« アナレンマ | トップページ | 本を読み直す »

2024.02.04

【芦原妃名子傑作集(1)記憶】

71lriab8ol_sy466_

著者:芦原妃名子
価格:583円
発売日:2014/09/25
出版社: 小学館
レーベル: フラワーコミックス
サイズ:B6判/320ページ
ISBN:978-4-09-136454-8

永遠に読み継がれるべき珠玉のストーリーを厳選してお届けする、ベスト・オブ・ベスト!

優しい絵に惹かれて購入。

一篇ずつに、著者のコメントが付いている。

収録作は

【乞う女  3】男性読者向けだとか。かなり怖い話。

【中学1ねんせい】シリーズとして「高校3ねんせい」まで描く予定が、「中学3年生」で終了したのだとか。
忙しすぎて、高校進学出来なかった模様。
サブタイトルが「恋未満」とある。

「恋」に「恋する」可愛いふたり。

【月と湖】身勝手な男と、翻弄される女性たち。

【オルガン】関東大震災と、阪神淡路大震災。両方を見たオルガンの話。
「夢と希望をのせたオルガンの音」は、時空を超えて鳴り響く。

【カッコウの娘】主人公の義母がいい感じだった。義母の息子が主人公と同級生だったとは。
編集者には受けたけど、読者受けは悪かったとか。
不倫ものだけど、底にある温かいものには惹かれる。

【蝶々雲】それぞれが、ずるくて卑怯で優しくて……。幼かった。

 

|

« アナレンマ | トップページ | 本を読み直す »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アナレンマ | トップページ | 本を読み直す »