2022.03.17

「真央リンク」誕生へ

   

    

「真央リンク」誕生へ 浅田真央さんが描く夢とは?

引退したアスリートたちが、こういう形で後輩たちを応援してくれるのは、実に頼もしい。

 

画像は5年前。
とある研修会後、居酒屋での慰労会にて。

あの頃は、しょっちゅうこうした会合があったなぁ。

 

| | コメント (0)

2022.03.15

ヨード入りうがい薬、続けたら…

20160303-150616

ヨード入りうがい薬、続けたら…70歳女性「私、おかしくなった?」

ヨードの取り過ぎは危険だとは、以前から言われていた。
昆布類の食べ過ぎもよくないと。

この方も、ヨード取り過ぎによる甲状腺ホルモン低下症だった。
ある首長の言葉も、引き金になっていたとか。
うがいとは言っても、若干喉に入ってしまうこともあったようだ。

みんな、不安を抱えている。
それこそ「藁をもつかむ」気持ちで、医学に素人の誰かの言うことでも鵜呑みにすることもあるのだろう。

ワクチンはかなり行き渡った(と思う)が、万一の場合の治療薬の開発が待たれる。

 

画像は、藤井寺にある道明寺天満宮の能楽殿。

 

| | コメント (0)

2022.03.07

作家の西村京太郎さん、91歳で死去

20150306-130931

作家の西村京太郎さん、91歳で死去 トラベルミステリーの第一人者

西村京太郎さんと言えば、十津川警部とトラベルミステリー。
その第一作が【寝台特急殺人事件】だという。

本書を読んだのは17年8月5日で、意外と遅かった。

他にも、著作はかなりたくさん読んでいる。

 

関連記事

【寝台特急殺人事件】(17.08.05)

 

| | コメント (0)

2022.02.24

歌手で俳優の西郷輝彦さん、75歳で死去 昭和歌謡界の「御三家」

20190225-164813

歌手で俳優の西郷輝彦さん、75歳で死去 昭和歌謡界の「御三家」

思いも寄らないニュースだった。

特に熱烈なファンというのではなかったが、「御三家」の三人とも応援していた。

後に俳優となってからの方が好きだったかな。
【独眼竜政宗】での片倉小十郎役はよかった。

 

画像は3年前。「くろしお」の車窓風景。

 

| | コメント (0)

2022.02.14

「しっかり実力高めたい」 最年少五冠の藤井聡太竜王が記者会見

20140216-160554

「しっかり実力高めたい」 最年少五冠の藤井聡太竜王が記者会見

 

「負けた」結果を見るのは悲しいので(だから今やっているオリンピックはもう見ていないし、昨年後半の大リーグもスルーが多かった)、ドキドキしていた。ご本人以上にプレッシャーなのだ。という、誠に勝手なファンなのだが……。

Twitterでチェックしていたつもりだったが、息子に「藤井君勝ったね」と言われるまで気づいてなかった。

記事の引用はそのニュースではなく、敢えて記者会見を。

いつものように、謙虚な、そして成長を誓う回答で、その面もスゴいなと思う。

その中で、タイトル戦で成績がいいのは各地を転戦することでモチベーションが上がるというのがあった。
移動は鉄道が多いのかな?鉄好きの藤井君らしいと言っていいかもしれない。

 

画像は8年前。徳島駅前のホテルにて。
この頃は自分もよく「転戦(?)」していた。

 

| | コメント (0)

2022.01.25

藤井聡太竜王が王将戦を開幕2連勝、粘りを許さず98手で押し切った

Photo_20220123233001

藤井聡太竜王が王将戦を開幕2連勝、粘りを許さず98手で押し切った

一日目に2時間半ほどの長考があった藤井竜王。
色々な手を考えておられたのだろうが、消えていった考えは今回はまったく反映されない。

 

画像は、王将戦会場になった高槻市にある山水館。温泉もあって、いいところのようだ。

 

| | コメント (0)

2021.12.17

今年の漢字は「挑」!?オタリアのチェンくん、口を使って達筆さらり

Photo_20211216094601

「動物が漢字を書く」というのはどこかで聞いたことあるなぁ、と思いながら読んだ記事。

今年の漢字は「挑」!?オタリアのチェンくん、口を使って達筆さらり

「オタリ」って、なぁに?
最初イルカかなと思った。アシカの一種らしい。

それにしても、上手に書くこと!

画像は、Wikipediaから。

 

| | コメント (0)

2021.12.05

MDと赤チン

20131205-124341

「MDと赤チン」とは?はて、奇妙な取り合わせだが。

実はこれらは、新三省堂国語事典から消えたか残ったかという話だ。

>さよならMD、店頭からも辞書からも 平成に刻まれた思い出は消えず

MDは、一時期よく使っていた。大量に買い込んだこともある。

それがiPodに取り憑かれて(?)、段々使わなくなった。
まだどこかに埋もれて残っているはずだが…… ごめんなさい、ごめんなさい。

新国に残るかどうかは、使われているかどうかが大きいらしい。

削除を提案なさったのは飯間先生で、反対はなかったとか。

そう言えば、いまだにカセットテープという言葉は小説にもその中のセリフにも結構出てくるのに、彼女はMDをききながらとか、『MD聞いていたの』といったセリフにお目にかかったことはない。

対して赤チンは、今でも結構出てくる言葉なのだとか。

新しい言葉が生まれる反面消えていく言葉もあるのは仕方ないが、寂しいなぁ。

 

| | コメント (0)

2021.11.30

博物館へ贈られた「2000GT」

2000

こんな記事を見た

唐沢寿明さんから突然の電話 博物館へ贈られた「2000GT」

「幻の名車」と言われるだけあって、生産されたのはわずか337台だとか。

その内の1台を唐沢が所有していて、今回それを博物館に寄贈したということだ。

唐沢はクラシックカーの愛好家として知られているという。

手入れが大変だというこの車。写真で見るととても綺麗な状態である。

でも、展示は来年3月末までだとか、そのあとはどうなるのだろう?

画像は、Wikipediaより拝借しました。

 

| | コメント (0)

2021.11.20

大谷選手 おめでとう

20211119-123146

昨日は大リーグMVP発表の日だった。

期待されていた大谷選手だが、なんとなく心配で我がことのようにドキドキ。

結果、満票で選出された。
本当にうれしい。

藤井君もそうだが、じつに人柄がいい。

これはそうしようとして出来るものではなく、身についたものだから自然なのだろう。
これがアメリカでも賞賛を浴びているのは嬉しいことだ。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