2021.09.21

深町秋生【探偵は女手ひとつ】

Photo_20210912082101

著者:深町秋生
価格:682円
カテゴリ:一般
発売日:2019/01/10
出版社: 光文社
レーベル: 光文社文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-334-77783-8

まったく新しいタイプのヒロインが胸のすく活躍を見せる連作ミステリー!

元警官の椎名留美は、同僚と結婚して退職したが、その夫が殉死して残された娘とともに暮らしている。
探偵社を起業したが、仕事は本来の探偵だけでなく、むしろ「新規オープン店で代理で並んだり、農家の作業を手伝ったりしている。

全体に事件はかなり辛い話が多いが、それを山形弁が補っている。耳で聞いたのなら理解できないことがあるかもしれないが、文字で読むと楽しい。

【紅い宝石】

 紅い宝石とは、サクランボのこと
元上司の警察署長から依頼を受けたのは、サクランボ泥棒容疑者の見張り。
東根市というのは実際にもサクランボ農家がおおいところらしい。季節になると「サクランボ泥棒」の話題があるので、多分有名なところなのだろう。

【昏い追跡】

万引きをした女生徒が自殺した。きつく叱りすぎたからではと、廻りの目は冷たい。
だが女生徒が現場で持っていたのはガラケーで、自殺したとき家にはスマホが残されていた。

違和感を抱いた留美は、その先を追求する。

【白い崩壊】

条件がよいのでうっかり訪ねた場所は、いまはカタギだという企業。刑事時代に相対したことのある「社長」の依頼は、行方不明になった従業員(若い女性)の捜索。
断るつもりだったが、彼女たちのことを思って助けに行く。

短編集だが、一つ読んだからハイ次ぎ、とはならない。一つ前の【昏い追跡】も【白い崩壊】も、ずしっと重たいから。

【蒼い育成】

「育成」とはそういう意味だったのかと、終盤近くなって知る。

冬の便利屋は、ひたすら雪下ろし。体力勝負だ。

その中で吝嗇な依頼主から頼まれたのは、彼女の店子を調べること。

思いがけない結果が待っていたが、そのケチなおばさんにも純情なところがあったのだった。

【黒い夜会】

今回は留美の「時折相棒」逸平ちゃんがターゲット。彼の妻に頼まれた浮気調査だ。

しかし彼のやさしさが伝わってきたし、無事友人を救えて、今回はいい話だった。
もっとも途中は随分と怖い話もあったが。

【苦い制裁】

ストーカーに付け狙われていると依頼してきた男。

だが実際は……。

けなげに生きている姉妹の話で、一番ほのぼのしたかな。
留美も、彼女たちからは依頼料を取らなかった。

こういうくずな男は、しっかりと「制裁」されるべきだ。

初めての作家さん。女性らしからぬハードボイルドな作品が多いようだ。
しかも、警察官であっても合法とは言い難い手法を使うような主人公も多い。

本書も結構危ないやり方があった。

 

| | コメント (0)

2021.09.19

仁木悦子【陽の翳る街】

Photo_20210905214901

著者:仁木悦子
価格:660円
カテゴリ:一般
販売開始日:2019/03/08
出版社: 講談社
レーベル: 講談社文庫
ISBN:978-4-06-183313-5

パン・菓子屋の娘・青瀬悠子、推理小説研究に熱中している大学生・高城寺拓、女性雑誌フリーライターの有明留美子、書店の独身店主・数々谷浩平。推理小説研究会・モザイクの会の4人は春の夜、どんぐり坂で殺人事件に遭遇した! そして、なんとその被害者は、記憶喪失にかかっていることがわかり……。さわやかで、面白さ満載のミステリー。

 

【花の散る街】【翳のさす街】【夢を売る街】【雨の降る街】【陽の沈む街】【風の荒れる街】【愛の灯る街】

いずれも「街」のつく語で終わっている章タイトルを観て短編集かと思ったが、違った。

被害者は、戦争中以前の記憶を失っているという、ちょっと変わった経歴の持ち主。
書店店主浩平は、自分の故郷で幼い頃隣に住んでいた人と間違えて声を掛けたことがあった。

ところが、その元隣人も働いている先の一家の殺人事件に巻き込まれたあと、突然姿を消していた。

この辺りから、話は断然面白くなる。

登場人物が多く、しかも同一人物で違う名前になっていたり、これが日本の話だからいいものの、外国人だったらメモなしではこんがらがってしまう。

途中、仲間の一人の不可思議な行動があったりしていたが、最後はうまくオチがついてよかった。

こうした商店街も、今は殆ど見かけないなぁ。

 

「モザイクの会」の一人拓は、【青い香炉】で仁木雄太郎と同じ宿に泊まった大学生だということを、あとで知った。最初はヘラヘラした若者かと思っていたが、気遣いのある心優しい青年だった。

