2018.12.11

バレットジャーナル

1917

またしても、ノート術に惹かれている。
一度やりかけて、挫折したのだったか。あまり面白くなかったのか?

今回は新年間近ということで、またぞろ挑戦してみようかと思っている次第。

手始めに、ノート二冊(A5とA6)と指南本を購入。

さてさて、どうなりますやら。


ものが減るどころか、ますます増殖している気配が……。

でもこのノート、綺麗な色が色々あって、目移りしてしまう。


| | コメント (0)

2018.11.24

冬じたく

Photo_4

急に寒くなった。

インナーを、BSファインのスタンダードなシャツからプレミアムシャツに替えた。
敷きシーツも、暖か仕様のものにした。
それに、ヒーター入りのシーツを重ねる。

だんだん起きるのが辛くなるなぁ。


| | コメント (0)

2018.11.22

街に暮らす耳カットの猫たち

20181119_142552

街に暮らす耳カットの猫たち 愛すべきコミュニティーキャット

左右どちらの耳がカットされているかによって、区別されているのだとか。


最近(というよりもう20年以上)、この近所で猫を見なくなった。
越してきた頃はまだ新しい街で、その内猫をチラホラ見かけるようになった。
4匹兄弟の猫もいた。

我が家のニャムは、娘が中学時代に拾ってきた仔だ。
ちょうどご近所にも「タロウ君」という猫がいて、男の子同士、とても仲良しだった。
その頃は、まだ犬は殆どいなかった。

ニャムが逝ったころから、犬を飼う人が増えてきた。
その内、ネコがいなくなってしまった。

室内飼いネコならいるのかな?


| | コメント (0)

2018.11.21

タイプライター

Photo

「タイプライター」を知らない若い方が多いとか?
自分はタイプライターでタッチタイピングを覚えたので、懐かしい。処分した記憶がないから、まだ二階にあるかもしれない。

芸術鑑賞会で アンダーソンの名曲「タイプライター」が演奏された時 子供達も?? 若手教員も??で(涙)
というTWEETを見つけて、「そうなのかー」と思ったことだった。


↓ は、『2013/11/24 プロムナード・コンサートより
演奏:横浜金沢交響楽団 指揮:立石洋介
横浜市金沢区公会堂にて』
の演奏

オーケストラに交じって、実際のタイプライターが使われている。
楽しい!


上記Twitterの話題では、「フィルムは液晶に貼るもの」という認識で、学校の授業で「フィルムケース」を持ってきてというのが無理だとか、
「ワープロ」はソフトではなく機械だということを知らないだとか、
さらにはガリ版・鉄筆の話題まで出ていて、面白かった。


| | コメント (0)

2018.11.19

さくらんぼ計算

Photo_2

さくらんぼ計算という言葉が、Twitter上で出てきた。
何でも、小学校の算数で使われているのだそうな。

加数を分解して、その前部は被加数と足せば10になるようにする。

例えば、8+7の場合。

被加数の8に2を足すと10だから、加数の7を 2と5に分解。

8+2+5=15 とするというもの。


そろばんの計算は、これを使っているという話もあった。
確かに、右手の親指と人差し指は同時に動くが、ひとつずつの動作を確認すると「10」を作って残りを差し引くということだ。

上記 8+7でいうと、
右手の親指で10位に「1」(つまり10)を入れ、瞬時に人差し指で「3」をはらう。
スローモーションだと、「10を作って3を引く」形になり、答えの「15」が導き出される。


それは於いて、 「8+7=15」と書いたら減点されたと言うのには、驚いた。
「このやり方で順序よくやらないとダメ」と言うことなのだろうか?


加減算は、一桁の数字を足してスッと「10」を作れることが肝要で、そのやり方はそれぞれでいいのではないか。
繰り返しの訓練が最も生きるのは、計算なのだから。


画像は、「livedoorニュース」から拝借。


| | コメント (0)

2018.11.10

(悩みのるつぼ)

20181108_144439

黒人の彼と結婚したら「縁を切る」と母 美輪明宏さんは

このお母さんは、育児ノイローゼで親権を放棄したことがあるという。
先へ先へと、考えてしまうタイプなのだろう。

回答者の言葉にあるように、時間をかけて彼の良さを解って貰うしか方法がないだろう。

自分の価値観で子どもを縛ろうとする親、多いのだろうな。
いくら同じような立場で活躍している人が多いと客観的には判っていても、自分のこととなると違うようだ。


| | コメント (0)

