2018.06.23

多岐川恭【静かな教授】

静かな教授

Photo多岐川 恭 著
税込価格: 円
出版 : 徳間書店
ISBN : 978-4195679067
発行年月 : 2015/4/2
利用対象 : 一般

うそ寒い家庭生活を送る大学教授は、孤高の学究生活を乱す虚栄心の強い妻を冷ややかな目で見ていた。やがて教授は、彼女を排除すべく“可能性の犯罪”を試みる。

紹介文には「学究生活を乱す虚栄心の強い妻」とあるが、実は生きている克子は殆ど描かれていない。
関係者が語る克子像と、教授の意図せずして語る克子像の矛盾が、事件の真相への突破口となる。

克子を思慕する助手の恋人が、出過ぎと思うくらいに素人探偵ぶりを発揮。
実際の警部は、地道に外堀を埋めていく。

この恋人は、やはり「かかぁ天下」になりそうなラストだった。


静かな教授
Kindle版価格:486円


| | コメント (0)

2018.06.22

内田康夫【夏泊殺人岬】

夏泊殺人岬

夏泊殺人岬内田 康夫 著
税込価格: 545円
出版 : 徳間書店
ISBN : 4-19-568300-9
発行年月 : 2008.9
利用対象 : 一般

青森県夏泊半島の椿神社を訪ねた男がその夜民宿で毒死した。江藤美香は大学の雅楽部の合宿で夏泊へ来て、その男が以前三重県の実家を訪ねてきた男らしいと知る。

あの「三億円事件」が起きたと同じ日、船橋市で一つの殺人事件があった。
犯人は自首し、15年の刑期にも上告しなかった。

15年後、出所した男は椿神社のキミネという人物を探して歩く。その彼は、江藤美香の家である椿神社も訪ねてくる。
美香は大学の実習で青森県の夏泊岬に行くのだが、そこには件の男も訪ねており、しかも毒死しているのだ。

自殺と片づけられた事件に納得いかない派出所の警官村上が、ひとり真相を尋ね始める。
この警官が、探偵役になる。

一方合宿中の学生の一人、秀山も殺される。

民宿でアルバイトをしていた吉野が雅楽の達人だったり、美香が彼に惹かれたり。
美香もまた、真相を求めて探偵もどきを始める。


しかし、最後の展開にはビックリ。

結局事件はうやむやになり、村上の捜査は徒労に終わってしまうのだが。


色々な「三億円事件」その後を読んだが、これはないだろう?


夏泊殺人岬
Kindle版価格:648円


| | コメント (0)

2018.06.16

結城昌治【夜の終る時】

夜の終る時

Photo_2結城 昌治 著
税込価格: 円
出版 : 角川書店
ISBN : 978-4-569-70039-7
発行年月 : 2008.9
利用対象 : 一般

実直な刑事、徳持が行方不明に。彼とやくざについての噂が同僚のあいだに疑念を呼び起こす中、徳持はホテルで扼殺死体となって見つかり…。【「TRC MARC」の商品解説】より

予想以上に、面白かった。
時代背景もよし。
しかし、この頃の刑事って、こんなに困窮していたのだろうか?

登場人物が多く、整理しながらの読了。それだけに、刑事一人一人の暮らしぶりや性格などもわかって興味深かった。
キャリアというのは、当時から嫌われていた面もあったようだ。

第一部は、普通の推理小説。
徳持は、何故殺されたのか。
若い刑事安田は、ベテラン腰木と組んで捜査しながら、ある結論に達する。

そして第一部の最後で、彼は犯人とおぼしき人物にそのことを突きつける。


第二部では、いきなりその犯人のモノローグで始まる。
電車で安田を尾行しつつ、回想していく。

途中で三人称の表現になっていくのが、やや違和感があったが。


評判(?)を見ると、「悪徳警官」ものとあった。
読み始めた頃はそういう認識はなかったので、いい意味で裏切られ感がある。
しかし、伏線はいっぱいあったのだった。


夜の終る時
Kindle版価格:503円


| | コメント (0)

2018.06.13

曾野綾子【身辺整理わたしのやり方】

身辺整理わたしのやり方

身辺整理わたしのやり方曾野 綾子 著
税込価格: 1,080円
出版 : 興陽館
ISBN : 978-4-87723-222-1
発行年月 : 2017/12/11
利用対象 : 一般

ものとの別れを深く心にかけない、家に余計なものは置かない、靴は10年に1度買う、年賀状を出さない、健康診断は受けない…。これまでの作品から、人生の後始末との向き合い方を綴った文章を集成する。【「TRC MARC」の商品解説】