 

| | コメント (0)

2021.09.17

篠宮あすか【あやかし屋台なごみ亭 : 1 金曜の夜は不思議な宴】

1_20210904130701

著者:篠宮あすか
価格:528円
カテゴリ:一般
販売開始日:2017/03/29
出版社: 双葉社
レーベル: 双葉文庫
ISBN:978-4-575-51948-8

成人式の翌朝、二日酔いで目覚めた浩平の部屋には、見知らぬ男性・コンがいた。戸惑いながらも、浩平はコンに連れられて中洲の屋台、なごみ亭に行く。店主のなごみと、実は神使の見習いのお狐さんだというコンの働くその屋台は、訳ありのお客とあやかしが集まる、ちょっと変わったお店だった。

どこかで見たことのあるような設定。同様の本は多いのか?

「あやかし」ものは、そんなに好きではない。

最初はあまり乗れなかったが、次第に面白くなってきた。

博多名物「屋台」が舞台だが、この屋台は金曜日にしか開店せず、しかも積極的に客を呼び込んでいるわけではない。

味覚障害になやむ浩平はこの屋台「なごみ亭」で働く内、しだいにその魅力にはまっていく。

店主のなごみは、金曜日だけこの屋台を置き、他の日は違う仕事をしているようだ。といっても料理関係のようで、料理の腕はよい。

最初に浩平を屋台へ連れて行ったのは、狐の「コン」。

 

次は猫又の「ミー」。少女に飼われているが、その最期を知ってしまって、自ら彼女を救う。

 

次は天邪鬼。鬼の子どもだ。

 

最期が、浩平の事情。
母親が看護師だった彼は、母の仕事の関係で一人ご飯が多かった。
頑張って弱音を吐いていなかったことが、結局味覚を感じないという症状になって表れていたのだ。

なごみ亭に通ううち辛みを取り戻すときもあったのだが、完全には治らなかった。

それが、自分を守ってくれていたあやかしとの出会いで、味覚を感じるようになる。

 

それぞれのあやかしはそのままの姿を見せたり、人間の姿を借りていたり。

主を救った猫の「ミー」が哀れだった。
いや、本人(本猫?)は満足だっただろうが。

 

| | コメント (0)

2021.09.15

土井善晴【学びのきほん くらしのための料理学】

Photo_20210904145101

著者:土井善晴
価格:737円
カテゴリ:一般
発売日:2021/03/25
出版社: NHK出版
利用対象:一般
ISBN:978-4-14-407267-3

「伝統の料理と進化する料理」「日本と西洋の食文化」「プロの料理と家庭料理」などの対立するテーマを比較し、それぞれの意味や目的、またその交わりから生まれた「料理の概念」について考察する。【「TRC MARC」の商品解説】

 

著者の【一汁一菜という考え方】に救われた人は多いと思う。

料理が「苦」になると、せっかくの気持ちが台無しになる。
そうではなく、普段の料理はもっと気楽に作ろうと仰って頂くと、気持ちがスッとする。

 

日本人の暮らしの中にあった「ハレ」と「ケ」の境目が、だんだんはっきりしなくなっている。

普段の暮らしにもご馳走があり、正月だからといって、お節は一応用意しても、晴れ着を着るひとも減った。
むしろ個々人の祝い事の方が大切になってきたような。

著者は「ハレ」と「ケ」の中間というか、「ケハレ」という言葉を使っていらっしゃった。

 

時折読みかえして、気持ちを新たにしたい。

 

| | コメント (0)

鮎川哲也【宛先不明~鬼貫警部事件簿~】

Photo_20210908064901

著者:鮎川哲也
価格:605円
カテゴリ:一般
販売開始日:2013/12/13
出版社: 光文社
レーベル: 光文社文庫
ISBN:978-4-334-74812-8

秋田市内の公園で男性の絞殺死体が発見された。被害者は東京の印刷会社勤務のサラリーマン。東北旅行の最中、何者かに電話で呼び出され殺害されたと判明した。捜査線上に浮かんだ容疑者には、しかし、鉄壁のアリバイがあった。

 

短大の同窓生である主婦二人の会話から始まるが、それはいつの間にか飛んでしまい、途中からはもっぱらアリバイ崩しになる。

容疑者が気の毒なだけに、この人が真犯人ではないという結末を期待していたのだが、そうではなかった。

容疑者の用意した「鉄壁のアリバイ」というのを崩していく鬼貫警部に焦点があたっていく。

それにしてもこのタイトル。
タイトル付けに悩んでいた著者に、おつれあいのひと言で決まったとか。
まさに正鵠を射ている。

カバーの、タイトルと郵便ポスト。これが大きな伏線である。

 

| | コメント (0)

