2021.02.28

【よつばと!】新刊と、2月の検索語

Yotuba

【よつばと!】の15巻目が発売された。
予約の方は下のチビさんへのプレゼントとして、自分の分は発売日に購入。
届くのが楽しみだ。

 

 

近藤史恵【昨日の海と彼女の記憶】(18.11.23)
松本清張【地方紙を買う女】(18.04.26)
松本清張【球形の荒野 下】(06.02.02)

ドラマ【吾輩は主婦である】(17.09.12)

◆有栖川有栖【モロッコ水晶の謎】(08.04.07)
森村誠一【海の斜光】(09.12.24)

ケータイを買う(05.04.08)

バーコード(09.10.07)

古田敦也ブログ更新(05.01.18)

 

春を感じる花と、1月の検索語

 

| | コメント (0)

2021.02.27

【地図で読む松本清張】

Seicho

著者:松本清張
価格:1,980円
カテゴリ:一般
発売日:2020/12/23
出版社: 帝国書院
利用対象:一般
ISBN:978-4-8071-6538-4

「ゼロの焦点」「砂の器」「点と線」「球形の荒野」…。松本清張作品のあらすじ、登場人物などとともに、舞台となった土地の昭和30年代当時の地図・風景を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

これは紙本で。

分冊になっているKindle版は、それぞれ順に購入して(そちらで読んで)いく予定。

【ゼロの焦点】の断崖、【砂の器】の行脚、そしてやはり【点と線】の北九州。
どれも読んだ当時が思い出されて、なつかしい。

意外と関西が少ない印象。
その中で【球形の荒野】は、ドラマの森雅之や島田陽子の印象とともに、奈良の各地が出てきて好きな作品だ。

 

| | コメント (0)

2021.02.23

今野敏 他【矜持】

Photo_20210222112301

著者:今野敏・佐々木譲・黒川博行・安東能明・逢坂剛・大沢在昌
編者:西上心太
価格:858円
テゴリ:一般
発売日:2021/01/12
出版社: PHP研究所
レーベル: PHP文芸文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-569-90100-8

確固たる信念で事件に挑む警察官の姿を描いた全6篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】より

警察小説を書いたらいずれ劣らぬ著者たちの短編集。

今野敏【熾火】では、お巡りさんから刑事になった若者の一途さが描かれる。

一緒に組んだ教育係の「いい刑事になれる」という言葉には実感がある。

 

次の佐々木譲【遺恨】は、かなりグロいシーンから始まる。

中国から来た技術研修生の話もからませ、幼い頃からの「遺恨」が招いた惨劇を描く。

ここに出てくる川久保という刑事は、道警のスキャンダルのあおりを食って、腕利きでありながら地方へ飛ばされている。

 

【帰り道は遠かった】は、黒川博行著。

軽妙な大阪弁が楽しい。
がんばって事件の核心を見つけ出した「黒マメコンビ」と呼ばれるデコボコ二人組だったが、意気揚々と署へ帰ると、すでにその手配がされていた。
笑える。これも「矜持」??

 

つづいて、安東能明【死の初速】。初めての作家さん。

マンションで飛び降りた男性。
家族は再婚の妻と、その連れ子。彼は継父になついていない。
事件当時も妻はパートからの帰途で、息子は父と一緒に食事をせず、隣室でゲームをしていた。


明らかに自殺なのだが、「第Ⅱ捜査官」の異名を取る神村は納得しない。周辺を色々調べていく。
途中で話の方向性が見えてきて、辛くなる。いい終わり方をしてほしいと願ったのだが……。

この神村ものは三冊出ているようだ。読んでみよう。
そのシリーズ中に、この【死の初速】も入っているようだ。

 

続いては逢坂剛の【悩み多き人生】

これまた「御茶ノ水警察署シリーズ」と呼ばれているものの一作らしい。
小学校の同級生同士が、同じ署に配属されている。もっとも、上司と部下という関係になっているが。

これもまた、笑わせられる一作。

 

