2020.07.04

その後の「kakei+」

20180705-143930

5月半ばに取り入れた「kakei+」だったが、使っている内に色々と手を入れたいところが出てきた。

ところが一度登録した「口座」は、変更は出来ても削除出来ない模様。
それならと、6月一杯試行錯誤しながら使ってみて、7月になって別のアドレスで再登録した。

今度は、自分好みにカスタマイズ出来たと思う。

一番いいのは、引き落としなどを予定の日に入力しても現在に響かないこと。
他の家計簿アプリは、残高が引き落とし後になってしまったりと、スッキリしないものが多かったから。

iPhoneからは、ブラウザ経由での入力になる。これも、使い勝手は悪くない。

これで、紙の家計簿は止めることにしよう。

但し、アプリとは併用していく予定。

 

| | コメント (0)

2020.07.03

訃報

自分にとってとても大切に思っている方が、亡くなられた。
それも、酔っ払い運転のタンクロリーのせいで。

悲しくて、それにもまして悔しい。
許せない!

 

| | コメント (0)

2020.06.28

iPhoneアプリ【接触確認アプリ】

Photo_20200627111101   2_20200627111101

厚生労働省の「接触確認アプリ」を入れてみた。

登録すると、↑の左のような画面が現れる。

金曜・土曜と病院へ行ったので、気になって確認。

一番上の「陽性者との接触を確認する(14日間)」というのをクリックすると、 ↑右 のような画面になる。
ま、それで「やれやれ」となるのだ。

この最初の起動画面だが、使い始めてからではなく、使った日から遡って14日間分を検索(?)してくれるようだ。

出かけた時は、必ずチェックしよう!

 

| | コメント (0)

2020.06.23

iPhoneアプリ【NHK日本語アクセント新辞典】

Nhk

いつの間にか、アプリが出ていた。
しかし高い。5,500円もした。セールがあったらしいのだが、まったく気づいていなかった。

記号の打ち方も、これまでとはまったく違うやり方を取っている。

 

| | コメント (0)

2020.06.19

『ドン・キー』リニューアルオープン!

20140620-113620

今日は「ドンキー」のせいでひどい目に遭った。
当地でドンキーが、リニューアルオープンしたというのだ。

どの道も、渋滞・じゅうたい・ジュータイで、随分と時間をロスした。

「ドン・キホーテ」って、そんなにいいのかなぁ。

 

| | コメント (0)

2020.06.17

切れる年寄り

  20200616-140657

昨日、病院で順番待ちをしている時のこと。

担当医師によっては、大幅に遅れていることがある。
それでも、この病院はどれくらい遅れているのか掲示してくれている。

みんな、(あきらめて?)静かに待っている。

とそこへ、一人の婦人の連れ合いらしきじいさんが現れた。
そして口を極めて「何のための予約じゃ、1時間半も待っとるのだぞ」みたいなことを言い出した。

困るご婦人。

ま、病人も辛いが、それを待っているものも辛い。それに、駐車料金は上がっていくし。

それにしてもよく言われる「年寄りはすぐ切れる」を目の前で見たのだった。

 

| | コメント (0)

2020.06.10

ブログは生存証明

20170612-192136

「ブログは生存証明」だと、ずっと前に書いたような気がする。

いつも拝見しているブログの更新が途絶えた時、「どうなさったのだろう」と気になる。
コメントやメールのやりとりがある場合は、確認することも可能だ。

いつだったか、桜桃さんからメールを頂いたことがある。
その後、(内容はともかく)出来るだけ毎日書くようにしてきた。

アップした内容や画像から、何かを推察することが可能な場合もある。

といったことを、しみじみと感じたことだった。
ありがたい話である。

 

| | コメント (0)

2020.06.04

クラウド家計簿「kakei+」つづき

20120604-181954

使い出してそろそろ半月。

保存期間は5年間とのことで、あとは自分でバックアップを取れと!
それもCSVのようで、入力したものそのままでは無理みたい。

また、年間使用量が、2,640円かかる。 
それなら、いっそ紙版をもう止めるか。

毎年の家計簿はずっと取ってあるが、これらも整理する必要があるし。
保存期間5年を過ぎたら消えていくのも、ある意味いいかもしれない。

「マネーフォワード」有料版も考えたが、以前にも書いたように、手書き家計簿部分がカスタマイズ出来ないみたいだ。
あくまでも、口座管理(自動でしてくれてこれは便利)として使うことにしよう。

 

| | コメント (0)

2020.06.02

ダンボーノート

51ci5yvt47l_ac_

ダンボーとマルマンがコラボで作ったリングノート。

何げなく買ったまま放置していた。

ふと取り出して使ってみたら、これが使いやすい。
縦長ではなく、ダンボーの向きのママ、横置きで使っている。

何に使っているかというと、雑記帳。
上に日付を書いて、ざっと三分割して使う。左端は方眼のマス目を囲って「TODOリスト」に。
その日にすべきことを書き出している。

あとは、その日のメモ書きだとか、忘れてはいけないこととか、ZOOMミーティングの予定メモとか。
「○○のZOOMミーティング」のような場合は、別ページに専用のページを用意することもある。
電話受信時のメモは別に取るので、それを整理したものとか。

とにかく「何を書く」というより、片っ端から書き付けているという感じ。

これまでノートはキチンとという思い込みがあったが、これはまさに「雑記帳」としてピッタリだ。

紙質も書きやすいし、表からめくりながら最後まで行ったら裏返して使える。
80枚、ほぼ160日分(独立したページもあるからもう少し少なめ)書ける。

最初と最後のページはインデックスにしてもいいかも。

 

| | コメント (0)

2020.06.01

関川夏央【寝台急行「昭和」行】つづき

Photo_20200523150101

著者:関川夏央
価格:924円
カテゴリ:一般
発売日:2015/12/20
出版社: 中央公論新社
レーベル: 中公文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-12-206207-8

鶴見線、寝台急行「銀河」、三岐鉄道、只見線、岩泉線…。寝台列車やローカル線、路面電車に揺られて、懐かしい場所、過ぎ去ったあの頃へ。日本の近代化とともにあった鉄路の風景に思いを馳せ、含羞を帯びつつ鉄道趣味を語る。昭和の記憶を辿る、大人の旅行記。

いくつかは、自分にとっても懐かしい列車や風景がある。

「はやぶさ」は、その一つだ。

あとは、昭和を求めた旅とか、「鉄」に関する雑学とか。
著者は特急よりローカル線がお好きで、貫徹とまではいかなくても機会があれば乗りにいってらっしゃる。

そこで頻繁に登場するのが、宮脇俊三の名だ。
これは一つ、宮脇俊三についてもう少し読んでみようかな。

自分の子どもの頃は、特急など縁がなかったし、祖父母の家へ行く時の高山線や越美南線(現長良川鉄道)が好きだった。

 

関連記事

【寝台急行「昭和」行】(20.05,23)

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