2021.09.13

服部まゆみ【この闇と光】

Photo_20210904151401

著者:服部まゆみ
価格:616円
カテゴリ:一般
発売日:2014/11/22
出版社: KADOKAWA
レーベル: 角川文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-04-102381-5

森の奥に囚われた盲目の王女・レイアは、父王の愛と美しいドレスや花、物語に囲まれて育てられた…はずだった。ある日そのすべてが奪われ、混乱の中で明らかになったのは恐るべき事実で―。

 

父親と他国の女が同一人物だというのは、何となく判った。

しかし「この国」が日本で、話しているのは日本語。階下にいる兵士たちのことが英語のことだったとは。

最後に元の家に戻され、彼女は彼だったことが判明する。

森の奥の家というのも、実際に存在していた。彼女が楽しんだ庭もある。

これらすべてが実際の場所ともリンクする。

幻想的というか、だまされた(だろうと言われた)気もするが。実際にはそれほど意外ではないというのが本音のところだ。

 

| | コメント (0)

2021.09.11

遠藤拓郎【朝5時半起きの習慣で、人生はうまくいく! 】

5_20210905222201

著者:遠藤拓郎
価格:1,320円
カテゴリ:一般
発行年月:2010.4
出版社: フォレスト出版
利用対象:一般
ISBN:978-4-89451-392-1

●ハーバード大学も注目!「医学的根拠」に基づく、睡眠シリーズ最新刊!

睡眠の医学的根拠に基づいた「朝5時半起き」なら、体に無理なくプライベートな時間を作り出すことができる。いいことずくめの「朝型生活の習慣の作り方」を、睡眠学の世界的権威がわかりやすく解説。【「TRC MARC」の商品解説】

 

人間の体内時計は25時間だから、起床後朝の太陽の光で24時間にリセットされるとは、よく聞く話だ。

一時不眠に悩まされて、夜中何時になっても眠れなかった。当然次の日は頭がボーッとして、仕事も捗らない。
医者から処方された入眠剤も効かない。
その内「テアニン」というサプリで、睡眠障害は改善されたようだが。

朝に弱い。早起きが出来ない。
その代わり、夜中は平気でパソコンを触っている。

何とか早起きが出来ないものかと、本書を手に取った。
一時期早起きできていたこともあったのだが(あの時は何という本を読んだのだっけ?)、いつの間にか元通りになっていた。

本書を読んで何とか早起きに挑戦してみようと思うが、時期はあまりよくない。
「朝5時半起き」とは、日の出を意識した説だ。

昨年入院中は、ブラインドを少し開けておいて日の出が判るようにしていた。
5時前には目を覚まし、6時になると部屋のドアを開けていた。
パソコンも21時頃には閉じ、そのあとはラジオを聞いたりしながら22時頃には就寝していた。

帰宅すると家事もあり、やはり就寝は遅くなる。

本書の言わんとすることはよく判るが、一つ気になることがあった。
著者の前作でも述べておられるようだが、著者は短眠(睡眠時間4時間半)を推進しておられる。
しかし、週5回は4時間半でも、土日のどちらかは7時間半と6時間睡眠を推奨。
ということは、本当は4時間半では足りないのではないのだろうか?

本書を読み終わった頃は雨の日が多く、朝はどんよりと暗くて太陽光は望めなかった。
これから日に日に日没が早くなる。

果たして、早起きが出来るようになるだろうか!

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021.09.09

島田荘司【最後のディナー】

Photo_20210830135301

著者:島田荘司
価格:612円
カテゴリ:一般
販売開始日:2014/09/26
出版社: 文藝春秋
レーベル: 文春文庫
ISBN:978-4-16-748009-7

ミステリー作家の石岡は女子大生の里美に誘われて英会話学校に通い始めた。ふたりはそこで知り合った孤独な老人・大田原と親交を深めるが……。表題作など全3篇。

【里見上京】

東京の話かと思ったら、舞台は横浜だった。

「僕」というのは推理作家石岡のことで、里見は広島の大学から横浜の女子大に編入してきた。
二人は過去の事件で知り合っている。

 

【大根奇聞】

これはオリジナルではなく民話から取ったと、解説にあった。

この話「マンガ日本昔話」で見た覚えがある。最後の、雪が辺りを覆い隠す場面がよかったなぁ。

 

そして、【最後のディナー】。

コミュ力に欠ける石岡が、なんと里見に誘われて英会話スクールに通い始める。
英語が苦手な石岡は里見と同じクラスには入れず、一番下から始めることになる。

そのクラスに、クリスチャンの大田原という初老の男性がいた。
彼もクラスのみんなとは打ち解けていなかったが、ちょっとしたきっかけで石岡と話すようになる。
やがて里見も交えて3人、クラスが終わってからお茶を飲む日が多くなった。

