2020.06.30

「銭形平次」と、6月の検索語

20190702-131737

「銭形平次」は、ラジオ放送で知った。冒頭、出演者が自身の声で配役を名乗る。
銭形平次は滝沢修、女房お静は市川水仙で、後に改名して市川紅梅となった。八五郎は誰だったか?

また、大川橋蔵でテレビ放映され、永く人気番組だった。

「メモ帳」が保存できなくなって焦る(15.04.02)

マクベイン【キングの身代金】(07.09.10)

夏目漱石と新語・造語(09.07.31)
東海林明【高校生活100のアドバイス】(17.07.24)
車谷長吉【人生の救い】(13.08.13)

西村京太郎【寝台特急あかつき殺人事件】(17.11.23)
長尾幹也さんの歌(04.08.02)
変しい変しい……(08.12.13)

大原照子【55㎡の暮らし替え】(06.05.10)
重松清【小学五年生】(17.09.13)
笑わない数学者 ビリヤード解答(05.08.24)

北海道 星の和名 鼓(つづみ)星(17.03.07)
大沢在昌【ザ・ジョーカー】(05.08.07)久原本家の段ボール箱(17.12.03)
連城三紀彦【恋文・私の叔父さん】(12.02.12)

ひらパー再開と、5月の検索語(20.05.31)

 

| | コメント (0)

2020.06.24

ドラマ【刑事コロンボ 第十二話 悪の温室】

20200622-132428

犯人役は「指輪の爪あと」と同じ方だというが、凄みは増している。悪党ずれしてきた??

コロンボが、何度も何度も録音を聞いても解らない。
何かあるはずなのにということだが、「ない」というのも非常に重要なのだった。

 

| | コメント (0)

2020.06.22

ドラマ【刑事コロンボ 第十一話 悪の温室】

20170623-110550

寝室から温室へ直接行けるのって、素敵だな。ま、「悪」を企んだ温室だけど。

今回の犯人役は、【指輪の爪痕】で被害者の夫を演じていた方。
あの時は感じのいい方だと思ったのだが、今回は目つきがよくない(笑)。


そして、声が臼井正明さん。ラジオの「君の名は」で後宮春樹を演じた方ですよ。共演した七尾伶子さんのおつれあいでもあります。

被害者トニーは、何とも頼りない。
その妻キャシーは犯人に陥れられかけるのだけど、こちらはしっかりした女性だ。

蘭は素敵だけど、随分とお金もかかっているのだろうな。

なんかちょっと大泉洋に似た張り切り刑事が登場していた。
コロンボが坂道を転げ落ちるのがおかしかった。「オーッットットト」って感じ。

 

| | コメント (0)

2020.06.13

ドラマ【刑事コロンボ第十話 黒のエチュード】

A20200613-092646

今回は少々粗っぽい感じがした.矛盾が多い。

まずアレックスの愛人ピアニスト。天才だということだが、まったくそうは見えない。

次に修理工場。お客の大切な車を預かっているのだ。閉店時にはしっかり戸締まりをするだろう。

妻がアレックスが愛人の電話番号を即言えたことで疑念を持ったのは、予定通り。

それから、殺人を犯して家を出る時、隣家の子が犬と遊んでいるシーンを見せているが、これはやはりあとで使うためだ。

と色々文句を並べてきたが、今回の翻訳は額田やえ子さんだし、ペーター・フォークと犯人役の俳優とは仲良しだというし、甘い点は目をつぶろう。

それにしても、タバコ吸いすぎ。立派な今の絨毯の上でも、平気で吸っている。もっとも主も同じように吸っていたが。

 

「黒のエチュード」には、「白のデンドロ」を。

 

| | コメント (0)

2020.06.06

ドラマ【刑事コロンボ 第九話 パイルD-3の壁】

20180607-092322_20200605185001

死体が出たら、計画していた事業が進められない(死者の財産を自由に出来ない)設計技師。
被害者の妻と仲良くなり、うまく口説いていたのだが。
その妻と前妻とが同じ部屋で仲良く話をしているのが、ちょっと不思議だった。

死体の隠し場所については、これが「パイルD-3の壁」ではないだろうと予想できた時点で、「もしかしたら」と想像できる。
併せて、これがコロンボの罠だろうということも。

しかし、ブレーキの故障はかなり危ない罠だったのではないか?
いや、これは偶然かな?

