったりして、次第に家族の姿が浮き上がってくる。

この6人の中では、啓太の父親雪生が好きだな。お互いを名前で呼び合うのもよかった。

 

|

« 谷村新司さん | トップページ | ドラマ「きのう何食べた」第3回 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 谷村新司さん | トップページ | ドラマ「きのう何食べた」第3回 »