2017.03.16

AirPods

Mmef2_av2

先日、不思議なことで書いたイヤホンというのは AirPodsで、随分前に注文していたのだった。

例の、「耳の横から垂れているようでかっこ悪い」あれである。
でも、これまで持ったコードレスのイヤホンの中では、群を抜いて使いやすい。本体も耳から外れることはないし、快適である。

ケースもコンパクトだ。

ただ、ケースから出すのが少々難儀で、何かコツがあるのだろうか?


| | コメント (0)

2016.10.14

ボブ・ディランさんにノーベル文学賞 音楽家・作詞家

ボブ・ディランさんにノーベル文学賞 音楽家・作詞家

ああ、作詞家でもあるから。

授与理由「伝統に新たな詩的表現」 ボブ・ディラン氏


伊坂幸太郎【アヒルと鴨のコインロッカー】(07.04.29)では、BGMのように「風に吹かれて」が歌われている。

| | コメント (0)

2016.09.21

クラシック演奏、会場は大阪環状線 JR西が企画

Photo

クラシック演奏、会場は大阪環状線 JR西が企画

偶然乗り合わせたらいいなぁと思ったのだが、どうも専用貸し切り列車だったようだ。
こんな募集、あったっけ?


こんな記事 ↓ も 楽しいなぁ。

くまモン列車、大阪環状線を走るモン 23日から

「みんなと一緒に、笑顔になるモン!」


最近、本を読んでいないわけではないが、集中していない。読後感も漠然としたもので、(ここに書いているような)単なる記録さえ出来ていない。


| | コメント (0)

2016.05.09

新日本紀行

作曲家の冨田勲さん死去 シンセサイザー音楽の第一人者

富田さんといえば、やはり「新日本紀行」だろう。
あの音楽を聞くと、里山の風景が浮かんでくる。
勿論「新日本紀行」には海の景色もあったのだが、自分にとっては郡上の山と川が原点だから。


テーマ曲を聴くと、涙ぐみそうになる。

名曲探訪 ・「新日本紀行」


ニュース, 音楽 | | コメント (0)

2016.02.14

TT-BH07 Bluetoothヘッドセット

Ttbh07_2


「TT-BH07 Bluetoothヘッドセット 」というのを買った。
これまでも2度くらいBluetoothのイヤホンを使ってみたが、どれも使い勝手がいいとは言えず、すぐに使わなくなった。
これは製品が悪いというよりは、自分の使い方が良くなかったのだろうとは思うが。

さて、本製品。
操作を含め、今のところ使い方は簡単でいい。
ただ、シャカシャカといった周りの音が入るが、これは仕方ないことらしい。スポーツをしているときに使うことを前提としているようで、多少の音は気にならないはずというレビューがあった。

イヤーパッドが、取り替えても多少大きいような気がするが、慣れもあるかな?

これまで一番イヤだったのが、操作によっては最後に電話をかけた人に、勝手に繋がってしまうことだった。
これについては、その製品の良くない点として挙げていた方もあった。

その辺がクリア出来ていれば、コードの長さもちょうどいいし、使っていけるかもしれない。

オフにしているときに、イヤホン同士がマグネットでくっつくというのでこちらを買ったのだが、一つ前のバージョンの方が、イヤホンの外側が光ったりしてオシャレだったかもしれない。もっとも、自分では見えないところではある。


| | コメント (0)

2016.01.24

AmazonMusic

20160122_0944362


Amazonはプライム会員になると、色々得点がある。
その一つが、「AmazonMusic」だ。

これは、音楽聞き放題というもの。

Appleのは有料なので、2・3ヶ月試したが、結局解約した。
こういうのは、初めのうちこそ物珍しさもあってアクセスするが、積極的に「いつも聞こう」というのでない限り、利用しないから。


昨日から「雪が積もる」と脅かされていたが、いいお天気だ。
しかし、風が強い。外は寒い。


画像は、一昨日の空。この日も寒かった。


| | コメント (0)

2015.11.24

アマゾン:音楽聴き放題

15th_promo_1_1_audible


アマゾン:音楽聴き放題 有料会員に100万曲以上

先日、「【重要なお知らせ】音楽聴き放題サービスPrime Musicを開始」というメールが来た。


それだけではない。
ビデオにも、「見放題作品」というのがあって、ほぼ毎週「今週のおすすめ見放題作品」の情報をメールで送ってくる。
【舟を編む】や【武士の家計簿】【孤独のグルメ】などもあり、時間があったら観たいなと思う。


さらにさらに、今度は「Audible (オーディブル) 会員登録」のお誘いが来た。「無料体験期間3カ月」だという。
こちらは3ヶ月経てば有料会員に移行して、その後は毎月1,500円の負担となる。