書き下ろしではなく、様々な著作や折々の講演での言葉を、テーマごとに集めたもの。

第一章 ものは必要な量だけあることが美しい
第二章 身辺を整理して軽やかに暮らす
第三章 服は持たない
第四章 人間関係の店仕舞いをする
第五章 食べ物は使い切り食器は使い込む
第六章 家族を介護し、始末する
第七章 お金はきれいに使い尽くす
第八章 人はそれぞれの病気と付き合い生きる
第九章 死ぬときは野垂れ死にを覚悟する
第十章 人生の優先順位を決める

内容にしても、これといって目新しいものではない。
また、寄せ集めだから敬体と常体が混じり合って、少々読みづらい感もある。


雑誌「婦人画報」(だったと思う)に、夫君三浦朱門氏とお二人で、長くエッセイを連載しておられた。
夫君が亡くなった前後のことを、著者がお一人で3回ほど書いておられたか。

そのことがあって、読んでみようと思ったのだった。


目新しくはないと書いたが、どれも自分にも当てはまることで、うなずける部分は多い。
潔くなりたいと、つくづく思う。


身辺整理わたしのやり方
2017年12月15日初版第1刷発行
2018年3月20日第6刷発行


| | コメント (0)

2018.06.11

内田康夫【杜の都殺人事件】

杜の都殺人事件

杜の都殺人事件内田 康夫 著
税込価格: 518円
出版 : 角川書店
ISBN : 4-04-160709-4
発行年月 : 1988.10
利用対象 : 一般

青葉繁る杜の都、仙台。妻と一緒に写っていた謎の男の死に、妻の過去に疑問を持つ夫。父の事故死に不審を抱く美人カメラマン池野真理子。二つの事件が一つに重なった時…。トラベルミステリーの傑作。

未読だった。
いや、紙本では読んでいるのだが、Kindleは買ってなかった。
昨年青葉城址に行ったことでもあり、これは読まなきゃ。


清水という青年(?)社長が、自社へ面接に来た女性を気に入って結婚する。
ところが、新婚旅行中に一人で青葉城址を訪れた彼が見たのは、妻と別の男が写っている、写真屋が立てている看板の一枚だった。

ところがそれは写真屋の父親が写したもので、写真屋である女性もまた写っている男性の方を探していた。
彼女の高校時代の同級生が探偵役になって謎を解いていく趣向。

浅見光彦は、登場しない。

途中、建設会社や販売会社の不正融資と手抜き工事が絡んだりするが、色々盛り込まれすぎの印象もある。
後によく出てくる、社会的な事件などの背景はない。


この青年探偵が、楽しかった。
また、清水と妻のこれからに希望がありそうなので、ホッとする。


紙本の初版は昭和63年10月10日で、手元の本は平成5年9月10日の二十三版。
とにかく、字の小さいこと。


杜の都殺人事件
Kindle版価格:480円


| | コメント (0)

2018.06.09

米澤穂信【ふたりの距離の概算】

ふたりの距離の概算

ふたりの距離の概算米澤 穂信 著
税込価格: 596円
出版 : 角川書店
ISBN : 978-4-04-100325-1
発行年月 : 2012/06/20
利用対象 : 一般

2年生となった奉太郎たちの古典部に仮入部した新入生・大日向友子。だが彼女は、突然部を辞めてしまう。奉太郎は、入部締め切り日のマラソン大会を走りながら、心変わりの真相を推理する! 【「TRC MARC」の商品解説】

20kmのコースを走りながら、それ以前のことを思い出しつつ、大日向が辞めた原因を探り出すという趣向。
それぞれ思い出した時点で章立てされており、その章ごとに小さな謎解きがある。

2年生になって、福部里志と伊原摩耶花は交際を始めたようだ。また折木奉太郎と千反田えるの仲も、前作の最後で少し縮まったような気もするが……。


終章前の【ふたりの距離の概算】で、ほぼ謎は解けたものの、実際の解決には結びつかない。

それにしても、千反田というのは、本当に純なんだなぁ。
「内面夜叉」ではない、本当の「菩薩さま」だと思う。


関連記事
【遠まわりする雛】(18.04.11)


ふたりの距離の概算
Kindle版価格:525円


| | コメント (0)

2018.06.08

カラテカ矢部さん「大家さんのことをもっと知りたい」

20170608_101310

カラテカ矢部さん「大家さんのことをもっと知りたい」

【大家さんと僕】(18.01.05)の著者カラチカさんが、第22回手塚治虫文化賞で短編賞を受賞なさった。

リンク先は、手塚治虫の長女手塚るみ子さんとの対談。


画像は、去年の今日。
病院へ行ったら、即再入院になったのだった。


| | コメント (0)

