2019.05.23

俳優の杉葉子さん死去 「青い山脈」ヒロイン役 90歳

20190522-185721

俳優の杉葉子さん死去 「青い山脈」ヒロイン役 90歳

池辺良との共演映画をよく見たなぁ。
あまり美人だとは思わなかったが。

引退後の生活が潔く、たまにどうなさっているかなと思っていた。
映画会社は違ったが、香川京子さんや津島恵子さんとも同じような、憧れの大人のお姉さんといった感じだった。

 

| | コメント (0)

2019.05.19

「きのう何食べた?」針ネズミTシャツに猛反響!

20130512-170101

「きのう何食べた?」針ネズミTシャツに猛反響!テレ東「商品化も検討中」

妄想の中のジルベールも面白かったが、航が登場したときはズッコケた。

そして、その話をやや露悪的にケンジにするシロさん。
実は小日向と食事をしたことを、一生懸命隠しているのだった。

 

【きのう何食べた?】第六話は、むしろシロさんの妄想で、自分がモテていると錯覚するのが気の毒だった。

この「針を持ったただのネズミ」のTシャツが、非常な反響を呼んでいるのだとか。
マジで商品化も検討されているようだ。
いや、買わないよ!

 

| | コメント (0)

2019.05.15

京マチ子さんが死去

20190510-122837

京マチ子さんが死去 95歳 「痴人の愛」「羅生門」

95歳というと、母よりかなり年下だったことになる。

子どもの頃、長谷川一夫との共演作品などを観ていたが、もっと年上だと思っていた。「大人の女性」という雰囲気だったから。
好きだったかというと、やはり理解は出来ていなかったと思う。

「大女優」ということで、同じ頃の大映映画での山本富士子や若尾文子とは、ちょっと違っていたなぁ。

時代劇で世界の注目を浴びた方、という括り方も出来ようか。

 

| | コメント (0)

2019.05.06

ドラマ【きのう何食べた?】つづき

D5n677duyaaqltj

きのう何食べた?】のドラマは4月6日(金)の深夜から、東京テレビで始まった。


大阪では、テレビ大阪が3日遅れの月曜深夜に放映している。
1回目と2回目は、入院中だったために観ることが出来た。

ところが退院後は、あまりにも遅い時間のため「観たい」と言い出せなかった。

それが、テレビ東京では「見逃し東テレ?」のようなサービスがあって、放映後間もなくならネットで観ることが出来るのだ。
これは非常にありがたい。

このドラマ、評判がよいようで嬉しいな。

関連記事
ドラマ【きのう何食べた?】(19.04.10)

 

| | コメント (0)

2019.04.14

テレビと女子アナ

20180410-152400

 

家では殆どテレビを見ないのだが、最近は仕方なく見ることがある。

それで、今更ながらではあるが、女子アナの服装が随分替わったなぁと感じる。

お天気キャスターとかレポーターだけでなく、ニュースを読むアナウンサーも。

何故かプリントのフレアスカートが多いように感じる。

特に夕方6時台は、何人もの担当者が勢揃いして、華やかなことである。

 

別に悪いことではないが、何となく軽い感じがするのは否めない。

 

 

| | コメント (0)

2019.04.10

ドラマ【きのう何食べた?】

W1000

 

月曜日の深夜、このドラマを見た。

原作が好きだったことと、西島秀俊が主役だというのに惹かれて。

ケンジ役の内野聖陽がもうケンジそっくりで、おかしいくらい。

原作者のよしながふみさんも、ここまで似ているとはといったことを仰っていた。

 

料理の手順などはないが、そこそこ原作に忠実で楽しめた。

 

問題は、帰ってからも見ることが出来るかどうかだな。

 

 

| | コメント (0)

2019.03.29

ドラマ【砂の器】

【砂の器】と言えば、仲代達矢の刑事を思い出す。

あの時の相棒は、山本圭だった。

 

「車窓から散る紙きれ」を探して、線路沿いに歩いていたっけ。

りえこ役は、仲代の弟子のフルート奏者だった。

 

今回、亀嵩に到達するまでが早すぎた感があったような気がするが、概ねヒガシの刑事はよかったのではないか。

和賀英良役は、ジャニーズの一人らしいが、知らない人だ。

仲代の時の和賀英良は、田村正和ではなかったか?いや、これは次のドラマだったかな?

 

ココログ、相変わらず使いづらい。

 

| | コメント (0)

2019.03.19

ドラマ【いだてん】

Photo_2
この日曜日、はじめて大河の【いだてん】を観た。
視聴率の低迷にあえいでいるというが、面白かった。さすが、クドカン。
なぜ、視聴率が低いのか?
多分、「大河ドラマというのは……」という何かがあって、それから逸脱しているのだろう。
思い込みというのは、こういうところにも現れるのかなぁ。


| | コメント (0)

2019.02.04

橋本治さんと「金の鳴る丘」

20160208_101902

1月29日に亡くなられた橋本治さんが、30年前の景山民夫との対談で、「金の鳴る丘」の歌詞について触れておられると、Twitterで流れてきた。

その対談を、聞いてみる。

「金の鳴る丘」、久しぶりに聞く言葉だ。
ラジオ放送当時聞いていたはずだが、中身はうっすらと断片的にしか覚えていない。


歌は他の場面でもよく歌われていたので、今でも歌える。
この4番の歌詞に

昨日にまさる今日よりも
  あしたはもっとしあわせに
というところがあって、橋本さんはここを歌うたび泣けてくると、対談でも目を潤ませていらっしゃった。

橋本治さんといえば、有名な「泣いてくれるなおっかさん 背中の銀杏が泣いている」と古典の桃尻語訳でしか知らなかったが、この対談でのお姿はとてもよかった。


カテゴリーは「テレビ・映画」しかないけれど、「ラジオ」の話だ。
テレビが来るまで、ラジオは大切な情報源であり、家族の娯楽だったと思う。


昨日にまさる今日よりも
  あしたはもっとしあわせに


| | コメント (0)

2019.02.03

忘れられない大河ドラマ

20180131_150408

(beランキング)忘れられない大河ドラマ 「これぞ時代劇」の名作あり

これは、自分もアンケートに応えたのではなかったかな。
一位の「篤姫」も二位の「真田丸」も、テレビを見なくなってからの放映だから、印象にはない。

三位の「独眼竜政宗」は、よく覚えている。脚本がジェームス三木だった。
北大路欣也が正宗の父役で、母親役は岩下志麻。手元で育てた次男を寵愛し、正宗毒殺未遂事件などあった。
竹下景子と西郷輝彦による姉弟の家臣がよかった。


勿論、九位の「赤穂浪士」は別格。


緒形拳と高橋幸治コンビ(?)の「太閤記」もよかったな。


「新・平家物語」では、緒形拳は狂言回し的な役ではなかったか?最後は吉野の桜だったような。


さてさて、今年の大河はどうなのだろう?
前畑秀子役がまだ決まってないとか。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