最後は大御所、大沢在昌の【水仙】。

登場人物は、鮫島とある。
え?あの【新宿鮫】の鮫島?しかし「生活安全課」勤務?(【新宿鮫】は一冊くらいしか読んでいないが)

その謎(?)はやがて解けるが、色々あったらしい。

「水仙」というのは、ここに登場する女性のあだ名だというが、もっとスゴい名前だった。

 

シリーズものの中の一篇が多く、他のものも読みたくなってしまった。
「危険」な本であった。

 

| | コメント (0)

2021.02.21

今井むつみ【英語独習法】

Photo_20210107160801

著者:今井むつみ
価格:968円
カテゴリ:一般
発売日:2020/12/21
出版社: 岩波書店
レーベル: 岩波新書 新赤版
利用対象:一般
ISBN:978-4-00-431860-6


英語の達人をめざすなら高い語彙力が不可欠だ。オンラインツールを利用した合理的な実践的勉強法を紹介。【本の内容】

学習法の見直しを推奨。

インプットよりアウトプットの重要性を強調。

どれも納得だが、どんなことでも実践を伴わないと単に「絵に描いた餅」になってしまう。

 

| | コメント (0)

2021.02.19

みしぇる【1日1つ、手放すだけ。好きなモノとスッキリ暮らす】

41b1ss6j88l著者:みしぇる
価格:1,078円
カテゴリ:一般
発売日:2020/04/17
出版社: マイナビ出版
利用対象:一般
ISBN:978-4-8399-7278-3

モノを買うのが大好きでも大丈夫。「1日1捨て」で快適に暮らせます。片付け&モノをためないようにするアイデアを、人気ブロガー・みしぇるさんが紹介します。【「TRC MARC」の商品解説】

なんとなく感じのいい表紙だったので(unlimitedでもあるし)ダウンロードしてみた。

実家が禅宗のお寺ということで、時折挟まれる仏語が心地よい。

この方が片づけ嫌いだったとは思えない、今の家。

こういう本によくあるのだが、結果だけが示されていることが多く、肝心の方法はかなり具体的に見えて抽象的。

著者ご本人の「一日一捨て」の写真はいいが、友だちのものや、まるで関係ない人の「一日一捨て」の写真を数多く載せてあるのは、ページ数だけ増えてあまり感心したことでない。

せっかくのunlimitedであったが、中にいいなぁと思う道具があったりして、とんだ散財になってしまった。

 

| | コメント (0)

2021.02.17

やましたひでこ【見てわかる、断捨離 決定版】

Photo_20210215103701

著者:やましたひでこ
価格:998円
カテゴリ:一般
発売日:2017/09/29
出版社: マガジンハウス
レーベル: マガジンハウスムック
利用対象:一般
ISBN:978-4-8387-5234-8

 

もうすぐunlimitedの期限が過ぎるので(一旦キャンセルするから)、急いで読んで(見て?)みた。

図解なので解りやすい。

プロローグのようなマンガは、「ゴッチャリさん」と「スッキリさん」というかなり極端な対比をしている。

冒頭には、スッキリした部屋でフルートを吹く女性の例が。
ここは「汚部屋」だったのが、著者のアドバイスでたった1週間でスッキリさせたという。

そのあと、「ホントの断捨離」ということで「7つのステップ」を披露。

その7つのステップだが、
1.現状認識
2.自己否定をやめる
3.そもそもどう暮らしたいか
4.着手の仕方を見極める
5.そしてようやく「断捨離実践」へ
6.ここで初めて「整理・収納」の段階
7.さらなる「離」の境地へと

著者の指導を受けつつ、みるみるキレイになっていく部屋。

そのあとはキッチン・玄関からはじめて「要・不要」を見極めるいつもの手順。

そして著者のキッチン拝見。
転居なさる前の家だと見えて、いつもの「引き出し」が披露されていた。

 

| | コメント (0)