音楽配信サービスは各社がしのぎを削っており、楽曲の多さや無料であることなどが利用者獲得に繋がっているのだろう。

CDが売れないわけだ。


そして本も聞けるようになったら、これまたますます売れなくなるのかなぁ。

どこだったか出版社が、図書館の新刊を一定期間貸し出さないで欲しいと申し入れた。
守りに入るより、より積極的な打開策を講じて欲しい。
いくら色々なツールが出来ても、活字好きは無くならないはずだから。
しかしそうは言っても、現実に経営に響くようになっているのだろうな。


画像は、Amazonの「オーディブルで本を聴こう」。


| | コメント (0)

2015.07.14

Apple Musicを 試してみる

Apple2

↑の画像のようなわけで、お試しを入れてみた。

しかし、よく解らない。
膨大なAppStoreにある曲が、聞き放題のようなのだが……。
それも、一旦ダウンロードするのではなく、ストリーミング再生で聞く。

それでも、「iCloudミュージックライブラリ」というのがあって、自分のパソコン内の曲も、このライブラリに置いておくことができる。

「iCloudの音楽版」とも言えるようだ。

iPhoneの容量を節約するためにストリーミングを選んだとしても、それらを「マイミュージック」に入れてしまうと、同じことになるのかな?


さて中身の方だが。
クラシックは、ほぼバッチリと言える(?)

問題は日本の曲(敢えて邦楽とは言いたくない)で、これまたよく解らない部分だ。

谷村新司のアルバムを聴いてみたが、自分が持っているCDと同じものが聞けるのは、不思議な感じだった。
だが、中島みゆきは「オルゴール」でしか出てこず、彼女の声は聞けなかった。

また、試しに故人を検索してみる。
三橋美智也や春日八郎は、いないと同じ?
美空ひばりは幾つかアルバムが見つかったが、これは彼女が生前出したCDと同じなのだろうか?


こうした疑問は、9月末(お試し終了)までに解決するだろうか?


| | コメント (0)

2015.04.04

つんく♂さん、声帯摘出を公表 母校・近畿大の入学式で

20150402_124501

つんく♂さん、声帯摘出を公表 母校・近畿大の入学式で

特にファンというわけではなかったが、この方のブログをいつも楽しみに拝見している。
子どもさん達のこと、愛妻のお料理のこと。
本当に家族を大切にしていらっしゃる。

近大出身ということでも、親しみを感じていた。

その母校の入学式で、彼は自身のことを明らかにした。

メッセージでは、 

私も声を失って歩き始めたばかりの1回生。皆さんと一緒です。こんな私だから出来る事。こんな私にしか出来ない事。そんな事を考えながら生きていこうと思います。
と、述べている。

仕事に関しては、
つんく♂、作詞、作曲などのプロデュース業は継続とのことで、がんばって欲しい。


一昨日は吹田に所用があったので、帰りには万博公園にでも行こうかと思っていた。しかし、駐車場への長蛇の列を見て、諦めた。
画像は、その周辺を走りながら撮ったもの。

今年もどこへも出かけないままに、桜が終わってしまいそう。(昨年はつれあいが入院していた)


| | コメント (0)

2015.01.26

JAWBONE MINI JAMBOX →Bluetoothが繋がらない

楽しく音楽生活(と実用利用)が出来るはずだったのだが、ここで困ったことが起きた。
Jawbone_mini2
後から来た「ブルーダイアモンド」を繋ごうとしたら、出来ないのだ。
仕方ないので、一旦先に繋いだ「黒」を削除する。

それでも駄目だった。


ここで激しく落ち込む。あーあー、こんなに買わなきゃよかった、とか。いや、有線で繋げられるのだからいいことにしよう、とか。


「アクアブルー」(↑)は、iPadに接続できたので、これはこれでいいことにしよう


それでも諦めきれずに、ネットで「手動ペアリング」について色々調べてみる。
ろくに取説も見ないで始めていたので、ごく簡単とは言えついてきた取説を見てみる。
と、Bluetoothというボタンがあることがわかった。上記ネットのサイトでも、それを押すとか書いていたような。


そこで、iPhoneのBluetoothで検索させながら、ボタンを押してみる。
みつけるのだけれど、「接続しました」にはならない。
Jawbone_mini1

今度は選ばれたのをクリック(じゃなかったタッチ?)してボタンを押したら、ようやく「接続しました」になった。

ふー、よかった。→は、「ブルーダイアモンド」


機械音痴は、これだけのことで疲れるのだった。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