2020.11.27

アガサ・クリスティ【愛国殺人】

Photo_20201115110801

著者:アガサ・クリスティ
価格:880円
カテゴリ:一般
発行年月:2004.6
出版社: 早川書房
レーベル: クリスティー文庫
利用対象:一般
ISBN:4-15-130019-8

歯医者での治療を終えてひと息ついたポアロの許に、当の歯医者が自殺したとの電話が入った。なんの悩みもなさそうな彼に、自殺の徴候などなかった。これは巧妙に仕掛けられた殺人なのか?

マザー・グースの歌は、クリスティアがよく使うテーマだ。
歌のそれぞれの節が、各章の見出しになっている。

ポワロが通っている歯医者が自殺した。
だれもが、彼が自殺するはずがないという。
しかし調べた結果、薬の調合を間違えた彼が、自責の念に駆られて自殺したと判断したジャップは、捜査を打ち切る。

納得いかないポワロはある人物を訪ね、きな臭い話を聞く。

だがこれがミスリードで、タイトルさえも欺いていた。

国家存亡の危機に関する事件と思いきや、全くの個人的な話だった。
冒頭近く、ポワロが靴にこだわるのが何かあるなと思ったのは当たっていた。

本書では、4人の男女が殺される。そのうちにはかなり危ない人物もいた。
「適所にいる適材」であるとポワロが評した人物は、彼らの死に対して冷たい。
犠牲になった歯医者に対しては同情すると言うが、しかし「歯医者は他にもいる」と言い放つ。

それに対するポワロの言葉がいい。

私にとってはこの四人の人々の生命も、あなたの命とまったく同じほどに大切なものだったのです

ポワロ自身、間違って逮捕されたくずのような人間が絞首刑になってもいいと思わないでもなかった。だが、

私のたずさわっているのは自分の命を他人から奪われない、という権利をもっている個々の人間に関することです

とも言うのだ。

 

| | コメント (0)

2020.11.25

エリザベス・L・クライン【シンプルなクローゼットが地球を救う】

Photo_20200928140101

ファッション革命実践ガイド
著者:エリザベス・L・クライン,翻訳: 加藤 輝美
価格:1,980円
カテゴリ:一般
発売日:2020/06/25
出版社: 春秋社
利用対象:一般
ISBN:978-4-393-33376-1

「ファストファッション」で衣類の大量生産・廃棄の現状を取材した著者が、必要な服だけ残す方法、リセールや修理のコツから、社会的アクションまでを具体的に伝授する。【「TRC MARC」の商品解説】

この「社会的アクション」の部分が、著者が本当に言いたいことなのかもしれない。

しかし「服の断捨離」に悩んでいる身としては、理念よりは実践方法の方がもっと知りたかった。
(実際にはより理想的なその方法の伝授ではあるのだが)

どうもまだ、女性誌によくある「着回し」とか工夫にとらわれている。
もっと思い切った決断が必要なのはわかっているのだが、気力体力が伴わない。

 

| | コメント (0)

2020.11.21

アガサ・クリスティ【雲をつかむ死】

Photo_20201113091601

著者:アガサ・クリスティ
価格:1,210円
カテゴリ:一般
発売日:2020/06/18
出版社: 早川書房
レーベル: クリスティー文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-15-131010-2

英仏間を飛ぶ飛行機内で、老婦人の変死体が発見された。その首には蜂に刺されたような傷があったが、偶然乗り合わせたポアロは、床から人工の毒針を拾い上げ…。【「TRC MARC」の商品解説】より

飛行機の中で飛ぶ蜂のことは、覚えている。これが事件とどう関係していたのだったっけ?

なぜ被害者は、その飛行機に乗ったのか?
メイドが電話予約したとき、航空会社はいつも使っている朝の便は満席だと言った。
ここで、すこしおかしいなと思ったのが当たっていた。
本の最初の方のページに、飛行機の座席と乗っている人たちが描かれている。
半分近くが空いている。それから見ても、朝の便が満席とは思えなかったからだ。

ポワロが調べ始めて、あちこちで登場するアメリカ人。
はたして本当はだれなのか?

