2020.11.24

「折々のことば」2000回 広場やカフェのように

20111126-121016

「折々のことば」2000回 広場やカフェのように 歴史学者・藤原辰史さん×哲学者・鷲田清一さん

この欄で見つけて、【大家さんとぼく】を読んだのだった。

こんな風な思いで毎日綴っていらっしゃるとは、知らなかった。

「ネタ帳」(?)にびっしり書かれた「ことば」。
これに似たことは本を読んでいて時々するが、自分だけの「折々のことば」を作るというのもありかな。

 

9年前の画像だが、はて、ここはどこだろう?同じ日の次の写真は夕食のようだが。

 

| | コメント (0)

2020.11.20

大阪は大丈夫なの?

20161119-101101

ハロウィーンから2週間ちょっと。
危惧された通りの結果になっている。

大阪市内の雑居ビルの居酒屋なんて、以前と同じくらいの混みようだとか。
「GoTOなんとか」効果(?)の出すぎでは?

今週から、当市の発表も、府の方法を取り入れるようになった。
より見にくくなっている。

いつになったら、平常にもどるのだろう?

 

あーあ、紅葉狩りに行きたいなぁ。

 

| | コメント (0)

2020.10.30

カラートリートメント

           Photo_2020102312140161kyqkafarl_ac_sl1323_

いつぞや「ココア」の進化(?)について書いた。
それまで粉が散ったりしていたのが、そういうことがなくなったという内容だったと思う。

この「カラートリートメント」についても、最近同じようなことを思うようになった。

以前は、湿ったままだとタオルに色が付いた。
乾かしておかないと、枕カバーもよごれた。

それが、最近はタオルドライしても殆ど色が付かないのだ。
それだけではなく、ゆすいでいるときも割合早く色水(色のついたお湯?)でなくなる。

外観は変わらないのに、こういうところで企業努力がなされているのかなぁ。

 

| | コメント (0)

2020.10.26

手帳とダイアリー

20111031-142814

毎年この時期になると、決めてはいても手帳やダイアリーが気になる。

ダイアリーは、ここのところずっと、EDITを使っている。
B6変形で、一日一ページ。索引代わりのマンスリーもあって、使いやすい。

書き込む内容は時々(いやしょっちゅう)変わるが、日々のログであることは間違いない。

一時「バレットジャーナル」を取り入れようと、「ロイヒトトゥルム ノート A5」を使ったりしていた。
去年春の入院時には、これを持って行った。

しかし半年ほどで使わなくなった。

平行してモレスキンの手帳も持ち歩き用に使っていたが、浮気心が出て持ち歩きは薄い手帳兼ダイアリーを何種類か使ってみた。

過日、文具王の「アクセスノートブック」が面白そうと、購入。何でも帳のように使い始めたが、なんとなく使いづらい。

 

ふと気づいた。

自分にとって、サイズは非常に重要だと。

去年の「ロイヒトトゥルム ノート 」もA5だったし、「アクセスノートブック」もA5だ。
それが、使いづらいと感じるもっとも大きな要因なのだ。

で、今使い始めたノートについては別記事で。
その前に、ある本に影響を受けているのだが……。

 

| | コメント (0)

2020.10.06

ゆうちょ銀、550万口座の顧客にメールで注意喚起へ

20111004-115012

ゆうちょ銀、550万口座の顧客にメールで注意喚起へ

「注意喚起」のメールというのが届いた。

「mijika」はデビットカードとしては使っているが、送金機能は使ったことがない。

このゆうちょ関係の報道があった頃、入出金を調べてみた。
デビットカードのいいところは、使った時に即出金が判ること。
(しかしmijikaの連絡は他のネット銀行に比べて遅いが)

家計簿(kakei+)はもちろんだが、一応紙のdiaryにも出金は記載しているので、それと対応させて大丈夫そうだとは思っていたが。

オンラインで判るのは便利だが、紙通帳のようにメモ書き出来ないのが不便。
もしかしたら、そういう機能もあるのかな?

