2021.12.01

11月の読書メーター

11月の読書メーター
読んだ本の数:15
読んだページ数:3376
ナイス数:1840

こどもSDGs(エスディージーズ) なぜSDGsが必要なのかがわかる本こどもSDGs(エスディージーズ) なぜSDGsが必要なのかがわかる本感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2021/11/post-08c9eb.html
少しは理解できるようになったかもしれません。
読了日:11月30日 著者:バウンド


「ADHD」の整理収納アドバイザーが自分の体験をふまえて教える! 「片づけられない……」をあきらめない!「ADHD」の整理収納アドバイザーが自分の体験をふまえて教える! 「片づけられない……」をあきらめない!感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2021/11/post-fa0b90.html
「できることだけ やればいい」確かにその通りですが。
読了日:11月29日 著者:西原三葉


消えたトワイライトエクスプレス 十津川警部 (徳間文庫)消えたトワイライトエクスプレス 十津川警部 (徳間文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2021/11/post-ee46ce.html
「消えた」の意味がちがいました。もう一度乗りたかったです。
読了日:11月29日 著者:西村京太郎


脳科学捜査官 真田夏希 (角川文庫)脳科学捜査官 真田夏希 (角川文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2021/11/post-c298a8.html
爆発物探知犬アリシアが可愛かったです。
読了日:11月28日 著者:鳴神 響一


正直な娘 (小学館文庫)正直な娘 (小学館文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2021/11/post-576c37.html
16歳の少女たちの他愛ない日常です。誰もが通る道かもしれません。といっても、かなり進んでいる(?)のかも知れませんが。むしろ、危うさを感じます。
読了日:11月25日 著者:唯野未歩子


刑事仙道 見取り捜査 京都御朱印巡り殺人事件 (小学館文庫 あ 47-1)刑事仙道 見取り捜査 京都御朱印巡り殺人事件 (小学館文庫 あ 47-1)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2021/11/post-638974.html
主人公は、「見取り捜査」で優秀な成績を挙げている刑事です。
読了日:11月22日 著者:赤木 京太郎


科警研のホームズ (宝島社文庫)科警研のホームズ (宝島社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2021/11/post-062f1b.html
「ホームズ」らしさはあまり感じませんでした。シリーズもののようで、続きを読んでみようかなと思っています。
読了日:11月20日 著者:喜多喜久


退職刑事5 (創元推理文庫)退職刑事5 (創元推理文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2021/11/post-062f1b.html
今回は、「なるほど」と納得できるのが少なかったような気がします。
読了日:11月19日 著者:都筑 道夫


ミチルさん、今日も上機嫌 (集英社文庫)ミチルさん、今日も上機嫌 (集英社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2021/11/post-504298.html
主人公がいつまでも若い頃の「モテ時代」を引きずっていて、ちょっと痛々しかったです。
読了日:11月15日 著者:原田ひ香


老後の資金がありません (中公文庫)老後の資金がありません (中公文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2021/11/post-c04a67.html
途中で篤子の不安が乗り移ってきそうで不安になりました。
読了日:11月14日 著者:垣谷美雨


皇帝と拳銃と (創元推理文庫)皇帝と拳銃と (創元推理文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2021/11/post-bd2fb3.html
立ち去りかけて振り返るなど、明らかにコロンボを意識していますね。でも、この警部、キャラの説明がくどすぎました。
読了日:11月12日 著者:倉知 淳


三人屋 (実業之日本社文庫)三人屋 (実業之日本社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2021/11/post-823707.html
東京下町の商店街。隣近所のことは何でも分かってしまいます。
読了日:11月10日 著者:原田 ひ香


英国庭園の謎 (講談社文庫)英国庭園の謎 (講談社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2021/11/post-7979b3.html
アリスが容疑者のアリバイを証明する羽目に……
読了日:11月09日 著者:有栖川 有栖


桜川のオフィーリア 川に死体のある風景 (e-NOVELS)桜川のオフィーリア 川に死体のある風景 (e-NOVELS)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2021/11/post-7c8828.html
今回、江神さんよりはアリスたちが頑張って謎を解きました。
読了日:11月06日 著者:有栖川有栖


猫は知っていた (講談社文庫)猫は知っていた (講談社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2021/11/post-985e96.html
最初のレビューと、(結果的に)同じようなことを書いています。
読了日:11月05日 著者:仁木 悦子,村上 豊


読書メーター

 

| | コメント (0)