大田原はふしぎな人物で、過去のことを語ろうとはしない。
だが貧しいその家には、マイセンの紅茶カップがあった。

その彼が石岡と里見に、ランドマークへ連れて行って欲しいとせがみ、夕食に招待する。
彼が手元不如意だと思っていた石岡は、この誘いを訝るのだが……。

 

その「最後のディナー」はご馳走で、彼は自分のことを初めて話す。
そしてマイセンの紅茶カップを二人にプレゼントする。

大田原は、死ぬつもりだったのだ。

この【最後のディナー】については、著者自身が背景について記述している。

それによると、大田原のモデルは早川雪洲の息子だというのだ。

 

今回御手洗は海外にいて、石岡のFAXによる相談に電話で回答するという、海を越えた安楽椅子探偵だった。

 

 

「御手洗ものは順番に読むべし」というアドバイスもあるが、そんなに関わり合っていられない。
上記二人が巻き込まれた事件の【龍臥亭事件】というのは上下もので、大変長編のようだ。

ま、気の向くままに他の本の合間に読破していくことにする。

 

| | コメント (0)

2021.09.07

小湊悠貴【ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人4】

Photo_20210904120301

著者:小湊悠貴
価格:649円
カテゴリ:一般
発売日:2021/04/20
出版社: 集英社
レーベル: 集英社オレンジ文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-08-680375-5

 

見合いを断ったことを兄に責められ、とっさに「恋人がいる」と噓をついてしまった紗良。すると兄は猫番館に宿泊の予約を入れてきた!? 困った紗良は、要に彼氏のフリを頼むことにす...
横浜山手の洋館ホテルを舞台に、個性豊かなホテル従業員と、束の間の安らぎを求める宿泊客がおりなすハートウォーミングストーリー。

今回は、猫番館で働く人たちのそれぞれの物語を中心にして進んでいく。

冒頭作【思い出はバターの香り】では、沙羅の兄冬馬登場。祖父の意思をしっかり受けつぐつもりの冬馬は、逆らって家を出た沙羅や叔父の誠をやや軽んじている。
その冬馬が婚約解消で見せた相手への心遣いで、意外と優しい面がわかる。

紗良の(偽の)相手の要ともうまくいきそうなのだが、紗良はあっさり嘘だったことを打ち明けてしまう。

【箱入り娘の憂鬱】では、留学していた要の妹が帰国して初登場。彼女は紗良に対抗心を燃やす。

【シンデレラではないけれど】では、ホテルのオーナーであり要の母親の綾乃とその姉の話。

このオーナーは、夫誠一郎と紗良の叔父誠が仲のいいのを、ひそかに妬いている。

プチ家出をしてホテルに泊まった姉と、昔を懐かしんで一緒に過ごす綾乃。
何不自由なく暮らしているが、やはり常に世界中を飛び回っている夫と過ごす日が少ない彼女は、さびしい。

綾乃から連絡を受けた姉の夫と息子が、チェックアウトする姉を迎えてきているのが、姉妹それぞれにそれぞれの幸せについて考えさせてくれる。
日常というのは、そうして流れていくのだろう。

【1/2のメロンパン】では、こわもてのシェフ隼介の物語。

父母が離婚し、母の実家のある長野で育った  。大学生だった兄は父の元に残り、その兄が訪ねてきた時の話から始まる。

部活で腹ぺこだった彼がいつも惹かれているパン屋のそばで、迎えに来た兄と出会う。
兄に誘われ店に入った彼は、たったひとつ残っていたメロンパンを、兄と半分こして食べる。
というのが導入で、成長して料理人になった彼と、以前働いていた兄の店での事件など。

彼にとって今いる猫番館が一番の場所であること。
そこのパン職人である沙羅がやいたメロンパンを、かつて去った兄の店で食べるという終わり方。

長野では「平等に」といいながら自分には大きい方をくれた兄だったが、今回は等分に割ってくれた。
それは兄が、弟をしっかり認めてくれている証だった。

 

紗良と要の関係は、お芝居で「カップル」を演じたことで、少しは距離が縮まったようだ。
最後の要のセリフ【紗良さんに似合う花】は、果たして本心なのか。それとも……。とあるが、まさにその通り。
この分では、続編ありかな?

 

本書は、人と人とが交わることの素晴らしさと難しさを教えてくれる。といった堅苦しいことではなく、サラッと読めて楽しかった。
シリーズものは続けてではなく、こんな風に少し時間をおいて読んだ方が楽しめるかもしれない。

 

 

 

| | コメント (0)

2021.09.06

萩原朔太郎賞に元日経新聞記者

Photo_20210904113101

 

萩原朔太郎賞に元日経新聞記者 過去と決別、農業と詩にかける決意

紹介されている【領分】は、スッキリとした表紙に惹かれる。
装幀も、著者自装とのこと。

この賞を受賞したのは、今後の可能性にかけるという選者たちの話だ。

しかし、高価な本だな。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