2020.01.20

法月綸太郎【名探偵傑作短篇集 法月綸太郎篇】

Photo_20200117175901

著者:法月綸太郎
価格:1,012円
カテゴリ:一般
発売日:2017/08/09
出版社: 講談社
レーベル: 講談社文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-06-293737-5

新本格ミステリの牽引者・法月綸太郎が生んだ同名の探偵・法月綸太郎が型破りな謎に父・法月警視とともに挑む。その選りすぐりの短篇集。会心の鉄道ミステリ「背信の交点」など、全6篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

ほぼ初めての作家さん。アンソロジーか何かで短編一つくらい読んでいるかもしれない。
ただ、名前は有名だし、今回読んでみようかと思った次第。

警視である父親と同居していて、父が持ち込んでくる謎を解いていく。
という手法は、退職刑事ものと似通ったところもある。

【過ぎにし薔薇は……】

ちょっとした暗号解読(?)的な一編。
図書館司書の穗波と綸太郎とは、どういう関係か?レギュラーメンバーなのか?

【背信の交点】

途中まで、鉄道ミステリだと思わせておいて……。という一席。いや確かに時刻表を扱ってはいるのだが。
綸太郎が解いた謎に、穗波が異論を唱える。

恐るべし、素人の観察眼。

【世界の神秘を解く男】

心霊現象とかいうこの手のものは、あまり好きではない。

だが実際にはそういったことが実際にあるわけではなく、今回も綸太郎がその仕組み(たくらみ)を解く。


【リターン・ザ・ギフト】

贈り物の交換ならぬ、交換殺人の話。

ここでも、穗波の観察眼が事件を解決に導く。


【都市伝説パズル】

都市伝説を逆用したトリック。

法月警視と綸太郎の丁々発止(?)のやりとりが楽しい。

しかし、こんな都市伝説はあるのかなぁ。

それにしても、警視はタバコ吸いすぎ。


【縊心伝心】

ここでは、二股式コンセントが盗聴器になるということを知った。
ふーん、そんなことがあるのか。


解説の巽昌章氏によると、著者はクイーンに影響を受けているとか。
そう言われれば、そうかな。

クイーンを読んだのは、もううん十年も前のことだ。

 

| | コメント (0)

2020.01.17

白川紺子【契約結婚はじめました。4】

Photo_20200114211701

著者:白川紺子
価格:605円
カテゴリ:一般
発売日:2019/02/20
出版社: 集英社
レーベル: 集英社オレンジ文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-08-680239-0

訳あって偽装夫婦となったが、偽装とも言い切れない感情が日々育まれている小説家の柊一と香澄。ある日、香澄は友人たちと旅行することに…。【「TRC MARC」の商品解説】