2018.06.04

中山七里【恩讐の鎮魂曲】

恩讐の鎮魂曲

恩讐の鎮魂曲中山 七里 著
税込価格: 788円
出版 : 講談社
ISBN : 978-4-06-293836-5
発行年月 : 2018/04/13
利用対象 : 一般

韓国船の沈没事故で、女性から救命胴衣を奪った男性が裁判で無罪となった。一方、恩師・稲見が殺人容疑で逮捕されたため、御子柴は弁護人に名乗り出る。「贖罪の奏鳴曲(ソナタ)」シリーズ。【「TRC MARC」の商品解説】

御子柴の過去が法曹界に知れ渡り、仕事は激減。
そんな中、少年院時代の恩師が殺人犯に。
無理矢理彼の弁護人になった御子柴は、稲見がいた、そして事件の舞台となった老健施設を訪ねる。
御子柴の過去を吹聴していた介護士がおり、そこで出会った人たちは、彼に出会うと異常に怯える。

御子柴が過去に犯した罪とは、実際にあった少年事件のようなのだ。
あの少年がこのように更生したとすれば、稲見の力は非常に大きかったのだろう。

ま、しかし、韓国船の沈没事件といい、老健施設の入居者虐待といい、これらをキッチリと結びつけて伏線を回収していく著者の手腕に脱帽。

あの小笠原夫人でなくても、同じような体験をすれば、復讐のための教唆だってするだろう。


またも、重たい話だった。


恩讐の鎮魂曲
Kindle版価格:788円



| | コメント (0)

2018.06.02

【[図解]トヨタの片づけ】

[図解]トヨタの片づけ

[図解]トヨタの片づけOJTソリューションズ 著
税込価格:1,008円
出版 : KADOKAWA
ISBN : 978-4-04-600049-1
発行年月 : 2013/11/13
利用対象 : 一般

オフィス、デスク、PC、棚…。ムダを減らす「整理術」から、仕事を効率化させる「整頓術」、片づけが「習慣化」する方法まで、トヨタが長い年月をかけて築き上げた「片づけ」メソッドをオールカラーで図解。【「TRC MARC」の商品解説】


香村薫【トヨタ式おうち片づけ】(18.05.29)の著者は、元トヨタの関連会社にいた方だ。
この本の元になった「トヨタの片づけ」に興味を抱いて、(しかし安直に)本書も読んでみた。

ムックだから、ビジュアルで判りやすい。
ビジネス用だが、色々参考になる。


[図解]トヨタの片づけ
2013年11月10日第1刷発行
2017年11月15日第14刷発行


| | コメント (0)

2018.06.01

5月の読書メーター

20180530_145614

5月の読書メーター
読んだ本の数:11
読んだページ数:3358
ナイス数:110

トヨタ式おうち片づけ -5つの「しくみ」でみるみる片づく! -トヨタ式おうち片づけ -5つの「しくみ」でみるみる片づく! -感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2018/05/post-a580.html
読了日:05月29日 著者:香村薫
私の愛した悪党 (講談社文庫)私の愛した悪党 (講談社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2018/05/post-5ed2.html
読了日:05月28日 著者:多岐川 恭
冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2018/05/post-5ba1.html
読了日:05月24日 著者:辻村 深月
ホテル・コンシェルジュ (文春文庫 か 48-4)ホテル・コンシェルジュ (文春文庫 か 48-4)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2018/05/post-8005.html
読了日:05月21日 著者:門井 慶喜
冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2018/05/post-05f0.html
読了日:05月19日 著者:辻村 深月
SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2018/05/post-1304.html
読了日:05月14日 著者:ゆうこす
できる男は超少食―空腹こそ活力の源 !できる男は超少食―空腹こそ活力の源 !感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2018/05/post-e7fc.html
読了日:05月12日 著者:船瀬 俊介
手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2018/05/post-1809-1.html
読了日:05月10日 著者:ミニマリストしぶ
プロ野球と鉄道: 新幹線開業で大きく変わったプロ野球 (交通新聞社新書)プロ野球と鉄道: 新幹線開業で大きく変わったプロ野球 (交通新聞社新書)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2018/05/post-a991-1.html
読了日:05月08日 著者:田中 正恭
メグレ警視の事件簿 〈2〉 (偕成社文庫)メグレ警視の事件簿 〈2〉 (偕成社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2018/05/post-e851.html
読了日:05月07日 著者:ジョルジュ シムノン
よつばと!(14) (電撃コミックス)よつばと!(14) (電撃コミックス)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2018/05/post-ad89.html
読了日:05月03日 著者:あずま きよひこ

読書メーター


| | コメント (0)

より以前の記事一覧