2018.01.22

鮎川哲也【憎悪の化石】

タイトル憎悪の化石

憎悪の化石鮎川 哲也 著
税込価格: 713円
出版 : 光文社
ISBN : 978-4-334-76699-3
発行年月 :2014/02/13
利用対象 : 一般

熱海の旅館で湯田真壁なる男が殺された。所持品から特定の人物を脅喝していた疑惑が浮上、湯田に恨みを持つ者を絞り込む捜査陣だが、疑いのある人物にはすべてアリバイが成立していた...

この殺人の前段として、プロローグ的に婚約中で幸せな女性が自殺するという事件が入っている。

「鬼貫警部事件簿」とあるのだが、警部はなかなか登場せず、三分の二くらい行ったところで、やっとお出ましになる。
熱海署で手を焼いて、事件が本庁に持ってこられたという設定だ。

鬼貫と同僚丹那は、記録を詳細に調べて、ある違和感を持つ。
これは自分もアレッと思ったところなので、あとの展開が楽しみだった。


と、ここまで、鬼貫登場場面あたりでの記述。


そして、引きつづき読む。

すごく面白かった。
熱海署と静岡県警ががんばって調べても解決出来なかった事件。
しかし鬼貫は、丹念な調査と聞き込みで、真相に近づいていく。

時刻表トリックが、やはり抜群。
本書の時代から5年後に新幹線開通となるのだが、もっともっと古き良き時代の話のような気がする。

西鹿児島から東京まで、普通に特急が走っていたんだ。
しばらく、鬼貫ものにはまりそう。


鮎川哲也作品
黒い白鳥(16.07.24)


憎悪の化石
Kindle版価格:702円


| | コメント (0)

2018.01.20

【ふるいせんろのかたすみで】

ふるいせんろのかたすみで

ふるいせんろのかたすみでチャールズ・キーピング (著), ふしみ みさを (翻訳)
税込価格: 1,728円
出版 : ロクシン社
ISBN : 978-4-907542-51-1
発行年月 : 2017/10/31
利用対象 : 一般

古い線路のそばに、6軒の家が連なる長屋がありました。住んでいるのは、年老いた貧しい人ばかり。

図書館から届く本の中には、なぜ予約したのか覚えていないものも多い。
本書もそうした一冊だが……


たった6軒であっても、それぞれの生活は違う。
文句ばかり言って暮らしている人もいれば、元自転車レーサーで、子どもたちから「自転車おじさん」と呼ばれている男性も。彼にかかれば、ゴミ捨て場の部品も、ピカピカの自転車になる。


共同で買ったくじが当たったとき、かれらはどう変わったか、いや変わらなかったか。

好きなだけ食材を買って、太ってしまった女性がいる。

家と隣の空き地を買って、バラを植え、子どもたちの遊び場にした女性もいる。

一番変わらなかったのは、かの「自転車おじさん」だった。かれはこれまでと同じように、自転車を組み立てているのだった。


そうしたことを淡々と綴っているだけの本だが、読んだあと何となく考えさせられる。


ふるいせんろのかたすみで
2017年10月28日初版第1刷発行


| | コメント (0)

2018.01.18

【現代華文推理系列第二集】

現代華文推理系列第二集

現代華文推理系列第二集冷言 (著),‎
鶏丁 (著),‎
江離 (著),‎
陳浩基 (著),‎
稲村文吾 (翻訳)

単独でも販売中の四作の華文ミステリ短篇、冷言「風に吹かれた死体」、鶏丁「憎悪の鎚」、江離「愚者たちの盛宴」、陳浩基「見えないX」の合本版。


見えないXを読んで面白かったので、本書を読んでみようと思ったもの。

しかし、【風に吹かれた死体】は気持ちが悪くなり、早々に読むのを止めた。

【憎悪の槌】
これは、面白かった。
最後に大どんでん返しが待っていた。そこで初めて、タイトルの意味が判った。

大学を出て兄の世話になっている僕は、不動産屋に無事就職することが出来た。
兄は警察官で、ミステリ好きの弟に、事件の話を色々してくれる。
今回は、連続密室事件だ。

実際に刑事が家族とは言え他者に事件の話をするかどうか疑問だし、捜査の秘密を漏らすことはけしからんと思うが。

その就職先で、同僚が殺される。連続密室事件の第三の犠牲になったのか。

僕はなにかと眼をかけてくれる支店長に、兄の素性と事件の話をする。これはもっとけしからんと思うが。

幾つか伏線は張られていて、注意深く読めば気づくはずのところもあるのだが、お見事!
しかし犯人は二人も殺害しながら、復習は遂げられなかったのか。


【悪者たちの盛宴】

これはちょっとしたドタバタ劇だった。
あらゆる手を使って(恩人をも裏切って)材をなした男と、その妻・娘。
男のせいで仕事を失った女と、その夫(タクシーの運転手)・娘。