表紙カバーの絵は、第一話【白雨の便り】のようですね。

第一話 白雨の便り

夕立が上がると必ず訪ねてきて、白椿を一輪もらっていく老婦人。
会社を経営していたというその棚山さんは、今もシャッキリとしている。

その彼女が、ひどい夕立の日に出かけたまま帰らないと、家政婦から連絡が入った。
その日は、亡き夫の命日だったのだ。

ここでは、いつの間にか晶紀が時折上がりこんで食事をしていく。
柊一は面白くないが、香澄が一向に気づかないので表面上はさりげなくしている。

こうして、だんだん柊一の気持ちが表に出るようになっていく。


第二話 蛍火

柊一の中学時代の同級生が訪ねてくるが、柊一は香澄を会わせようとはしない。

友人に借金を申し込むのは憚られても、その家からものを盗むのは平気という神経の持ち主であることを、知らないまでも何となくうさんくさく思ったのかもしれない。


第三話 夏の幻

今回は、香澄が高校時代の友人と旅行に出かけた留守中の話。

香澄が留守でも、晶紀はやって来る。
そして柊一担当の編集者までやってきて、彼の話が「夏の幻」。

少々ネタ切れになってきたのかもしれない。
柊一は「小説家」という紹介だったが、書いているものがホラーだとは、今回初めて出てきたような気がするが。


第四話 月の横顔

旅行から戻った香澄の態度が、どこか上の空。

そして、自分の気持ちに気づくところで……。

この香澄、これまでも色々とヒントはあったのに、少々鈍感な感じ。
20歳頃というのは、一番敏感な年頃なのに。

すみれ荘にて―ふりむかないで―

すみれ荘に住む若者たちの、恋のさや当て。
少々騒がしかったが、まぁいいでしょう。

そして、仕掛け人の廣田君の思いは成就するのかな?

 

| | コメント (0)

2020.01.16

友井羊【スープ屋しずくの謎解き朝ごはん】

26439314_1tl

著者:友井羊
価格:715円
カテゴリ:一般
取扱開始日:2014/11/01
出版社: 宝島社
レーベル: 宝島社文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-8002-3413-1

東京のとある一角で、ひっそり早朝営業しているスープ屋「しずく」。盗難、失踪からダイエットまで、客が抱える事件や悩みを、店主でシェフの麻野が鮮やかに解決する! 心温まる連作ミステリー。【「TRC MARC」の商品解説】

初めての作家さん
「謎解き」とあるから、日常の小さな事件を解決していくのだろう。

と思って読み始めたのが、

冒頭の【嘘つきなボン・ファム】での出来事が、主人公と同じく胃が痛くなるような話だった。

それぞれの話に出てくるスープがとても滋養があっておいしそう。あえて「栄養」ではなく「滋養」と言いたい。
最後の参考文献で分かったのだが、辰巳芳子さんの本が挙がっていたことで納得。

スープ作りに一時はまったこともあったが、また作ってみたくなった。

以下

【ヴィーナスは知っている】

【ふくちゃんのダイエット奮闘記】

【日が暮れるまで待って】

【わたしを見過ごさないで】

登場人物たちは、少しずつ関係者から拡がっていく。

そして最後の【わたしを見過ごさないで】で、店主麻野と店員の過去が明らかになる。最後を読んでいるときは、それこそ年齢のことで「あれっ?」となったのだが、今の露(麻野の娘)のことも辻褄が合う。

しかし、【ふくちゃんのダイエット奮闘記】では、ミスリードがあまりうまくいってない印象だった。

 

| | コメント (0)

2020.01.14

【シャーロック・ホームズの帰還】

Photo_20191231125001

著者:コナン・ドイル
価格:781円
カテゴリ:一般
発売日:1953/04/20
出版社: 新潮社
レーベル: 新潮文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-10-213402-3

本編はホームズ物語の第三短編集で、帰還後第一の事件を取上げた『空家の冒険』をはじめ、いよいよ円熟した筆で読者を魅了する。【「BOOK」データベースの商品解説】

ドラマの影響で、原作を読みたくなった。昔読んだのがどの出版社のだったか忘れたが、表紙絵が一番マシな感じがした本書で読む。翻訳家についてはわからない。

【空き家の冒険】

最初の場面で、ワトソンが古本屋に出会う。
もしやと思ったが、やはりそうだった。

残っていたモリアティの参謀も逮捕され、一応大団円とはなる。

【踊る人形】

あ、この図は覚えてる。勿論正確にではないけれど。

 

【美しき自転車乗り】

これは、DVDを持っている。
イギリス郊外の景色が素敵だった。

自転車で後を付けてくる人は、想像できた。

 

【プライオリ学校】

タイヤの轍がヒント

【黒ピーター】

こんな人間のくずでも、結婚できたのが不思議。

【犯人は二人】

 

【六つのナポレオン】

同じ鋳型から作られたナポレオン像が壊されるということは……。

で、この推察は当たっていた。

【シャーロック】の第一話。パセリとバターの謎が出ていたけど(あれは父と子の切ない場面だった)、ここから取り入れたと言えるのかな?

