« 5月の読書メーター | トップページ | ドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」第八話 »

2024.06.04

佐野洋【歩け、歩け】

Photo_20240527134101

著者:佐野洋
価格:545円
カテゴリ:一般
発行年月:2007.1
出版社: 光文社
レーベル: 光文社文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-334-74182-2

読後、深く心に残る人生の機微(きび)。

 

いずれもかなり短い短編だが、その中にジワッと恐怖を織り込んである。
著者ならではの仕掛けだ。

最初の方は、それなりに面白かった。

 

表題作である冒頭作【歩け、歩け】。この歌は母から聞いたことがある。

運動不足解消のためこの歌を口ずさみながら歩いている天野。娘が携帯の着信音に設定してくれたために、同僚(後輩)からの思いがけない話を聞くことになる。

「攀登(はんとう)棒」という、懐かしい名前を聞くことになった。今は登り棒という。

【十五年目の子】は、かなり怖い話だ。

今なら成り立たない「時効」が前提のはなし。

【赤い骨】も、こんなことあるのかなという話。途中ヒ素うんぬんとなったが、こちらは無関係だった。

しかし、だんだんあとくちの悪い話になる。
最後の何編かは、品が悪く、あまり面白くなかった。

 

|

« 5月の読書メーター | トップページ | ドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」第八話 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5月の読書メーター | トップページ | ドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」第八話 »