佐木 呉羽【おもひばや】

Photo_20211119161301

著者:佐木 呉羽
価格:660円
取扱開始日:2020/11/27
出版社: 文芸社
ISBN:978-4-286-21722-2

尼子一族の血を守ることに厳格な祖母から、一族以外の者との恋愛結婚を禁じられてきたアサ乃は、実は先祖のお姫様の生まれ変わりだった。
しかし、ついに奥方と若君が、現代で出会う。一途な想いが時を超えるファンタジー。

 

現代と過去との行き来が、最初の方ではあまり馴染めなかったのだが……。

恋愛結婚すると破門されるという、何とも時代錯誤甚だしい話だし、アサ乃の反発もよく解る。
しかし父母を悲しませるのは嫌だという、優しい心も持っている。

そのアサ乃は、戦国時代に滅びた尼子家当主の奥方だったという。

奥方を慕って、切腹してまで奥方が生まれ変わる度に守護霊となっていた兵部衛。
奥方が未婚の姫だった頃から一緒に遊んでいた亜弥はどうなったのかと思っていたら、終盤で出てきた。

アサ乃は、自分の生んだ若君の生まれ変わりである紘市と結婚する。

そして成仏出来ない戦国時代に死んだ家臣たちすべてのために祈念する。

このお題目というのが、自分が好きでないものだったのが残念だった。

また「生まれ変わり」以上にビックリしたのが、男は分娩室に入るべからずというくだり。
文庫版は2020年発行だというのに!

 

| | コメント (0)

2021.11.30

バウンド【こどもSDGs】

Sdgs

著者:バウンド
価格:1,430円
カテゴリ:小学生
発売日:2020/07/13
出版社: カンゼン
利用対象:小学生
ISBN:978-4-86255-561-8

未来を担うこどもたちに対し、SDGsと世界が直面する解決すべき問題、そして私たちの生活との関連をわかりやすく解説。

 

本の売上げの一部は「一般社団法人こども食堂支援機構」を通じて全国のこども食堂支援に使われるとのことだ。

 

最近、「SDGs」という言葉をよく聞く。何のことやら解らないので、子どもにも解る本であろうと本書を読むことにした。

「SDGs」とは、「接続可能な開発目標」だという。ますます解らない。
「開発」という言葉が入っているので、ちょっと身構えてしまう。

より具体的にいうと、「世界中のすべての人々が達成を目指すべき目標」ということになるらしい。

うなっていても仕方ないので、読み進めて行くことにする。

「もくじ」の第1章を読んだだけで、胸が痛くなる。

 

しかし巻末の「Sdgsの17の目標をもっとくわしく知る」を読んで、自分たちの出来ることをしていけばいいのかと納得できた。

小さなことでも、みんなで取り組むこと。
そして大事なことは、他の人に押しつけることなく、みんなが少しずつでも意識をもって行動することだろう。

 

| | コメント (0)

2021.11.29

西原三葉【「片づけられない……」をあきらめない!】

51s9ybqzwnl_sx350_bo1204203200_

著者:西原三葉
価格:1,430円
カテゴリ:一般
発売日:2019/11/29
出版社: 主婦と生活社
利用対象:一般
ISBN:978-4-391-15415-3

家事代行マッチングサービス「タスカジ」で
今、大人気!“「ADHD」の整理収納アドバイザー”による
「片づけられない自分」を変える超メソッド。

たしかに切り口を変えた片づけ本だが、「ADHD」「ADHD」と連呼しすぎで、正直疲れた。実際のメソッドは、これまで(他の片づけ本)と同じだ。

 

当事者は(自分も含めてかもしれないが)どうなのだろう?

 

| | コメント (0)

2021.11.28

鳴神響一【脳科学捜査官 真田夏希】

Photo_20211127145201

著者:鳴神響一
価格:748円
カテゴリ:一般
発売日:2017/12/21
出版社: KADOKAWA
レーベル: 角川文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-04-106167-1

初の事件で戸惑いを覚える夏希の前に現れたのは、意外な相棒だった。

 

こんな設定、ありかな?

主人公の真田真紀は婚活中。
最近「婚活」というのがはやっているのだろうか?