 

【金縁の鼻眼鏡】

眼鏡がないとちゃんと歩けなくても、足触りが同じなら進めるのだが……。

【アベ農園】

こちらも、人間のくずのような男。
こんなのと結婚すると、我慢するか、それとも……

 

【第二の汚点】

これは違った意味での夫婦愛でよかった。

こんな解決で、ホームズ譚は幕を閉める。

 

あとから読んでも、きっと中身を思い出せないだろうが。
もう少し突っ込んで、ドラマへの影響なども調べたら面白いだろうが、そこまで突き止める余裕はない。

 

| | コメント (0)

2020.01.12

夏目漱石【明暗】

Photo_20191204095301

著者:夏目漱石
価格:825円
カテゴリ:一般
発行年月:2010.1
出版社: 新潮社
レーベル: 新潮文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-10-101019-9

濃密な人間ドラマの中にエゴイズムのゆくすえを描いて、日本近代小説の最高峰となった漱石未完の絶筆。【「BOOK」データベースの商品解説】

漱石の登場人物たちは、多く上流家庭の人である。
その一人である津田が、金のことで実家と少々うまくいっていない。
妻お延の派手好みが影響しているのか。

話としては殆どが、津田の入院中のこととして描かれる。

お延は、津田の愛を信じながらも、どこかで他の女性の影を感じている。
それを津田の妹お秀に確かめようとするのだが、お秀はノラリクラリとしてはぐらかしてしまう。

お延が津田の友人に翻弄されるのも、読んでいてイライラする。

そして終盤。
やはり未完結であるというのは、スッキリしないものだな。
著者は、どこへ落とし所を持って行きたかったのだろう?

 

| | コメント (0)

2020.01.10

本多孝好【MOMENT】

Moment

著者:本田孝好
価格:594円
カテゴリ:一般
発行年月:2005.9
出版社: 集英社
レーベル: 集英社文庫
利用対象:一般
ISBN:4-08-747859-9

死ぬ前にひとつ願いが叶うとしたら……。ひとは人生の終わりに誰を想い、何を願うのか。そこにある小さいけれど確かな希望――。

死にゆくあなたのために、僕ができること。
病院でバイトをする「僕」は末期患者の願いを叶えることを始める。「初恋の人に会いたい」「いっそ殺してくれ」 そこに込められた深い悲しみに、心は揺さぶられていく。深くて切ない青春小説。

どうも再読のようだ。

最初の【ACT1】では気づかなかったが、 【ACT2】で何となく思い出した。

葬儀屋シリーズの最初の方、僕(神田)はまだ大学生。
近所に住む葬儀屋の森野は、既に仕事を始めている。

その森野の紹介で始めたアルバイトをしている内に、神田は何故か「最後の仕事引受人」になり、まもなく死にゆく人たちの願いを聞くようになる。

【ACT1】は、戦争中に上官の命令で人を殺した老人が、その遺族の現在を見届けてほしいというもの。
僕は正直にその家族に接近していくが、何故かその頃からその家族に不幸が押し寄せる。

依頼人の真の願いはというより、真の狙いは……。

【ACT2】では、中学生がしかけた罠。

ここまで考えることが出来るのがスゴイ。

【ACT3】は、電話の相手が謎。
しかしそれも、最後に謎解き(?)があって切ない。

ここまでに登場した人たちは、もう誰もいない。

【ACT4】で、神田は少し前進する。交換留学生になることで、バイトを辞めるからだ。

病院の不正は、糺されるのか?

 

| | コメント (0)

2020.01.08

コナン・ドイル【シャーロック・ホームズの思い出】

Photo_20200104111501

著者:コナン・ドイル
価格:737円
カテゴリ:一般
発売日:1953/03/12
出版社: 新潮社
レーベル: 新潮文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-10-213403-0

ホームズの魅力を遺憾なく伝える第二短編集

【白銀号事件】

名馬が行方不明になり、調教師が死んでいた。
ホームズは例によって、まさに地を這って手がかりを見つけていく。

【黄いろい顔】

ホームズ見込み違いの一席(?)