 

| | コメント (0)

2020.05.26

ドラマ【刑事コロンボ 第八話 死の方程式】

20170525-124158

今回の犯人は、なんかチャラチャラしているというか。

いたるところでバシャバシャ写真を撮っているが、これも後に活用するためだった。

それでもしっかりと、自分が社長になりたいと思っている。
そのためには、現社長と秘書が偲ぶ中だというのをねつ造するくらい、何とも思っていない。自分も彼女と付き合っているくせに。

コロンボは、初対面の時からロジャーを疑っていて、彼が時計を気にするのを見逃さない。

しかしコロンボ、高所恐怖症ではなかったか?

最後の詰め、ロープウェイでロジャーを追いつめていくシーンでは、非常に落ち着いているように見えたが。

ロジャーの声は、野沢那智さんだった。おお、【太陽がいっぱい】の『しあわせだ』が忘れられない。(勘違いしてしてるかもですが)

そして、麻生美代子さんが今回も登場。

 

| | コメント (0)

2020.05.14

ドラマ【刑事コロンボ第五話 ホリスター将軍のコレクション】

20170502-124519

初対面でピンときたという展開ではなかったが、コロンボは徐々に罠をしかけていく。
祝賀会のニュースでのナレーション、「コルト45」は大きなヒントになり、また将軍にとっては致命的だったのでは。
しかし、何故将軍が目撃者を知ったかは、解っていないようだったが。

この犯人役が、【ローマの休日】でカメラマンをしていたのだそうな。
製作年は随分違うだろうに、ずっと後になって(つまり現代)同じ時期に同時に見ることも可能なのは、ちょっと面白い。こうしたことは、日本の俳優さんにはあまり感じないけれど。

 

| | コメント (0)

2020.05.06

【『12人の優しい日本人』オンライン読み会】備忘録

忘れないこと!!

 20150506-124710

『12人の優しい日本人』オンライン読み会

■作:三谷幸喜
■日程:2020年5月6日(水)
14:00〜15:00(すぎ)…(前半)
18:00〜19:00(すぎ)…(後半)

| | コメント (0)

ドラマ【刑事コロンボ 第四話「指輪の爪あと」】

20180510-090153-hdr

被害者の頬の傷にこだわるコロンボ。
結局それが決め手の一つだったのだが。

今回は意思を持って殺人を犯したのではないが、犯人の「すぐにカッとなる」性格がもたらした結果かもしれない。
その、逆上しやすい性格というのは、部下を叱責することにも出てきて、ここからもコロンボはヒントを得ている。

今回もコロンボ、犯人を嵌めまくり。
車の不調では「ははーん」とわかったが、コンタクトレンズはやり過ぎでは。

被害者の夫役の俳優さんが、いい感じだった。この方、11話では犯人役になるらしい。楽しみだ。

 

| | コメント (0)

2020.05.02

ドラマ【刑事コロンボ 構想の死角】

20130501-115353

あのスティーブン・スピルバーグの演出による作品。

二人で出版してきた本だが、実は今回の被害者一人が書いていたものだった。その彼がコンビを解消して自分だけで書くと宣言したことから起きた事件。

早々と被害者の妻が、犯人は何も書いていないとコロンボに語っているので、ここでコロンボは照準を彼に会わす。

出演者も多くないし、別荘までの途中にある店の主が絡むというのも見通せる。

そういう意味ではあまり意外感はないけれど……。

犯人役の声が田口圭さんだった。
田口さんは、よく悪役をしていらっしゃった。また、「少年探偵団」では、間抜けな刑事役だった。テレビ創世記のころ?

今回コロンボの追い詰め方がきつい。若いからじゃないのと、息子は言うが。日本語訳が額田やえ子さんではないのも,関係しているかなぁ。
また、自分の奥さんを「女房」と言ってる。「カミさん」というのは、いつごろからかなぁ。

と、疑問が次々と出てきた作品だった。

一覧表があるから、自分なりに作品検証するのもいいかな。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