その見合い相手の印象はよかったが……。実は裏があった。

そして犬嫌いの(犬が怖い)真紀が苦手な犬と仲良くなれたのが一番の収穫かな。
動物は裏切らない。

見合い相手にある意味裏切られた真紀にとって、この犬の存在は大きかっただろう。

かなり無謀な警察官で古くからの警察官からはやや白い目で見られていたが。
気持ちに正直になれない中年男はどこの世界にもいるが、男社会の警察会では尚更かもしれない。

真紀が何でも専門知識を持ち出すのは、確かにたたき上げの男たちにはうざったいだろう。

 

| | コメント (0)

2021.11.25

唯野未歩子【正直な娘】

Photo_20211118151101

著者:唯野未歩子
価格:586円
カテゴリ:一般
発売日:2012/02/03
出版社: 小学館
レーベル: 小学館文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-09-408688-1

女優にして映画監督・脚本家、そして小説家。ジャンルを超えて活躍する新鋭が、処女長編『三年身籠る』につづいて書き下ろした恋愛小説の傑作。

 

ドラマ「きのう何食べた」で、スーパー「中村屋」のレジ係をしている女優さん。
セリフは一つもないのだが、その振る舞いが好きだ。

演じているのは、唯野未歩子さん。

実は著者と同じ人なのだった。
著者が映画監督もなさるし本も出しておられるというので、読んでみたのだった。

「正直な娘」というのは、共学で小・中・高一貫校の生徒「秋子」。

小さい頃からのことに少し触れた今は、高校一年生だ。

この高校は、クラスはあるが科目はほぼ全部選択制で、自分が選んだ授業を受ける。

彼女とその友人たち6人の高校生活がメインだ。

学校生活中心ではあるが、放課後はコンビニやファストフード店に寄るし、アルバイトをしている生徒もいるしで、かなり自由に青春を謳歌している。

しかし当然のこととして、彼女らは成長する。このグループの関係は、永遠ではないのだ。

一人は精神を病んで転校(実際は退学?)。子どもが出来てしまって、退学して結婚したもの。芸能界を目指して事務所へ入ったものも。
そして秋子は?唯一連れ立っていた一人は、追っかけていたグループのボーカルを追ってイギリスへ留学する。

 

2007年出版だが、今も彼女らの年代は同じような学生生活なのだろうか?随分大人びているようで、まだあまりにもものを知らない。

 

関連記事

唯野未歩子さん(21.11.20)

 

| | コメント (0)

2021.11.23

西村京太郎【消えたトワイライトエクスプレス】

Photo_20211118205901

著者:西村京太郎
価格:693円
カテゴリ:一般
発売日:2016/11/02
出版社: 徳間書店
レーベル: 徳間文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-19-894167-3

JR西日本の社長宛てに脅迫状が届いた。「大阪発の寝台特急トワイライトエクスプレスに爆弾を仕掛けた。さて……

 

やはり乗ったことのある列車だと読みたくなる。もう一つ、先に赤木京太郎氏の本を読んだから?

この「消えた」トワイライトエクスプレス」だが、列車が消えたと言うより、「なくなってしまった(営業終了)」という意味を込めているのではないか?

本書は勿論、運行中のエクスプレスを扱っているのだが、出版された頃にはもう走っていなかった(消えてしまっていた)。

物語は、「エクスプレスに爆弾をしかけた」という脅迫状から始まっている。
冒頭では、その脅迫状を書いた当人が、東京駅近くの郵便局から速達を出す場面も。

なぜ、脅迫状は東京から出されたのか?

そして、いたずらと思えることのあとで、実際にエクスプレスはトレインジャックされてしまう。

話はかなり荒唐無稽で、矛盾も多い。

トレインジャックされて人質になった人たちの何人かが関西人で、なぜ上りでなく下りの列車に乗ったのかということが話題になっていたが、これは単純に座席がより取りづらかったからだろう。
エクスプレスは「日本海を望みながらの夕食」も売りの一つだったから。

 

それよりも、この著者の本は、文中読点が多くて非常に読みづらい。

 

| | コメント (0)

2021.11.22

赤木京太郎【京都御朱印巡り殺人事件】つづき

Photo_20211121102601

著者:赤木京太郎
価格:792円
カテゴリ:一般
発売日:2021/04/06
出版社: 小学館
レーベル: 小学館文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-09-407007-1

【京都御朱印巡り殺人事件】(21.11.21)のつづき

このあと、春香の友人恵理子が呪いのメールを送ってきた恭子と対決したあげく、相手を殺してしまう。


一方健太郎は、指名手配の男藤崎の関係者を追って、丹波まで行く。
被害者の姉栄子は医師になり、勤め先の分院宝ヶ池の病院にも勤務している。


この病院は、関係者が色々出入りしている。
藤崎の父や妹も登場。藤崎の母は、宝ヶ池の病院へ入院してそこで最期を迎えた。

このあたりから、話は俄然面白くなる。

恵理子と恭子との関係。

一方で、栄子のことなど。

しかし、健太郎が色々考えた末に行き着いた結論には飛躍しすぎというか、少々無理がある。

結局、春香の遭遇した事件と健太郎が追っていた事件とも関連性はなかった。
健太郎は春香には勿論、帰宅しても妻にその話はしないと決めた。
刑事という立場としては当たり前のことだが、気持ちいい。