ずっと気になっていたことの一つに、元女優のメイドのことがある。
彼女は最初の方で、女優に化粧箱を持ってくる。

そしてそれは、証明された。

ジェーンがうまく立ち直れるように、ポワロは粋な計らいをしたものだ。

 

ポワロは、船と同じように飛行機も駄目なようだ。
車での移動でも、ヘイスティングズの運転にヒヤヒヤしているが。

 

| | コメント (0)

2020.11.19

小湊悠貴【ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人3】

Photo_20201031221101

著者:小湊悠貴
価格:649円
カテゴリ:一般
発売日:2020/10/21
出版社: 集英社
レーベル: 集英社オレンジ文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-08-680345-8

秋冬の繁忙期を迎えようとするホテル猫番館。パン職人の紗良は販売用の新作パンのアイディアを練っていたが、なかなかうまくいかない。そんなある日、「自分は紗良よりもパン職人としての実力がある」という人物が現れて…。【「TRC MARC」の商品解説】

冒頭【ことのはじまり】は、専門学校時代の恩師がパン屋を開店したと聞いて訪れた、初めての登場人物秋葉洋平からはじまる。
偶然沙羅も来ていて、なぜか洋平は沙羅に見つからないようにするのだった。

なにか、曰くがありそう。
そして、一波乱ありそう。

 

【パン職人とパン職人】

その専門学校の同窓会。
監事は洋平で、沙羅につっけんどんに接する。

そして、早くも波乱が……。

秋葉が、「厨房助手募集」を見てやってきたのだ。
しかも、自分と紗良の腕を見て今後のパン職人を決めてほしいと。

当然断るかと思った天宮が、アルバイトとして雇うと言う。
絶望的になった紗良だが、そこは天性の素直さで秋葉に接する。
一方秋葉は、そんな彼女の接し方にいらつきつつ、次第に心を開いていく。

しかし、「いい子」すぎるよ>紗良。でもそれが嫌な感じでないのがいいのかな。
こういうのが、本当の「育ちの良さ」なのだろう。
それでも、自分のやりたいことはやり通す筋の強さも持っている。

 

天宮が札幌の娘に会いに行って留守になる三日間を、残ったメンバーで乗り切れるか。
【乙女たちのお茶会】は、スイートルームに泊まった老女二人の物語。
90歳近い彼女たちの一人がお誕生日に自分に振る舞うホテル滞在。
学生の頃はそうでもなかったのが、還暦を過ぎてから親しくなった友人とのステイだ。

いつまで経っても「乙女」である彼女たちが、優雅に過ごしたアフタヌーンティー。

このホテルのスイートに、一度は泊まってみたいものだ。

 

【ホテリエの流儀】は、同じホテル従業員が猫番館のおもてなしを偵察(?)に来る。

ハプニングへの対応の素晴らしさに、すっかり満足して帰ることが出来た。
今はホテルマンとは言わずに、ホテリエというのだそうな。


彼女が務めているホテル(あるいはその近くのホテル)に、泊まったことがある。
関内駅から横浜スタジアムを眺めながら歩いて到着したホテル。中華街にも近かった。

残念ながら、特に印象には残っていない。

 

そして最後の【聖夜の魔術師】で、このシリーズも終わる。

紗良と要がもう少し近づくかなと期待したのだが、余韻を持たせてのラストだった。

 

| | コメント (0)

2020.11.17

アガサ・クリスティ【ABC殺人事件】

Hayakawa

著者:アガサ・クリスティ
Kindle版訳者:能島武文
価格:880円(ハヤカワ文庫)
カテゴリ:一般
発行年月:2003.11
出版社: 早川書房
利用対象:一般
ISBN:4-15-130011-2

ポワロのもとに、奇妙な犯人から、殺人を予告する挑戦状が届いた。この手紙を裏書きするかのように、アッシャー夫人(A)がアンドーヴァー(A)で殺害された。つづいて……

読んだのはKindleで、画像が地味なので、華やかな「ハヤカワ文庫」のものを拝借。
ハヤカワは、著者を「アガサ・クリスティ-」と表記している。

それはともかく、「翻訳が悪い」というレビューがあって、同感。
日本語がこなれてないというか、「あれ?こんな言葉使う?」という場面も多々あった。

 

肝心のストーリー。

読了しないまま、テレビを観る。
この長編を2時間弱のドラマに収めるのは、なかなか大変だったのでは。

ドラマでは度々登場していた靴下の行商人は、ここでは「ヘイスティングズ」の語りではない三人称で語られている。

最後の殺人は、かなり苦しいのでは?

