« 瀧羽麻子【うさぎパン】 | トップページ | 出羽の朝 »

2023.10.11

大崎梢【もしかして ひょっとして】

Photo_20230919134501

著者:大崎梢
価格:748円
カテゴリ:一般
発売日:2023/09/13
出版社: 光文社
レーベル: 光文社文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-334-10035-3

秘密が明らかになるとき、人生が少し、輝き始める。日常の謎解きの魅力がたっぷり詰まったミステリー短編集。

 

日常の謎解きミステリーで、殺人事件は一件だけ。
著者の解説で知ったのだが、一つ一つの短編にはそれぞれテーマがあったのだとか。
それらをまとめて「もしかして ひょっとして」と括っている。

どれもやさしいお話しで、好感が持てたものが多かった。
【体育館フォーメーション】が、一番好きかな。

 

冒頭作【小暑】は、七夕頃の東海道線車内。
最初赤ん坊を連れて乗っているのは、女性だと思った。表紙の男性らしい。

道中向かい側に座った上品な老婦人の回想録。

【体育館フォーメーション】で生徒会役員として活動している二年生の男子生徒が、なかなか格好いい。
姿形はそうではないのだが、冷静によく判断していて好感が持てる。

【都忘れの理由】

一転して語り手は、初老の大学教授。こちらは気が利かなくて、一人では何も出来ない。
妻亡き後も引きつづき来てくれている家政婦頼みだ。

それを、うっかり傷つける言動をして右往左往する話。

【灰色のエルメー】

これはネコちゃんのはなし。

こんな風に預かるだけでもいいから、ネコが来てくれないかなぁ。

【かもしれない】は、今ひとつ面白くなかった。

【山分けの夜】

唯一、不穏な事件が起きる。

 

|

« 瀧羽麻子【うさぎパン】 | トップページ | 出羽の朝 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 瀧羽麻子【うさぎパン】 | トップページ | 出羽の朝 »