 

その後、「mijica WEBの停止について]というメールも届いた。

『mijicaの送金機能を使った不正被害の発生を受け、調査を行っているところですが、mijicaの会員サイト(以下、mijica WEB)に対する不正アクセスを確認いたしました。mijica会員のお客さま情報の不正利用が考えられることから、お客さまの安全を考慮し、本日からmijica WEBを停止いたします。』 ということらしい。

しばらくは、近づかない方が無難かな。

 

| | コメント (0)

2020.10.05

「kakei+」支払い

92

何度か登録し直しをしながら導入を検討していたが、7月からはちゃんと取り組んだ。
3ヶ月間無料期間があって、9月中旬に請求が来た。

これで、来年からはこの家計簿だけを使っていくことになる。

マネーフォワードも削除しよう。
これは口座なども連携しておくと反映されるのだが(kakei+はあくまでも入力あってのもの)、反映が遅すぎるから。

その点、「kakei+」は、いつでもどこでも入力できる。出先でとりあえず項目と金額を入れておいたら、帰宅してから入力補足が出来る。
パソコンを閉じてからも、iPadからでも使える。

もう一つ、iPhonやiPadからの入力がWEB上からだけでなく、「ホーム画面上」に置けるのもポイントが高い。
↑ の画像

 

欠点というか不満なことは、年途中で一度設定したことを変えられないこと。
デフォルトの設定が、結構煩わしいこと。これは「非表示」で対応するしかない。

 

来年は、今年の反省を踏まえて構築し直そう。でも、それが出来るのかな?

 

| | コメント (0)

2020.10.03

「コロナ対策店 応援クーポン券」が来た

20171006-123041

「コロナ対策店 応援クーポン券」というのが、市役所から届いた。
500円券6枚で、3000円分の金券である。

他所の自治体がどういう支援をしているのかは知らないが、それなりにありがたいことではある。

対策店は、近場にも結構あった。

毎年秋になると、店舗で補助券を配って何枚かで金券になるのだったかな?あたり番号で金券を貰えるのだったかな?のキャンペーンのようなことをしているので、それへの参加店中心かなとも思うが、きっとそれよりは広範囲に参加店があるような気もする。

色々制限解除が進んでいるが、むしろ事態は悪くなっているようで、出来るだけ外へ出たくない。

 

| | コメント (0)

2020.09.24

国勢調査提出

20140923-140718

今年は、五年に一度の「国勢調査」の年だ。

いつもの紙での提出と違って、今回はネットからできる。
しかしログインするためには「ID」と「アクセスキー」が要りようで、それは紙の書類にしか記載されていない。
つまり、調査員からもらう必要があるのだ。

「国勢調査について」だったかのチラシが配布されていて、そういったことが書かれていた。

調査員とは直接話をしなくても、インターフォン越しに書類をポストインしてもらうだけで事足りる。
実際は色々説明したがっていたが、「ネットから回答します」ですんだ。

調査票を貰ったのが18日の夕方で、さっそく入力して、送信しておしまい!これが19日のこと。紙の場合提出は10月1日からだが、ネットだともう済んでしまった。

しかしかなり踏み込んだ質問もあり、そこまで必要なのかなと思う。

 

| | コメント (0)

2020.09.21

ラジオ【トーキングウィズ松尾堂】

20170925-131118

Twitterでフォローしている飯間浩明先生がゲスト出演された【トーキングウィズ松尾堂】を聞いた。色々面白いお話が伺えた。

日本語には「ン」で始まる言葉はないが、アフリカなどではあるということ。
「キリマ・ンジャロ」の例が出ていたが、そう言われれば聞いてことがあるような。

最近平板化している言葉のことも出ていた。
「ディレクター」「デザイナー」など。「ドライバー」は、運転手が「中高」だが、工具の方は「平板」。だが、運転手も「平板」になることが多いとか。
ただ、年代によって言い方も違うので、声を出して本を読む場合、そこまで考えるとなかなか難しい。

番組中に【でーれーガールズ】という本の名前が出てきたが、「でーれー」とは岡山弁で「どえらい」といった意味がとか。名古屋弁の「どえれー」と似ているねというところから、岡山弁と名古屋弁は似ているところがあるという話になった。

言葉は京都を中心にして拡がっていき、そのため出雲で東北弁に似たしゃべり方があるというのは、松本清張【砂の器】の重要なポイントだったが、岡山と名古屋というのも、そうした地理関係にあるのかもしれない。

フランスでも同じように言葉がパリから放射状に拡がっていくという話を聞いたとは、【砂の器】の時に書いた。市内の大学であった「市民講座」で伺った話。NHKで大河ドラマの時代考証をなさっていた先生のお話だった。お名前失念。

当日追記

先の先生のお名前は、「堀井令以知」先生だった。
「新村出記念財団」 の理事長をなさっていて、2013年に亡くなられたとのこと。

| | コメント (0)

2020.08.25

ひらパー、コロナ対策

Normal-1

ひらパー、コロナ対策 プールにテントの持ち込みOK

入場者数を制限して営業中とはいえ、マスクをして泳ぐわけにはいかず、当然プールサイドでもマスクなし。


小型テントは、飛沫感染防止とソーシャルディスタンスの効果もあるという。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