 

いずれにしても、「誰が得をするのか?」に絞って考えればある程度予測は付く。
それを如何に実証していくかが、ポワロの腕だろう。

面白かったのは、「B家」でヘイスティングズが美人の秘書に肩入れするのに対して、ポワロがB夫人に同情すると言ったところ。
ドラマではあまりはっきり出ていなかった秘書の目論見を、もしかしたらポワロは早い段階で見抜いていたのかもしれない。

 

| | コメント (0)

2020.11.15

アガサ・クリスティ【教会で死んだ男】

Photo_20201024121301

著者:アガサ・クリスティ
訳者:宇野 輝雄
価格:968円
カテゴリ:一般
発売日:2003/11/01
出版社: 早川書房
レーベル: クリスティー文庫
利用対象:一般
ISBN:4-15-130062-7

ポアロとヘイスティングズの名コンビが数々の難事件に挑戦する!ポアロもの11篇のほかに、ミス・マープルもの1篇、怪奇もの1篇を収録。

収録作は12篇あるが、ドラマで観たものから順に。

【戦勝記念舞踏会事件】

原作では、ポワロは舞踏会に行っていない。

【二重の手がかり】

ドラマではポワロの「まさか」があったのだが、原作ではそれほどでもない。
しかしポワロが公爵夫人に好意を抱いただろうことは想像できないでもない。

【プリマス行き急行列車】

こちらはほぼ、ドラマ通り。じゃなく、原作にかなり忠実にドラマ化されている。

【スズメバチの巣】

こちらは、ドラマと違ってかなりシンプルな展開をしている。
ドラマではよりを戻した二人の様子や、ラングトンのアトリエのことなどもあったのに。

あと、ドラマでは午後7時半だったが、原作では午後9時だ。
イギリスの夏は、午後9時でも明るいのかな?

 

ほかに、

【潜水艦の設計図】

【クラブのキング】

「クラブのキング」は不吉な合図?
ここでは、家族の絆の強さを感じさせられる。
しかしブリッジをするのに、どうして「クラブのキング」だけ箱の中に入れておいたのだろう?

【マーケット・ベイジンクの怪事件】

せっかく田舎で休暇を楽しもうとしていた、ジャップ警部・ポワロ・ヘイスティングズだったが……。

ここで、ジャップが壊されたドアを持ち上げるのに、なぜポワロを呼んだのだろう。
そのおかげでヘイスティングズはハンカチを調べることが出来たのだが、明らかに体力はポワロよりヘイスティングズの方が勝っているのでは?
しかし、ヘイスティングズは怪我をして退役している。もしかしたらその辺を考慮したのかもしれない。
しかしドラマで見る限り、ヘイスティングズは元気そうだが。

またどこかでそれが判ればいいな。

【呪われた相続人】

長男は相続できないという呪いのかかった家系。
主はそれを信じ込んでいるが、アメリカ人の妻は信じていない。
しかし息子が色々危機に遭うことがあって、ポワロに相談する。

真相は、なんともやりきれない話だった。

【コーンウォールの毒殺事件】

夫に毒殺されかかっているのではと、相談に訪れた婦人。
そこには、夫に嫌疑がかかるよう、巧妙に仕組まれた罠があった。

【料理人の失踪】

ある中流家庭の料理人が、突然いなくなった。
それと、新聞に出ていた公金拐帯事件との関係は?

こういう依頼人はどちらかというと避けたいポワロだったが、ある時点で俄然興味をひかれて、真相を究明する。

【二重の扉】

 

最後の二篇は、ポワロものではない。

【洋裁店の人形】

洋裁店にいつの間にか現れた人形が、散々縫子たちを翻弄して、最後は窓から捨てられる。
それを拾った女の子は、人形をかわいがってくれるのだろう。
人形は、可愛がってほしかったのだという話。ということでいいのだろうか?

縫子たちのセリフが延々と続くだけで進展がなく(いや、人形はいろいろ勝手に動き回っているが)、あまり面白くなかった。
それとも、こちらの読解力不足なのかも。

そして表題作【教会で死んだ男】は、ミスマープルもの。

読んでいるはずだが、全く覚えがない。
しかし、幼い子が幸せになりそうな最後でよかった、よかった。

いつもながら、ミスマープルの推理力はたいしたものだわ。

 

これらの作品、ドラマ化されたら、追記していこう。

 

| | コメント (0)

2020.11.13

鈴木真理子【 仕事のミスが激減する「手帳」「メモ」「ノート」術】

Photo_20201112140101

著者:鈴木真理子
価格:1,540円
カテゴリ:一般
発売日:2016/11/09
出版社: 明日香出版社
利用対象:一般
ISBN:978-4-7569-1865-9

仕事のミスをなくし自分を守るためのハウツーを紹介。ミスをなくし目標を必ず叶えるためのアドバイスもまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