2018.11.06

家事の「手抜き」広がる共感

20181106_121515_2

家事の「手抜き」広がる共感 年配女性の意識にも変化

Twitterで、
『子どもが手作りよりコンビニおにぎりを喜ぶ』と言った女性(ママA)に相手の方(ママB)が『うちも。助かるね』と言ったら、ママAに涙ぐまれたとか。

「手作りを食べさせないといけない」という呪縛があるという話に発展していったが、家事の「手抜き」に関しても同じようなことが言えるのではないか。

店屋物を取ることやお惣菜を買って帰ることに、後ろめたさを感じる。
しかし、デパ地下などでたくさんの人が買物をしているのを見ると、安心もするのだ。


| | コメント (0)

2018.10.27

文字読み上げるメガネ開発

Photo_3
文字読み上げるメガネ開発 読字難しい「おとん」のため

クラウド上で画像から文字が検出されると、その文字が音声に合成されるシステム
で、GoogleとAmazonが関与している。


これ、実は体験している。

取り上げた本の中身を読み上げてくれるだけでなく、会議で向こう側の席の名札も読んでくれた。


| | コメント (0)

2018.10.13

ブルーライトは目に悪くない?

2010

ブルーライトは目に悪くない? 科学誌発端、世界で論争という記事を読んだ。

記事中でも触れているが、「(国内の報道は)ブルーライトの安全宣言のような報道になってしまっている」ことが懸念されているようでもある。

この夏、「ブルーライト軽減」を謳っているサングラスを買った。
小さくて軽くて、まぁまぁ重宝している。

かなり薄くても色の付いているのは周りが暗くなって、本を読むときなどいちいち外す必要がある。
このグラスは、若干暗くなるが外すほどではない。

ブルーライト軽減なら、室内でこそかけている方がいいのかもしれないが。


| | コメント (0)

2018.09.30

台風と、9月の検索語

20131001_142738

この夏は異常な暑さだった。

そんな中、7月上旬には中国地方に大雨が降った。
この日(7月6日)は前日から東京にいたのだが、結局連泊した。
スケジュールも前倒しで行われて早めに終わったから西日本へも帰った人が多かったのが、途中で足止めを食らって結局そこで泊まった人もいた。知らない土地での宿探しは辛い。

次の週は下関行きだったので、これまた山陽線の運用が気になっていた。
その後も、台風21号の影響で会議を延期したりしている。

そして明日10月1日の会議も延期する。
台風そのものは去っても、あとの交通事情が回復しない可能性が強いからだ。


稲泉連【ぼくもいくさに往くのだけれど】(06.04.26)

「メモ帳」が保存できなくなって焦る(15.04.02)
今月もヒットしてきた

沢木耕太郎「血の味」(05.07.23)

荘川桜(06.05.01)

「二の字点 ゆすりてん」と呼ばれる文字について(15.11.17)

料理研究家の大原照子さん死去(15.02.02)

エド・マクベイン【キス】(07.05.06)

阿部絢子【モノ・人・お金 自分整理のすすめ】(16.04.13)

山本藤枝【飛鳥はふぶき】(05.01.02)
なつかしいなぁ

藤沢周平【蝉しぐれ】(10.08.05)

料理研究家の大原照子さん死去()15.02.02

フルーツ会席(15.11.02)

宮部みゆき【今夜は眠れない】(04.10.20)

菜の花で堤防が崩れる…根腐れで空洞、植え替えへ(17.05.01)

「すあま」というお菓子(16.01.19)
こんなこと書いたの、忘れてた。

レッドスターベースボールクラブ(06.06.26)

内田康夫【明日香の皇子】(12.11.01)

変しい変しい……(08.12.13)

◆森博嗣【恋恋蓮歩の演習】(04.09.27)

◆森博嗣【恋恋蓮歩の演習】(04.09.27)

落合恵子【崖っぷちに立つあなたへ】(10.06.22)

内田康夫【明日香の皇子】(12.11.01)

久世光彦【触れもせで】(06.02.22)

アナログ電波 停止(11.-7.24)

【ある機関助士 「常磐線 急行みちのく」】()14.07.20

佐野洋【10番打者】(05.03.15)

長尾幹也さんの歌(04.08.02)
長尾幹也さん、どうしてらっしゃるだろうな?

連城三紀彦【変調二人羽織】(12.01.27)

ここ三つほど、懐かしい名前が並んでいる。

大原照子【シンプル家事ノート】(11.12.01)

谷川浩司・古田敦也 「勝負脳を鍛える」(04.07.11)

石井桃子【三月ひなのつき】(04.12.16)


新製品の発表会と、8月の検索語(28.08.31)


| | コメント (0)

より以前の記事一覧