娘同士は同級生で仲がいい。

そこにカメラマン助手が加わって、富豪の娘の誘拐劇がはじまる。

お互い顔を合わせているのだが、直接の知り合いでないため気がつかない。

富豪の娘はタクシーに乗り、親友の父親とは知らずにいい人だと思う。
カメラマン助手はタクシー運転手の娘を富豪の娘と勘違いする。
彼は、富豪から誘拐の金を取りに行くのに、そのタクシーを使っている。
更に彼が車に置き忘れた富豪の娘のiPhoneを使って、運転手は金儲けをおもいつく。

そこに、密かに復習の時を狙っていた過去の恩人も動き出す。

しかし事態は思いもかけない方向へ進み、悪は勝ち、弱者は滅びるのだった。

話の展開は非常に面白かったのに、後味が良くなかったのは残念。


現代華文推理系列第二集
Kindle版価格:500円


| | コメント (0)

2018.01.15

貴志祐介【硝子のハンマー】

硝子のハンマー

硝子のハンマー貴志 祐介 著
税込価格: 950円
出版 : 角川書店
ISBN : 978-4-04-197907-5
発行年月 : 2007.10
利用対象 : 一般

日曜日の昼下がり、株式上場を間近に控えた介護サービス会社で、社長の撲殺死体が発見された。エレベーターには暗証番号、廊下には監視カメラ、窓には強化ガラス。オフィスは厳重なセキュリティを誇っていた。

防犯コンサルタント(実は泥棒)と女性弁護士という、変わったコンビの探偵。
泥棒が探偵になるのは、森博嗣の保呂草(字が合ってるかな?)シリーズがそうであったような。

それはともかく、密室殺人ということで、次から次へと繰り出す榎本の推理と防犯(防犯破り?)グッズが面白い。
そんなわけで、第一部の「見えない殺人者」は非常に面白かった。
ようやく解決、というところで、突然ストップ。

第二部にあたる「死のコンビネーション」では、まったく違う話が始まる。
犯人に視点を合わせた物語なのだが、こちらは少々辛い。

結果的に当初の目的であるえん罪を晴らすことは出来たのだが、依頼者の人格のせいもあっって、スッキリ気分とはいかなかった。


これはシリーズもののようで、青砥・榎本コンビの活躍をもう少し見てみたい。
あと、榎本の重要な情報源である「ハゲコウ」こと鴻野刑事が面白い。


著者の作品は【青の炎】(05.08.19)以来だと思うが、あの時は切なかった。


硝子のハンマー
Kindle版価格:719円


| | コメント (0)

2018.01.11

陳 浩基【見えないX】

見えないX

見えないX陳 浩基 著 ,‎
稲村 文吾 訳
Kindle版
税込価格: 200円

「僕」が雨宿りのために偶然潜り込んだ講義は、推理小説がテーマだった。初回の授業として、学生たちに紛れ込んだ「X」を探し出すゲームが始まる。

「現代華文推理系列 第二集」の中の一篇らしい。

いやー、実に面白かった。一気読み。

その「X」を当てるゲームもだが、最後の最後に明かされる真相(?)も。
いや、単に思い込みでだまされていたのは、読んだ本人(すなわち 涼)だったのだが。

ヒントは全部最初に提示されており、それを丹念になぞっていけば、そんなに難しくはないはずなのに。


作品の中では、名探偵コナンや金田一君、それに幸田未来の名前も出てきて、香港でも有名なのだなとわかった。


しかし、単品が200円で、合本された「第二集」がunlimitedって、どういうわけだろう。


見えないX


| | コメント (0)

2018.01.09

内田康夫【赤い雲伝説殺人事件】

赤い雲伝説殺人事件

赤い雲伝説殺人事件内田 康夫 著
税込価格: 555円
出版 : 角川書店
ISBN : 978-4-04-160705-3
発行年月 : 2014/07/15
利用対象 : 一般

東京で、素人画家・小松美保子の「赤い雲」の絵を買った老人が殺され、その絵が消失した。絵に重大な謎が秘められていると見た探偵・浅見光彦は、老人の出身地、瀬戸内海の寿島に向かう。島は原発誘致にからみ、推進派と反対派に二分される騒動になっていた。 (廣済堂出版作品紹介より)

内容とは直接関係ないが、浅見光彦って愛煙家だったっけ?
本書では、浅見も他の登場人物も、実に頻繁にタバコを吸う。時代が(?)そうだったからだとしか思えないが。


小松美保子は、画家になりたいがまだ躊躇するものも残っている新米。
その彼女が所属する松風会の展覧会で出会ったのが、被害者白井達雄。美保子の絵を食い入るように見つめていた白井は、その絵を買うという。

