2017.01.28

野田琺瑯

5_2

昨年暮れ辺りから、野田琺瑯にはまりだした。

最初に買ったのが、↑のミルクパンで、これは重宝している。ミルクを温めるというより、ちょっとお湯が欲しいときに。

次に、冷蔵庫で使う小さな容器。これは「ホワイトシリーズ」から一番小さいものを二つ。

また、持ち手付きストッカーは、味噌入れにしている。本当は容器がそのまま入るのが欲しかったのだが、違うメーカーのものしかなかったのだ。

6_33
それから、ソースパン(↑の左)
そして「漬け物美人」というのを買って(↑の右)、ぬか漬けを再開した。
元々パルコープで買った陶器のものを使っていたのだが、如何せん少々小さかった。これも小さめだが、長辺がやや長くて、キュウリがそのまま浸かるのがいい。


あ、違った。最初に買ったのはラウンド型容器二つ(それそれ1キロ入りかな?)で、これらは米びつ代わりにして冷蔵庫に入れている。毎月1,5キロ3袋のお米が届くので、ちょうどいいのだ。

冷蔵庫の中の「白いものたち」が綺麗で、気に入っている。
ミルクパンとソースパンも、可愛い。


実は両手のキャセロールも注文していたのだが、年が明けてから強敵が現れて、キャンセルしたのだった。
この「強敵」については、また。


| | コメント (0)

2017.01.26

二人ランチ

Photo

時々チラシ寿司が食べたくなる。しかし、配達して貰うには一定の金額以上の必要があり、一人でそんなに食べられない。
今日は娘が休みだというので、呼んでみた。

普段はチビさんたちも一緒だし、母と娘、あまりゆっくり話す機会はない。
食後のデザートにカステラを食べながら、話はいつしかご近所のことや昔話に移っていった。

月一くらい、こんな時間を持つのもいいな!


昨日の記事に、追記しました。


| | コメント (0)

2017.01.18

柿茶

Photo_2

とあるブログで、「柿茶がいい」と書いてあるのを読んだ。

柿の葉茶はここがすごい、ビタミンC効果で美容と健康の救世主
だとか。


さっそく購入してみる。
一日目は、急須に入れてから持ち歩き用のポットに入れてみた。
うーん、あまり濃く出ていないな。一回500CC位で二煎くらいまでいけると書いてあったのに。

今朝は、直接ポットに入れて熱湯を入れてみる。ポットは300CC用のもの。
今のところ、ちょうどいい具合かな。午後になったら、濃すぎるようになるだろうか?


| | コメント (0)

2017.01.06

久しぶりの不室屋

Photo


加賀不室屋のお吸い物最中(04.09.03)というのを書いて久しいが、その後もお取り寄せしたり、お使い物にしている。


昨日、「お年賀」としてこれが届いた。
「アホ鉄」がアホなことをしたことへの、お心遣いのようで、却って申し訳なかったが嬉しい。
加賀出身の方の、セレクトだろうか。

上記「ふく梅」は、文字通り梅の形の麩の中に、ピンクの梅型の麩と青物が入っていて美しく、ほのぼのとおいしい。


ありがとうございました。


| | コメント (0)

2017.01.04

家庭料理の大きな世界

Photo_3

ほぼ日刊イトイ新聞2017年新春対談のゲストは、料理研究家の土井善晴さんだ。

「家庭料理の大きな世界」と題して、毎日一つのテーマで届けられる。

元旦は、「黒豆の煮方、米の炊き方」で、ごく基本的なところから始まった。
といっても、米の炊き方に関してはともかく、黒豆はうまくいくわけがないという先入観があって、これまで敬遠してきた。

これまでも目にしたことがあるが、米は乾物であるという、土井氏の提案は面白い。


二日目は、「和食の二つの方向」として、日本人の生活のきほんにある(と思われる)「ハレとケ」について。
いつもいつも緊張した「ハレ」ばかりではなく、日常の「ケ」も大切にする方向でいきたい。

ミニマリズムで違和感を覚えるのは、もしかしたら「ハレ」と「ケ」がないことかな?勿論、ミニマリストそれぞれ方向性は違うのだが。

三日目の昨日は、「料理屋の料理と家庭の料理」だった。

若い頃、土井さんは吉兆で修行なさっていた。
そのあと、料理屋では本当の旬が判らなくなったと、素材について学びなおされたそうだ。料理屋は、常に旬に先んじた走りものを使うから。

料理屋の料理は、一旦素材をまっさらにして(たとえばあくは徹底的にとってしまうとか)味付けをする。以前は家庭料理とはまったく違う味に仕上げていた。
家庭では、旬の素材を提供する人数に合わせて一番いい状態で提供できた。
それは、料理屋とは違う味である。

昨今はそうした家庭料理を作ることが減ってきたのではないか。
耳の痛い話である。

今日は、「いのちの価値は「鮮度」」と題して。

楽しみである。


| | コメント (0)

2016.12.16

本日のランチ




骨つきの鶏が、食べにくかったです。
でも、美味しかったです。


| | コメント (0)

2016.12.08

忘年会

20161207_171746

昨日(昼間)は久しぶりにお目にかかる方も多く、色々懐かしかった。
その中で、仰天したこと。
20161207_172453_220161207_172732_2

ご挨拶の後、
『いつも読ませて頂いています』
『??』
『ブログです』
で、ビックリ。え?いつから知っているの?というところ。

20161207_173201_220161207_174535_2

まったく気づいていなかったのだが、
ありがとうございます!

20161207_18061720161207_182858

「これからもよろしく」です!

20161207_190357

と、そのあとの忘年会の食事をタラタラと並べてみた。

ここは11名で貸し切りにして下さり、自分たちが終わったら「クローズド」になっていた。


| | コメント (0)

2016.12.06

シュトーレン

シュトーレン

今年も届いた、六花亭のシュトーレン。
一昨年だったか、初めて六花亭でシュトーレンを注文した。同じ頃、生協でも頼んでいたのだが、全然違った。
それからは、六花亭での買うことにしている。

別に他の洋菓子屋さんでもいいのだが、あの包装紙や箱に書かれている花々も好きだから。


11303_2そして注文したのは、→ の「通販特別商品 2個入り」。


会議の折、帯広の方がよく六花亭のお菓子を持ってきて下さる。時には「女性だけ」ということもあり、密かに楽しみにしているのだ。


さて、シュトーレン。日が過ぎるにしたがって、味が馴染んでしっとりしてくることだろう。
これからの毎日、クリスマスまでしばらく楽しめる。


| | コメント (0)

2016.12.01

本日のランチ








また ハンバーグです
このあと 重たい会議があります




| | コメント (0)

2016.11.24

本日のランチ




今日は 電車で来ました


| | コメント (0)

より以前の記事一覧