2020.09.20

ドラマ【刑事コロンボ 第二十五話 権力の墓穴】

20200826-143023

冒頭、妻を殺した犯人だが、今回はなんというか「犯人オーラ?」がないと思ったら、実は主犯になる人物は別にいた。
その主犯と先の犯人とのボソボソ声での会話が、聞き取りにくかった。

だが、しだいに引き込まれる。
主犯は、なんとコロンボの上司。これは一筋縄ではいかないだろう。
その通り、なんとか近所を荒らしている泥棒の仕業にしたい上司と、その命令に従わざるを得ないコロンボの葛藤。

「(泥棒の)偽のプロフィール」を作るとは、コロンボ窮余の策とはいえ……。
だが、コロンボが上司の命令通りに動いた結果で、罠に陥る犯人。

最後の犯人突き止めが、爽快。

 

最初の事件でもみ消しを買って出たのも、自分の犯行に利用する気があったのだろう。
しかし、いきなり妻を殺したときは、仰天した。財産はほぼ妻のもので、慈善事業などに使っているのを苦々しく思っているのは示唆されていたが。自分の立場を考えなかったのかなぁ。

全体に夜の場面が多く、暗くてはっきりしないところがあったのが残念。

 

| | コメント (0)

2020.09.19

福田和代【バー・スクウェアの矜持】

Photo_20200917103301

著者:福田和代
価格:814円
カテゴリ:一般
発売日:2016/04/21
出版社: 東京創元社
レーベル: 創元推理文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-488-41713-0

バー「スクウェア」を中心に事態は動き、男たちが描いたシナリオは佳境へ…。【「TRC MARC」の商品解説】より

【バー・スクウェアの邂逅】の続編。

少しずつ、リュウの素性に迫っていく。
だが最初の方は、それとは無関係に進んでいく。

【マザー】

まさに「マザー」。母性愛に訴える。


【赤ちゃんに乾杯?】

これは、なんとなく番外編という感じ。
「スクエア」の二階にあるゲイバーのママには、子どもがいた。
その子とリュウや、バーのホステスたちの騒ぎを描く。

 

リュウの父親を殺したのは誰か?

【ブラッディ・ハート】・【デッドエンドストリート】と進み、最後は、思いがけない逆転劇で終わった。

結局、三田は蚊帳の外だったのか?立場を考えてくれたのだろう。

 

| | コメント (0)

2020.09.18

名探偵ポワロ(23)「プリマス行き急行列車」

20160918-120248

階下のテレビに外付けのHDDをつけたので、録画が出来るようになった。
このテレビは6月頃買い換えたのだが、自分ではほとんど見ない。

で、この「プリマス行き急行列車」だが、原作を読んだ覚えが無い。早川ミステリーのクリスティはほぼ読んでいるはずなのに……。
どうやら、短編のようだ。ま、1時間足らずで長編のドラマ化は難しいだろう。

いずれにせよ、何十年ぶり(?)の映像ポワロ。
この俳優さんのあたま(形の方)は、ポワロにピッタリだわ。

ホームズもそうだけど、演じている内にそれらしくなってくるのか?

それにしても、当時のイギリスの上流家庭の暮らしというのはスゴいなぁ。

物語の方は、犯人は予想通りだ。

派手で自分勝手な主人公を毎日見ていると、こんな気持ちにもなるのかな。

 

| | コメント (0)

2020.09.16

ドラマ【刑事コロンボ 第二十四話 白鳥の歌】

20190911-170316

本物のカントリー歌手が犯人という、なんとも大胆なドラマ。
でも、妻に頭を押さえられて身動き出来ない犯人は哀れ。

この妻の悪妻ぶりが、犯人への同情を呼ぶのでは?

何回か公演場面が出てくるが、これは実際の公演ではないかな?

また、彼の歌のバックコーラスは若い女性たちだが、その中に妻が入っているのに違和感がある。
可愛いお嬢さんたちの中に意地悪おばさんが混じっているのだから。彼女は、片時も彼を監視しなければ気が済まなかったか。
ま、犯人もおよそ品行方正とは言えないが。

あと、妻の葬儀に(いくら仲が悪かったとは言え)列席せずに馬鹿騒ぎをしているのも、変な感じ。
あげく、コーラスガールの一人を口説くなんて。

飛行機の整備士が楽しかったが、憧れの歌手の前でも平気で「お口モグモグ」というのは、国民性の違いかなぁ。
もうひとり、コーラスガールの衣装の布を用意するおばさんも、個性的で面白かった。
ここの布が盗まれていることが、大きなヒントになっている。

ヒントといえば、飛行機に乗るときに持っていたレンタカーのキーもそうだ。ここは大きい。
そのおかげで犯人の行動が予測でき……。
しかし、サンフランシスコ行きではギターのことに触れていない。
最初の事故(事件)の時にギターをかばって別便にするのもヒントになっているのに。

 

最後の、「ライトの中に浮かび上がる犯人」が際立つ。
この手法は、たしか【パイルDー3の壁】でも使われていた。

 

違和感のあったのが、ここでの重要なテーマの「礼拝堂」。『らいはいどう』と発音していたが、キリスト教では「れいはいどう」のはず。
こうした細かいことは、結構大事では?