2021.02.15

アガサ・クリスティ【物言えぬ証人】

Photo_20210210095701

著者:アガサ・クリスティ
価格:1,034円
カテゴリ:一般
発行年月:2003.12
出版社: 早川書房
レーベル: クリスティー文庫
利用対象:一般
ISBN:4-15-130014-7

 

ポアロは巨額の財産をもつ老婦人から命の危険を訴える手紙を受け取った。が、それは一介の付き添い婦に財産を残すという問題のある遺言状を残して彼女が死んだ二カ月後のことだった。

この「証人」である犬のボブがもっと事件に近いところに居るかと思っていたのは外れた。
しかしある意味、「濡れ衣」を着せられた「えん罪事件」でもある。

亡くなった老婦人とその友人が、古き良き時代を代表しているようで面白い。

それにしても、ポワロは嘘がうまい。

 

ミスリードらしきものもいくつか見られるが、かなり納得のいく結末だった。

さてこれが、ドラマではどう表現されているか?

 

| | コメント (0)

2021.02.13

下重暁子【明日死んでもいいための44のレッスン】

44

著者:下重暁子
価格:924円
カテゴリ:一般
発売日:2021/01/27
出版社: 幻冬舎
レーベル: 幻冬舎新書
利用対象:一般
ISBN:978-4-344-98610-7

自らの死について考えることは、よりよく生きることにつながる。思い残すことなく旅立つための44のレッスンを披露する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者は近頃、知人の死に会うことが多くなってきたと仰る。

それもあって、自分の「死」について考え、その時を冷静に見つめることが出来るようにと考えるようになられた。

著者に限らず、いつ「その時」が来るかもしれない。

その時に備えておくことは、悪いことではない。

どうも、いつも後手後手に回りがちな自分にとって、必要なことのように思える。

「パートⅠ」では、「死」についての心構えのようなことが書かれており、「パートⅡ」では「44のレッスン」が具体的に示されている。
一つずつ、検討して実践していこう!

 

| | コメント (0)

2021.02.11

ドミニック・ローホー【シンプルリスト】

Photo_20210210202001

著者:ドミニック・ローホー
価格:693円
カテゴリ:一般
発売日:2015/11/20
出版社: 講談社
レーベル: 講談社+α文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-06-281623-6

リストに簡潔に具体的に書きだすだけで、確かな幸せに手が届きます。いらないものを見極め、質の高い自分に出会える「シンプルリスト」の書き方を紹介。「シンプルに生きる」の実践編。【「TRC MARC」の商品解説】

著者の色々な本に書かれていることを実践するための本。

「リスト」とあるから書き込みスタイルかと思ったが、そうではなかっった。

自分に合わせて、リストを作っていく。

しかしまだ充分理解していないせいで、リスト作りはうまくいってない。

著者も少しずつ充実させていけばいいようなことを仰っているので、それでよしとする。

 

| | コメント (0)

2021.02.07

重松清【カレーライス】

Photo_20210127094601

著者:重松清
価格:649円
カテゴリ:一般
発売日:2020/06/24
出版社: 新潮社
レーベル: 新潮文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-10-134939-8

給食の味が、放課後の空気が、先生や友だちの声がよみがえる−。【「TRC MARC」の商品解説】

と解説文にあるが、それは時に辛い思い出かもしれない。

9つの短編それぞれに、屈託を抱えた小学生たちの物語。

表題作【カレーライス】は、父と和解し得ないまま日が過ぎるが、その父の作るカレーライスから糸口がほどけていく。

次の【千代に八千代に】と【ドロップスは神さまの味】は、ちょっと長めの短編。

【千代に八千代に】では、曾祖母とその幼なじみの関係を、自分と友人になぞらえる話。
はっきりと態度を示せない「わたし」は、曾祖母に言われっぱなしの八千代さんと自分を引き比べるが……。
「友だち」って、なんなのだろう?

【ドロップスは神さまの味】では、子どもたちから怖がられている養護教諭の本当のやさしさが伝わってくる。
それにしても、教師はもっとしっかりしてくれなきゃ。
難病を抱えた保健室登校での「お友だち」がかわいい。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