2019.05.24

大阪行き

20190524-095144_1 

一昨日、退院以来初めてバスに乗った。


ノンステップバスなのだが、これがなかなかくせ者なのだ。ステップが一つというのは、普通のバスのステップ二つに比べて、段差がかなりある。まずは昇るのに苦労した。


降りる際も、運転手によっては歩道際に付けてくれるのだが、今回は外れ。しんどかった。

 

大阪へ出てからも、地下鉄の階段に挑戦してみた。登り・降りとも何とか足を交互にして歩いたが、帰宅してからが結構大変だった。

もっと筋力を付ける必要があるということ。

 

今朝リハビリに行って、ご近所の奥さんと出会った。肩近くを三カ所骨折で、昨年入院なさっていたとか。今年に入っても尻餅をついて背骨の圧迫骨折で、今もリハビリ中とか。

これまで、一度も出会わなかったなぁ。
入院中は、リハビリ室に一日三度通っていたのに。

お隣の奥さんも庭で転んで骨折したあと、施設へ入られた。

だんだん、仕舞い支度が目の前に迫ってきた感じ。

 

| | コメント (0)

2019.05.22

「6万円の恩人」に再会

20190520-141513

「6万円の恩人」に再会 連絡先も聞かず帰省代渡す

これ、いい話だな。
三人とも、いい笑顔だ。

NHK朝ドラ、土曜除く週5に 働き方改革で来春から

背景に「働き方改革」があったとは。
「チコちゃん」で、CG担当者が10連休で休めるようにと、ネタを一つ減らしていた。

でも、まだまだ過酷な労働条件で働いている人は多い。
全ての人が、人間らしく生きられるようにと、切に願う。

 

| | コメント (0)

2019.05.16

ずんどこ節 と ゆうパック

20130512-155319

昨日の朝から、ずんどこ節の歌詞が頭の中で鳴っている。

『何とか何とかが何とかならば……』で始まるのだが、肝心のこの部分が出てこない。
『蝶やトンボも鳥の内』と続くので、何か理不尽なことを歌っているようなのだが。

最後は『アイスキャンディでやけどする』という、凡そあり得ないことを持ち出していた。

「きよしのずんどこ節」ではどうなっているのかな?

 

全然関係ない話だが、「ゆうパック」って郵便局員が配達してくれるのではないんだ。いつも配達は夜だし、ご苦労さまなことだと思っていたのだったが。

どこやらでゆうパックを積んだトラックごと運転手が行方不明になっていた。何かを目撃して事件に巻き込まれたのかなと心配していたのだが、何とこの運転手の持ち逃げだった。

郵便局から委託された会社から個人で契約(?)して車を借り、配達していた模様。

キチンと正規に雇わないシステムだから、こうした無責任なことが起きるのでは無いだろうか。

13日に「ゆうパケット」で発送したというメールが来た商品が、まだ届いていない。もしかして、この配送車の中??って、場所は全然違うけど。

 

で、また「ずんどこ節」に戻って。

どうも節回しが元々の「ずんどこ節」とは違うようだ。一種の替え歌だったのかもしれない。

汽車の窓から 手をにぎり 
送ってくれた人よりも 
ホームの陰で 泣いていた 
可愛いあの娘が 忘られぬ 
トコズンドコ ズンドコ 

いや、これは後年聴いた曲だな。

 

| | コメント (0)

2019.05.13

返礼品が届いた

1

先日「ふるさと納税」をした(19.05.08)と書いたが、その返礼品が届いた。

ブレンド米「碧南紳士 坂本くん」である。   
「粘りを抑え、歯応え楽しむ硬派な男米(オトコマイ)ということで、さっそく炊いてみた。

たしかに、あっさり目のお味である。

パッケージの中には、市長のお礼の言葉(これは印刷)とともに、このお米屋さんの「しおり」と、
市役所職員坂本さんのお手紙も入っていた。
「納税」の際、新聞記事が面白かったと書いたことへの反応のようだ。

今まで知らなかった碧南市というところが、ちょっぴり近く感じるようになったのだった。

 

| | コメント (0)

2019.05.10

ティーポットとマグカップ

Photo_29

昨日はやや肌寒かったが、そろそろ麦茶のシーズンが始まる。

いつも冷えた麦茶があるといいなと思い、冷水筒を買おうかと物色する。71rvsjgrvtl_sx522_と、可愛いポットが目に入った。

ついでに、同じ模様のマグカップも。→

 

特に必要というわけではないので、また物を増やしてしまった。

 

画像で見ると同じところに二匹の猫がいるようだが、実際には伸びをしている方は反対側に描かれている。

可愛いでしょ!

 

| | コメント (2)

2019.05.03

ほぼ日手帳を断捨離

20170502-1245231

これまで使ってきた「ほぼ日手帳」を、処分している。

とは言っても「ダイアリー」として使っていたのはごく短期間で、その殆どを電話の「受信簿」としていたのだった。
通話中のメモも書けるしそれなりに便利だったのだが、この電話の「発受記録」そのものを、ロイヒトトゥルムに移行させることにしたのだ。

当時は重要な記録だと思ったものもあったが、すべて済んだことだし、と割り切ることにした。
よほどでなければこれを見直すことはないし、必要なことは別途保存しているから。

 

| | コメント (0)

2019.04.30

入院と、4月の検索語

20150429-125832 

22日まで入院していたので、今月の検索語は少ない。
入院で何が不便かっていうと、モバイルWi-FIの容量が制限を超えること。5回も追加して、5000円もかかってしまった。

WIN10で画面が白黒になってしまった (17.12.27)

瀬尾まいこ【温室デイズ】(07.06.29)
今この記事を読み返しても、切なくなる。

落合恵子【崖っぷちに立つあなたへ】(10.06.22)
本書も、若い人たちに読んでほしい。


地名の読み方(09.10.12)
夏目漱石と新語・造語(09.07.31)
姫路:柊とねこびやか(15.10.26)

今野敏【殺人ライセンス】(15.04.22)
「バスの中、そっと娘を見守って」 母の願いに6人が(18.01.06)
竹山道雄【ビルマの竪琴】(05.02.24)

落花の雪に踏み迷う(06.04.11)
鮎川哲也【黒いトランク】(18.01.27)
田中正恭【プロ野球と鉄道】(18.05.08)

毎日のランチと、3月の検索語(19.03.31)

 

| | コメント (0)

2019.04.28

風邪ひき

20180426-151521

どういうわけか、風邪をひいてしまった。

あの寒くなった日々も、病院ではいつもと同じように快適な環境だった。
それが退院して、やや寒い日への耐久力がなくなっていたのかもしれない。

画像は、去年の今日。もうスズランが咲いていたんだ。

 

| | コメント (0)

2019.04.22

退院しました

20190412-170019

今日、退院してきました。
ここを通して色々ご心配いただいた方、ありがとうございました。

 

 

| | コメント (0)

2019.02.07

ひとりぐらし

20190205_134947

お一人暮らしのお隣の方が入院されたとは聞いたが、わざわざ訪ねて聞きに行くのも憚られていた。

昨日ちょうど帰宅時に郵便受けを覗いている方(末の弟さん)がいらっしゃったので、挨拶を兼ねてその後のことを伺った。
きっかけは、転んだことだとか。

それまで気丈に庭仕事などもなさっていたのが、一気に気弱になられたという。

『転んだらあきまへんで』と、弟さん。
『もうすぐ退院で今リハビリをしていますが、施設へ入れようと思てます』とのこと。


お連れ合いをなくされてから、もう3年ほどになる。
最後まで自宅でというのは、なかなか難しいものなのかなぁ。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