展覧会が終わったあと、美保子は手付金の残りを貰うためもあって、絵をホテルまで届ける。


その白井が殺されたらしい。
警察は松風会のメンバーから事情を聞こうとするが、なんとそこには、浅見の母雪江がいた。

雪江というのは、本当に多才だ。
俳句もするし、絵も描くのか。

その母に頼まれて事件に関係することになった浅見だが……。


白井が殺された夜、美保子の絵も盗まれる。
その原画のスケッチはモノクロであるのが、事件解明を少し遅らせる鍵になっている。

そして、白井が陳情に訪れようとしていた大山代議士も、お国入りした日の夜、殺される。

参議院議員、県会議長、大山代議士の秘書など、国政と原発を巡ってのそれぞれの思惑の中、さらに悲劇が起こる。


舞台になった寿島を訪れていた浅見は、少しずつ真相に近づいていく。

しかし、事件の発端が美保子が描いた絵だというのは、何だか後味が悪いが。


赤い雲伝説殺人事件
Kindle版価格:375円


| | コメント (0)

2018.01.06

【「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル】

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナルMarie 著
税込価格: ディスカバー・トゥエンティワン
出版 : PHP研究所
ISBN : 978-4-7993-2181-2
発行年月 :2017/10/13
利用対象 : 一般

いつもごちゃごちゃの頭がすっきり整理される。タスク、スケジュール、夢など「私のすべて」を管理できる…。1冊のノートになんでも箇条書きで書き出すだけの手帳術、バレットジャーナルのつくり方、使い方を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

こんなのが、世界中で流行中なんだって?
これまでの「ToDoリスト」とどう違うの?と思いながら読んでいく。

第1章では、「パレットジャーナルのつくり方、はじめ方」で、ここでパレットジャーナルの説明もある。
ToDoリストやチェックリストで多く使われている、頭に□をつけて済んだら中にレ点を付ける方法と違って、頭に「点」を打つ方法。
この点のことを、「パレット」と呼ぶらしい。

別に□でもいいと、著者は言うが。


毎日タスクを書き足していく。
その際、前日し残したことは新しいタスクページに移す。これが、アプリのように簡単にドラッグアンドドロップではなく、手書きであることがミソなのだ。
移す際、本当に必要なタスクかどうか考えることも必要だという。
それも含めて、前日のタスク欄を空っぽにすることが重要であるらしい。


第2章では、著者の方法を公開しつつ、自由度の高い「パレットジャーナル」だから、参考程度に考えてほしいとのこと。

第3章では「コレクションアイデア」を勧めたり、第4章では実際に作っている人の事例を並べてある。

この事例を見ていると、随分カラフルだ。
ほぼ日手帳でも思うのだが、絵心のある人は楽しい手帳やノートになるが、そうでないものにとっては、単に記録しておくものでありたい。

先に「こういう手帳を」という思いが強いと、そうしたフォーマットを作るのに疲れ果ててしまう。
それでは、本末転倒のような気がする。


実際に自由に書き込んで行けばいいのであれば、それを採用して様子を見よう。


「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル
2017年10月15日第1刷
2017年11月1日第2刷


| | コメント (0)

2018.01.05

矢部太郎【大家さんと僕】

大家さんと僕

大家さんと僕矢部 太郎 著
税込価格: 1,080円
出版 :新潮社
ISBN :978-4-10-351211-0
発行年月 :2017/10/31
利用対象 : 一般

お笑いコンビ「カラテカ」の矢部太郎と一風変わった大家さんとの“2人暮らし”を描いた、ほっこりあたたかなコミックエッセイ。『小説新潮』連載を加筆修正し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

朝日新聞に毎日掲載されている「折々の言葉」に、12月31日付で紹介されていたらしい。

年だからもう転べないのです 矢部さんはいいわね まだまだ何度でも転べて
矢部太郎の大家さん

これを読んで、即読みたくなったもの。


申し訳ないが、「カラテカ」というコンビは存じ上げない。

しかし「人物紹介」の「矢部太郎」に

同世代の女性より、大家さんの方が話が合う。
とあった。
矢部さんに、お目にかかりたくなった。

勿論、ステキな大家さんにも。
終戦の年に17歳だったということは、敬愛する叔父より一つ下だ。
マッカーサー元帥を素敵だという大家さんは、矢部さんのジョークについていけない。
というか、矢部さんが大家さんについていけないのだ。

しかし、矢部さんは「大家さんの笑いのツボ」を探そうとするのだ。


庭の草むしりを頼まれた僕は、調子のいい後輩を連れて行く。場を考えずに発言する後輩に僕はハラハラするが、大家さんには意外と受ける。
その後輩が大家さんの入院先を見舞ったとき、自分が持って行ったお見舞いより彼のお見舞いに関心を示した。
それにちょっと嫉妬するのがかわいかったり。