この手の本は同じようなことが書かれているのに、つい手に取って(ポチって)しまう。本屋で手に取るだけならレジへ持って行くまでにまだ考えの変わることもあるが、ポチってしまったものはやってくる。

それでも、結構参考になることはあった。
解っていてもなかなか出来ないこと。それは、「即メモる」ということ。
これを繰り返し言われて、とみに記憶力減退の昨今、心がけるようにしている。

手帳の項で「消せるボールペン」を推奨していたが、ボールペンで書いたものを消すなんてと、何だか信用問題のような気がして取り入れていなかった。
予定欄が比較的変わることもあり(そしてそのたびに汚くなり)、目的を考えながら使ってみることにした。

「消せるマーカー」があることも知った。マーカーは色が移るし好きではないのだが、一時的なものならいいかと、これも採用。

と、まぁ参考になった本。

 

ただ本書の左側のページの殆どが中身を図にしたもので、何だかもったいない。いちいち絵を見なくても、文章だけで解るような単純な内容なのに。

 

| | コメント (0)

2020.11.11

アガサ・クリスティ【ポアロ登場】

Photo_20201029094301 著者:アガサ・クリスティ
訳者:真崎 義博
価格:858円
カテゴリ:一般
発行年月:2004.7
出版社: 早川書房
レーベル: クリスティー文庫
ISBN:4-15-130051-1

有名な女優のもとにダイヤの盗難予告が届いた。依頼を受けたポアロは、ダイヤにまつわる因縁話の裏にひそむ秘密を、みごとに看破する。

初めての短編集だという。ポワロ初期の事件14篇のうち、ドラマを観たものから紹介。

【マースドン荘の悲劇】

ドラマと違って、ポワロたちは田舎の宿屋の主人に頼まれて出向いていったのではない。
また、お芝居をしたのも当然ながらその主人ではなく、本物の役者だった。
ジャップ警部もお芝居に一役かっている。

そこへ乗っかるように、夫人自身もお芝居をしているが。これはポワロの目論見を知らずにしたことで、墓穴を掘っている。

ポワロが事件に関わったのは、保険会社から調査を依頼されたから。
そして「マースドン荘」へ赴き未亡人に会って、殺人事件だと確信する。
夫が死んで(自殺なら保険金が入らないと判ったら)、絶望的になった配偶者がきれいに化粧などしないだろうというのが、そう判断した根拠だ。そりゃそうでしょ、と思う。

 

【猟人荘の怪事件】

ドラマではロジャー・ヘイパリングはヘイスティングスの友人という設定だが、原作ではロジャーは単に相談に訪れてヘイスティングスと一緒に既に事件の起きたダービシャーの猟人荘へ赴く。

また、家政婦は信頼できる人物として、ロジャーの夫人とともに待っている。というのは、ロジャーの話。
家政婦については、ドラマと一緒。

【百万ドル債券盗難事件】

これは観ていない。ポワロも船に乗るそうだが、原作では船酔いさえなければ豪華船に乗ってみたいと言わせている。

乗客の一人が犯人で、彼女の何気ないしぐさがヒントになったようだが、この人物は原作にはない。

 

あとは、ドラマ化されていてこの後観ることがあったら、順番を入れ替えよう。

【〈西洋の星〉盗難事件】8月8日放映の(19)

狙われた、二つのダイアモンド。女同士のライバル意識。それを利用した男の身勝手。

二人の女性が別々にポワロを訪れる。
一人目とは交渉成立せず。ポワロの留守に訪れた女性に、ヘイスティングズは先の女性の話をする。
これって、どうかなぁ。私立探偵が依頼人のことを他の人にベラベラ喋っていいのかなぁ。もっともヘイスティングズは探偵ではないが、張り切っている。
今回何故かポワロが冴えないようだが……。という一篇。かなり笑える。

ポワロは、長身のハンサムな男性を嫌っていないか?

