« 【鬼滅の刃 ノベライズ ~死闘決着! 炭治郎と鬼殺隊の未来編】 | トップページ | (歴史のダイヤグラム)線路は狭軌か国際標準軌か »

2024.02.17

一穂ミチ【スモールワールズ】

Photo_20240213095401著者:一穂ミチ

価格:825円
カテゴリ:一般
発売日:2023/10/13
出版社: 講談社
レーベル: 講談社文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-06-533456-0

2022年本屋大賞第3位 
第43回吉川英治文学新人賞受賞!
ままならない、けれど愛おしい「小さな世界」たち。

 

短編集。いずれも、やや重ための話が七篇。

破天荒なように見えて心優しい姉とその弟を描いた【魔王の帰還】が好きだったかな。

冒頭作【ネオンテトラ】で出てきた男子高校生は、六篇目の【式日】での後輩にあたるのではないか?
あの、どうしようもない父親が死んで、それでも葬儀を出した「後輩」。
その後輩は、自分の子どもがどこかにいるのではないかと思っている。
そう、君の子は、母親(元恋人)の叔母にちゃんと育てられているよ、と言ってあげたい。

どこか退廃的なこの「後輩」に、幸せになってほしい。

【花うた】は、あまり好きになれなかった。

【愛の適量】は、何事ものめり込みすぎてうまくいかず、毎日を適当に送っている高校教師。
別れた妻の元に残してきた娘が訪ねて来て……。
こんな大きな刺激を貰ったら、少しは生き方を変えざるをえないか。

 

|

« 【鬼滅の刃 ノベライズ ~死闘決着! 炭治郎と鬼殺隊の未来編】 | トップページ | (歴史のダイヤグラム)線路は狭軌か国際標準軌か »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【鬼滅の刃 ノベライズ ~死闘決着! 炭治郎と鬼殺隊の未来編】 | トップページ | (歴史のダイヤグラム)線路は狭軌か国際標準軌か »