「ほのぼの」という感想が多いが、かなり深刻な感もある。

続編、出ないかなぁ。


それにしても、「折々の言葉」の鷺田先生は、コミックもターゲットになさっているのだ。


大家さんと僕
Kindle版価格:1,000円


| | コメント (0)

2018.01.04

有栖川有栖【長い廊下がある家】

長い廊下がある家

長い廊下がある家有栖川 有栖 著
税込価格: 617円
出版 : 光文社
ISBN : 978-4-334-76591-0
発行年月 : 2013/07/10
利用対象 : 一般

廃村に迷い込み、辿り着いた“幽霊の出る”家。そこには、隣の家と地下で繫がる長い長い廊下があった…。【「TRC MARC」の商品解説】より

中編の表題作の他、収録作品は
【雪と金婚式】と【天空の眼】【ロジカル・デスゲーム】の三つの中短篇。


【長い廊下がある家】

これは、完全にクイーンのパクリではないか。
詳細は忘れたが、夜が明けて外から家を見た主人公の驚いている挿絵は覚えている。
たしか、その家にたどり着くまでに、あちこち引き回されたのではなかったか。

そのタイトルも、何という作品(短編集)にあったものかも、思い出せない。

仕方ないから、カーの短篇を根気よく読み直すことにするかな。


【雪と金婚式】

これは良かった。

雄二と安曇は、金婚式を迎えた夫婦。
雄二は学習塾を経営していて、まずは穏やかな晩年を迎えている。

気がかりは安曇の妹の夫だった(妹は亡くなっている)、重森の存在だ。
学生相手に詐欺を働いて、警察に捕まったこともある。落ちぶれて頼ってきた彼を、雄二の温情で離れに置いているのだ。


その重森が殺された。

金婚式の夜降った雪が関係してくるのだが……。

雄二の、若者への温かい気持ちと「雪は降る」のメロディーがあいまって、いい効果を生み出している。


【天空の眼】は、珍しく有栖一人で事件を解決する話。

有栖のご近所に住む女子校の先生が、教え子がおびえていると相談してくる。
心霊写真を撮ったらしいというのだが、その関係者が殺され、教え子の同級生に殺人の疑いがかかる。


有栖が小説ネタとして考えたことが瓢箪から駒になり、さらに旅行中に真相に迫るという話。


最後の【ロジカル・デスゲーム】では、火村あやうし!

ストーカーのような千舟に連れられて行った家で、火村はデスゲームをやらされる。
必至で頭を回転させ、どうやって彼は窮地を脱したか。


そのゲームを、書いてみる。

赤・青・緑の三色のグラスの中の一つには、毒が入っている。
その中の一つを火村が取り、千舟は毒の入っていないグラスを取る。
もう一つのグラスと代えてもいいと、扇動する千舟。

千舟に背を向けて貰った10秒間に、火村がしたことは……。

自分は絶対安心だと思っていた千舟の狼狽を、火村は見逃さなかった。


長い廊下がある家
Kindle版価格:594円


| | コメント (0)

2018.01.03

【陳浩基『13・67』の魅力とは】(文春e-Books)

『13・67』の魅力とは

陳浩基『13・67』の魅力とは陳 浩基著
税込価格: Kindle unlimited
出版 : 文藝春秋

【2017年 週刊文春ミステリーベスト10、本格ミステリ・ベスト10 海外篇第1位!!】 オールタイムベスト級の傑作と話題沸騰! 華文(中国語)ミステリーの記念碑的作品の魅力を余すところなく紹介する

なのだが、やはり佳境に入ったところで、おしまい。
元々の【13・67】は、6つの短篇からなっていて、時代を逆に遡っていく。
クワンの活躍をあますところなく描いているようだ。

しかし、Kindle版でも1,500円と高い。


だが、今野敏や横山秀夫の警察小説愛読者にはオススメだと、解説にあった。
また、この【13・67】が描く50年の外側には、19世紀末から20世紀初頭の「世界の百年」があるとも。


ちなみに本書には、著者の陳浩基インタビューもあって、こちらもなかなか興味深い。
最近の香港警察に対する厳しい世評を受けて、著者は

あえて素晴らしい一人の刑事の話を描きたくなったのです。
という。

であるからして(?)、若干不満ではあるものの、本書は本書でそれなりに面白かった。


せっかく巡り会った著者だからして、まずは【見えないX】をポチッとな!今年、初「ポチッ」なり。
こちらも、面白そう。


『13・67』の魅力とは
Kindle版価格:0円


| | コメント (0)

より以前の記事一覧