« ブログ20周年 | トップページ | 気になる本:一瞬で数字をつかむ!「概算・暗算」トレーニング »

2024.04.02

村田沙耶香【コンビニ人間】

Photo_20240325082201

著者:村田沙耶香
価格:660円
カテゴリ:一般
発売日:2018/09/04
出版社: 文藝春秋
レーベル: 文春文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-16-791130-0

「普通」とは何か?
世界各国でベストセラーの話題の書。

 

芥川賞受賞の時から、やや気になっていた。
表題からは、「コンビニ依存症の人」を想定していたのだったが……。

バカに面白い、この女の子(って、もう36歳なのだが)。

語り手の「私」恵子は、いわゆる「ふつう」の子ではなかった。
父母は悩み、何とか「直そう」としてきた。

そんな、世間ではなかなか受け入れて貰えない、一種の「コミュ障」である恵子も、今はコンビニ店員としてそつなく過ごしている。
しかし周りは、36歳まで何故結婚もせずバイト生活なのかと、訝しがってはいる。

しかしこの恵子、マニュアル通りに客と接しているだけなのだが、決してそうではない。
周囲の音には敏感に反応出来るし、相手が不快にならない程度に観察して次の動作に繋げている。

途中、白羽という、それこそ変わった人物が登場することによって、恵子の暮らしも変わっていく。
この白羽と関わっていた時間が、何だかもったいないような気になってしまうが。

最後に恵子は、コンビニの仕事が天職だと覚る。

という展開だったが、恵子はよくやっていると思う。
しかし、余計なお世話だが、食事内容が少々心配ではある。

 

|

« ブログ20周年 | トップページ | 気になる本:一瞬で数字をつかむ!「概算・暗算」トレーニング »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブログ20周年 | トップページ | 気になる本:一瞬で数字をつかむ!「概算・暗算」トレーニング »