« 「ウィッシュリスト」を作ってみる | トップページ | 爪切り »

2024.01.16

三浦しをん【神去なあなあ夜話】

Photo_20240109182701

著者:三浦しをん
価格:704円
カテゴリ:一般
発売日:2016/06/03
出版社: 徳間書店
レーベル: 徳間文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-19-894117-8

人気作『神去なあなあ日常』の後日譚。みんなたち、待たせたな!

 

勇気が神去村へ来て、はや一年。
最初は嫌で仕方なかった田舎暮らしと山の仕事だが、それなりに慣れもしたし、仕事も上達した。

今回は勇気が直紀さんとどこまで親しくなれるかに注目!

その間、繁婆さんから神去村の由来を聞いたり、お稲荷さん信仰に目覚めたり。

勇気はある日墓地で、村人12人が同じ日に亡くなっていたことを知る。
その件が、一番衝撃的だった。

また、みんなで作り上げた「クリスマスパーティー」も、ほのぼのとしたいいエピソードになった。

一見のほほんとしている「ヨキ」も、辛い過去を背負っていたのだった。
勇気が捻挫したことで一晩山の中で過ごした勇気と「ヨキ」は、初めてシンミリと話を交わす。

こういう小説、いいなぁ。さすが三浦しをんさんだ。

 

林業は厳しそうだが、やはり「木」はいつまでも途絶えて欲しくない。

 

関連記事

【神去なあなあ日常】(24.01.04)

 

|

« 「ウィッシュリスト」を作ってみる | トップページ | 爪切り »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ウィッシュリスト」を作ってみる | トップページ | 爪切り »