この女性は、アメリカからイギリスへ戻るとき、子どもを連れて帰る選択をしなかった。環境が変わるのを心配したのなら、なぜこの年に呼び寄せたのだろう?
この時代、まだまだ偏見があったろうから、そのせいではないかと疑うのはうがち過ぎか?

【株式仲買店員】

この話、割合よく覚えている。

【グロリア・スコット号】

これは、友人の父親の手記がメインで、ホームズの出番はなし。

しかし、この父親の話で、ホームズは探偵を業にしようかと思い始める。

【マスグレーヴ家の儀式】

執事がなぜ2週間の猶予を願い出たかは、最後に判る。

【背の曲った男】

【入院患者】

【ギリシャ語通訳】

ここで、ホームズの兄マイクロフト登場。
経理に明るく、政府の機関の一つを手伝っているようだ。
誉獅子雄の兄は、確か経産省の役人だった。

最後のところ、妹の復讐は成功したのか?

【海軍条約文書事件】

かの有名な(?)この事件があって、いよいよ終盤へ。

【最後の事件】

そして、「最後の事件」。

これについては、結構覚えてる。本によっては、二人が争っている場面を描いている物もあったと思うが。

ドラマでは、若宮が獅子雄のコートを見て泣くシーンがよかったな。
コートの中にはメモがあった。

同じく、ホームズの遺書も残されていた。

結局ドイルは読者からの要望で、次の【シャーロック・ホームズの帰還】を書くことになるのだが。
ドラマでも、続篇として放映してほしかったなぁ。

 

| | コメント (0)

2020.01.07

ゆるりまい【「ねぇ、これ捨ててみない?」】

Photo_20191216091901

著者:ゆるりまい
価格:1,320円
カテゴリ:一般
発売日:2019/12/11
出版社: 幻冬舎
利用対象:一般
ISBN:978-4-344-03549-2

徹夜勤務が多く、同棲して7年の彼氏と倦怠期真っただ中のこう(29歳)。同僚が家に遊びに来たことをきっかけに、片付けに目覚めるが…。片付け&掃除のハウツーが満載の実用コミックエッセイ。『小説幻冬』連載を加筆修正。【「TRC MARC」の商品解説】

珍しく、いつものようなご自身の家のことではなくて、フィクション仕立ての片付け本。

ゆるりまいさんの本は好きで全部持っているのだが、これはイマイチだった。

ノウハウはこれまで書かれていたことと変わらず、登場人物もややわかりにくい。

以下、章ごとのタイトル。

第1話 すれ違いの生活と歯磨き粉〈洗面所〉
第2話 仙台牛を焼く場所〈台所〉
第3話 ふたりの助け合いが必要〈リビング〉
第4話 荒れたベッドは誰のせい〈寝室〉
第5話 泡がモヤモヤも一緒に流してくれる〈お風呂場〉
第6話 大きな宝箱〈クローゼット〉
第7話 毎日やればずっと綺麗〈トイレ〉
第8話 帰って最初に目にする場所〈玄関〉

著者の生活だけでは、持たなくなったのかなぁ。

子どもさんが出来て変わったこと(やむを得ず物が増えた)など、まだまだ面白い逸話がありそうなのに。

 

| | コメント (0)

2020.01.05

中島信子【八月のひかり】

Photo_20191229170101

著者:中島信子
価格:1,540円
カテゴリ:小学生 一般
取扱開始日:2019/06/28
出版社: 汐文社
利用対象:小学生 一般
ISBN:978-4-8113-2606-1

どうしてこんな毎日なの? だれのせいなの? 働く母と弟と暮らしている5年生の美貴。母と離婚した父は養育費を入れず、暮らしは貧しくて…。「TRC MARC」の商品解説】

わずか10歳で食事のやりくりを考え、弟にはしっかり食べさせたいと思う美貴。
母親自身もシングルマザーの元で生まれ、色々苦労していた。

なぜか行政には頼れないと思い込んでいるが、いいアドバイザーはいないのか?