本書はもう一つ、家族のつながりについて触れられていたようにも思う。

 

| | コメント (0)

2021.11.21

赤木京太郎【京都御朱印巡り殺人事件】

Photo_20211118115401

著者:赤木京太郎
価格:792円
カテゴリ:一般
発売日:2021/04/06
出版社: 小学館
レーベル: 小学館文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-09-407007-1

舞台は京都だし、この著者名を見たときは誰でも西村京太郎と勘違いするのではないか?

いや、編集者からのおすすめ情報によると、「元高校球児で敏腕刑事の仙道健太郎、女子大生の娘・春香、天真爛漫な妻・郁代との家族愛も楽しい、期待の新人作家が描く、新しい警察小説です!」とのこと。

「見取り捜査」というのは、以前誰かの作品を読んだことがある。
実際に街に出没しているのを見た方もあるそうで、地味な仕事だ。

健太郎は休暇で京都に来ている。
しかし、清水坂で指名手配の男とおぼしき人物に出会って、彼を追いかけることに。

一方、健太郎の娘春香も友だち恵理子と京都に来ている。
スピリチュアル好きな絵里子は、心霊スポットを廻りたがっており、春香はそれに同行した形だ。
その絵里子は、二股をかけられていた元恋人からストーカー行為を受けている。
またその相手の女性からは、脅迫めいたメールが届いた。

春香は健太郎に相談する。

この二つの出来事を交互に語りながら、物語は進んでいく。
果たして、この二つはどこかで交差するのか?

と、まだ途中なので、ここまでで一旦アップ。

 

関連記事

赤木京太郎【京都御朱印巡り殺人事件】つづき(21.11.21)

 

| | コメント (0)

2021.11.19

喜多義久【科警研のホームズ 】

Photo_20211118113801

著者:喜多義久
価格:704円
カテゴリ:一般
発売日:2018/11/06
出版社: 宝島社
レーベル: 宝島社文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-8002-8999-5

大人気「化学探偵Mr.キュリー」シリーズの著者が描く、初の科学捜査ミステリー!

 

「化学探偵」というのは知らないが、こちらはシリーズもので続きがあるらしい。

土屋は、科警研のホームズと呼ばれた非常に仕事が出来る。

だが判断ミスが原因で後逮捕がおき、彼は責任を取って辞任し、大学の研究室へ行ってしまう。

冒頭のプロローグで、その土屋を戻したいと願う上司の気持ちが書かれている。
そのために彼は特別なセクションも設け、土屋をその室長にした。

そして東京・北海道・兵庫から、それぞれ科研の仕事をしている三人をあつめ、研修と称して難解な事例の解決にあたらせる。

そのあとはそれぞれの事例だが、最初に犯行を描くいわば倒叙ものである。

各タイトルが漢字で修飾されるカタカナ語で統一されている。

いずれも三人の研修生が考えても解決できなかったことを、土屋に相談すると聞いただけで状況判断して解決のヒントをくれるという進行。

その間、上司は週に一度は土屋に電話をして翻意を促すのだが。

 

【残光のメッセージ】

【楽園へのナビゲーター】

【惜別のロマンチシズム】

双子のどちらかが犯人という設定。
有栖川有栖にも同じようなのがあったが、一卵性双生児というのは本当に見た目ではわからないらしい。

【伝播するエクスタシー】

「現代の通り魔」という、なんとも物騒な犯行。

土屋というのがかなり個性的で、何かに没頭すると他のことは見えなくなる。聞いたことも覚えていない。

しかし土屋の失策が仕組まれたものだということが判り、上司は一層彼を説得しようとする。

最後は、土屋と三人とも将来に展望を見つけて「めでたしめでたし」というべきか。

 

ちょっと気になったこと

三人の研修生の内、一人は女性だ。
彼女は兵庫県警でそれなりの活躍をしてきており、この研修でも非常に積極的である。
だが彼女のことを描くとき、地の文では「愛美」と姓ではなく名で書いてある。

会話の中ではあとの研修生も土屋も、彼女を姓で呼んでいる。
「名」で表すしているのは、著者の何げない癖(? 女性は名前で書く)ということなのかもしれない。

こんなところにも、女性差別(おおげさかな?)を感じる。
悪意はまったくなく、まったく頭になかったということだろうが。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