 

チビチビと読んでいたら、数の多さにどれがどれか判らなくなってしまった。

収録作だけ並べておく

【安アパート事件】

【百万ドル債券盗難事件】8月29日の(22)。

【グランド・メトロポリタンの宝石盗難事件】

【首相誘拐事件】8月1日(18)放映の「誘拐された総理大臣」だろうか。

 

後ろ二篇は、ポワロの思い出話。

【消えた廃坑】は、悪人さえもポワロを利用しようとする(つまりポワロに依頼する)ことがあるという話。

最後の【チョコレートの箱】は、失敗談だとポワロは言う。
自分が傲慢になったら、『チョコレートの箱』と言ってくれるよう、ヘイスティングズに頼む。

しかしその舌の根も乾かないうちに自分を自慢し、ヘイスティングズが言った「チョコレートの箱」は聞こえないふりをする。

事件そのものは、真犯人がポワロに真実を話すという形でオチがついていた。

 

 

| | コメント (0)

2020.11.09

八木沢里志【純喫茶トルンカ】

Photo_20201025144301

著者:八木沢里志
価格:682円
カテゴリ:一般
取扱開始日:2013/10/26
出版社: 徳間書店
レーベル: 徳間文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-19-893766-9

東京の下町にひっそり佇むレトロな喫茶店「純喫茶トルンカ」。ある日、高校生の看板娘・立花雫とバイトの修一が店に出ていると、女性客が来店。突然「あなたと前世で恋人同士だったんです」と修一に語りだし…。【「TRC MARC」の商品解説】

「ほんわかする」とか「やわらかな世界観」といった肯定的な批評に混じって、「キモい、変な文章」というレビューがあった。
この人の気持ち、判る気がする。

【森崎書店の日々】も、続編はどうかという気がしたし……。

高校生雫は自称「看板娘」だが、単にお行儀の悪い高校生でしかない。
突然現れた千夏という女性も、今ひとつ好きになれない。というか、気持ち悪い。

しかしだんだん慣れてきたというか、こういう展開もありかもという風になっていった。

その【日曜のバレリーナ】は、修一と千夏との距離が少しずつ縮まっていく。雫のお節介もあるが、千夏と修平との意外な昔話で納得できるというか。

「日曜のバレリーナ」が完成するのは、時間の問題だ。

【再開の街】は、バブルに踊らされて恋人を捨てて街を去った男が、その恋人が結婚後に産んだ娘に会いに戻ってくる話。
絢子は、【日曜のバレリーナ】でも登場していた。

最後は少々お涙ちょうだいのオチになっていて、ここで感動する人は作者の思うつぼに入ったと意地悪な見方をしてみる。

ま、しかし、『再開とは、人生における一番身近な奇跡である』という絢子オリジナルの「格言」は、それはそれで面白い。

 

【恋の雫】では、その小生意気な雫の語り。
名前の由来から、この家のことまで。なぜ、母親は一人海外にいるのか。なぜ、雫が家事をしているのか。

そのあたりの、立花家の事情も語られる。

雫の姉の元恋人だった荻野登場のあたりから、おかしな方向へとシフトしていく。
ハラハラしながら雫を見守っている、幼なじみの浩太。

ここでは、雫は背伸びしながらも真っ当な高校生なのに、思い出の中での菫は少々気持ち悪い。

【雫の恋】ではなく、【恋の雫】なのがよかったかな。

 

| | コメント (0)

2020.11.07

おかべたかし【くらべる東西】

Photo_20201104103301

著者:おかべたかし
価格:1,430円
カテゴリ:一般
発売日:2016/06/09
出版社: 東京書籍
利用対象:一般
ISBN:978-4-487-81033-8

桜餅、タクシー、いなり寿司から、銭湯、座布団、縄文土器まで、34組の東と西の文化・風俗を、違いが一目で分かる写真を掲載し、それぞれの特徴を解説する。【「TRC MARC」の商品解説】より

商品解説の筆頭にもある「桜餅」の東西比較はよくあるが、なんと表紙絵が「銭湯」だ。

もう長年いわゆる町の銭湯には行ってない。こんなおしゃれな浴槽になっているのか。
銭湯に通っていた頃は、湯船は真ん中にあって、その周りに腰掛けられるようになっていた。
お湯は常時あふれているし、こちらを使う人も多かったような気がする。もちろん、湯船に石けんの泡など入り込まないようにする必要はあるが。
そういえば、東ではお湯があふれていないと聞いたことがあるような。

銭湯だけではない。東西の違いは、眺めているだけで楽しいし、「ふーん」と思うこともたくさんある。

西のネコの尻尾はまっすぐで、東の猫の尻尾はカギ型が多いというのも面白かった。
たしかに、尾がカギ型のネコって、あまり見かけないな。

内裏びなの並びが違うのは知っていたが、目の形も違うのか。関西のおひな様は、平安美人から取っているのだと思う。

と挙げていけば、延々と続くことになるのでこの辺で。

「おひつ」の蓋が違うのには、触れてなかったなぁ。

著名人の比較は、著者の独断のような気がするがどうだろう?

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