しかしこの母親の「貧乏だからこそ、きちんと生きなければいけない」という考えがあるから、一家三人何とか暮らしていってるのだろう。

やがて母親の母の老後問題も起きてくるだろうし、美貴たちの進学もある。

どうかこのまままっすぐに生きていってほしい。
なにより、行政からの支援が届くように!

 

| | コメント (0)

2020.01.03

白川紺子【契約結婚はじめました。 3】

Photo_20191231125601

著者:白川紺子
価格:605円
カテゴリ:一般
発売日:2018/06/21
出版社: 集英社
レーベル: 集英社オレンジ文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-08-680196-6

<椿屋敷>と呼ばれる一軒家に住む香澄と柊一は、ワケあって結婚した「偽装夫婦」。――しかし最近、偽装とも言い切れない感情が、お互いに芽生えつつあるような。そんな時、香澄の元・許婚の晶紀が、椿屋敷の裏にあるアパート<すみれ荘>に引っ越してきた! 彼の目的はもちろん――。また、ひょんなことから、すみれさんに二人の秘密を知られてしまい……? 

この表紙が気に入って、ついポチってしまった。

【秘花】

一口に椿といっても、随分種類があるというのは、これまでのところでわかった。
同じ樹からの枝変わり(突然変異)で、花の形は同じでも、色が随分違うのもあるらしい。

染川(薄桃色に紅の絞り)→墨染(紅)→白乙女(白)

この花を巡る、柊一の学生時代の友だち、薬師の婚約報告がある。

そして、香澄の元婚約者晶紀が、すみれ荘に越してきた。

さて、どうなる?

【火宅の恋】

すみれ荘に越してきた晶紀と柊一の、香澄を巡る密かな闘い。
本人は気づいていないみたいだが、柊一は晶紀に嫉妬している。香澄はあくまでも晶紀を兄として慕っているのだが。

尋ねてきた晶紀を商店街へ案内するという香澄に、柊一は自分も行くと言う。何だか微笑ましい光景だが、本人は必死のようだ。

香澄も少々、気遣いがなさ過ぎる。

椿の名前に東西で違うことがあるとは、初めて知った。

【金魚は忘れない】

今回は花ではなく、葉っぱが金魚に似ている椿の話。

【すみれ荘にて­­­――君はスピカー――】

今回、すみれ荘の住民勢揃い。
檀の友だちの大学生が、一度皆で揃って宴会をしないかと持ちかける。
実は彼は、隣に住む未亡人が気になっているのだ。
彼女は絢さんの兄の友人である連れ合いを亡くして、このすみれ荘へ越してきたのだった。
小学生の娘がいるが、姑がしょっちゅう訪ねてくるのが、母子ともに少々気詰まりに感じている。
姑は、娘を引き取りがっているのだ。

そして宴会当日。各々が持ち寄った料理は、それぞれ個性があっておいしそうだった。

【ふたたび、椿屋敷】

梅雨の頃。
香澄の誕生日を忘れていた柊一。
お詫びに何か送ろうとするのを断って、アジサイを見に連れて行ってほしいとせがむ香澄。
アジサイは好きな花かと聞かれて、花は全部好きだと答える香澄。

 でも、と香澄さんは柊一を見あげて、笑いかけた。
「いまは椿の花が一番好きです」
 柊一は驚いたように香澄さんを見て、
「ほんと?うれしいな」
 と、少年のようなはにかんだ顔で笑った。

というところで、今回は終わり。

香澄は働き者だが、家の中でパタパタと音を立てて走り回るのはどういうものか?

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