 

| | コメント (0)

2020.09.12

ドラマ【刑事コロンボ 第二十三話 愛情の計算】

20150912-085302

今回コロンボは、メモ帳の代わりに小型録音機を使用していた。ICレコーダーではなく、録音機(だと思う)。
ところが頭出しがうまくいかなかったり、わざわざ探し出して聞かせたりといった作業に時間がかかっている。

一方、「最先端」のロボットも登場するが、こちらも今から見るとねーというところか。

この犯人は、凡ミスをしすぎ。
家の中に被害者を担ぎ込むときも、靴で壁をこする。もっともこれが、犯人特定の一つのヒントになるが。
また、くるまのボンネットの傷も、お粗末ではないか。これを隠そうとして、余計なことをする必要に迫られてしまう。

息子は優秀な科学者というわりには、頼りなくもろそうだ。
彼に比べれば、天才少年の方がよほどしっかりしている。もっとも彼も、少年らしい一面をみせる。そしてそれが、犯行の助けになっているのだが。

この少年の役名が、なんと「スティーブン・スペルバーグ」。第三話【構想の死角】の監督が売り出し始めた「スティーブン・スピルバーグ」だから、相似性に気づいてないはずはないのだが。

 

父親の愛情を「計算」したコロンボのお芝居。そうくるだろうなという展開だった。

 

画像は、5年前。青森のベイブリッジから。

 

| | コメント (0)

2020.09.08

ドラマ【刑事コロンボ 第二十二話 第三の終章】

20120908-140033_20200905083701

今回の犯人は、「第二話 構想の死角」の犯人と同じ俳優さん。
どちらも出版がらみというのが面白い。

二作品とも自分勝手な動機からの犯行だが、今回の方が、より悪辣だ。
最後の、プロットをパクる話が、ちょっとわかりにくかった。

本作は、あまり高評価を得ていない。

たしかに、冒頭の爆発シーンは長すぎたし、そんなに意味あることとは思えない。
ただしこの爆弾魔の声は、橋爪功さんだった。「ほーっ!」

 

画像は、8年前。「霧島」の車窓から見た霧島山

 

| | コメント (0)

2020.08.29

ドラマ【刑事コロンボ 第二十一話 意識の下の映像】

20200826-142944chat-noir

サブリミナル広告というのを知ったのは、宮部みゆきの【魔術はささやく】だった。
いやその前に、佐野洋の小説でもあった。

今回は、フィルムに細工をするところから始まり、最後にはコロンボが細工をして容疑者に突きつけるという形をとっている。

容疑者は一生懸命被害者の妻に容疑を向けさせようとするが、その妻に対するコロンボの、「犯人ならばもうちょっとましなアリバイを考える」というセリフがいい。

犯人のアリバイ作りにカセットテープが使われて、それがまた証拠の一つになっているのも、時代を感じて面白い。

 

| | コメント (0)

2020.08.27

映画【陽のあたる坂道】

20200826-14333

何かのきっかけで、見つけてしまった。

石原裕次郎主演の映画。
封切られたときに観ている。

北原三枝が、若い。学生の役。
小高雄二と川地民雄のデビュー作でもある。

芦川いずみが可愛い。

石坂洋次郎の原作を買ってしまった。

 

| | コメント (0)

2020.08.20

ドラマ【刑事コロンボ 第二十話 野望の果て】

20200810-152407

今回の犯人は、まったく同情の余地無し。身勝手で傲慢で。
もっとも、被害者もまた、傲慢で押しが強い。

上院議員選挙に出馬している犯人は、自分のプライベートまでも支配しようとする選挙参謀を殺すつもりだった。
身代わり殺人ということでうまく行ったように見えたのだが。
この服を交換については、二人の体格が違いすぎるし、同じような俳優さんを持ってきた方がよかったのでは?

時間のこと、車が冷えていたこと、照明が切れていたこと、時計のことなど、いくつかの矛盾点をコロンボが結構早い時期から突いていく。

「野望」とは、上院議員になることか?
とすれば、彼は「当選」という絶頂から「逮捕」という奈落へ落ちたことになる。

 

犯人の声は、あの「風車の弥七」だった。
もっとも、「水戸黄門」を観たことはなかったのだが。

 

| | コメント (0)

2020.08.18

ドラマ【刑事コロンボ 第十八話 毒のある花】

20200810-183636

美の研究家という、美しい犯人。

ところがコロンボと犯人は、同じ原因で湿疹に悩むことになる。

どうしようもないいやな被害者の声は、伊武雅刀さんだった。

いつの時代も、またどこの国でも、「美しさ」に対する女性の欲求は果てしない。

変に欲をかいたために殺されるライバル会社の秘書哀れ。
彼女のバッグをわざと落として拾い上げる犯人。でも普通、こんな時は自分で拾わないかなぁ。
ここでタバコを拾わないのが、大きなポイント。でもうまくいくとは限らないのに。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