2018.04.15

140円のきっぷで2日かけて1,035km移動してみたら普通に地獄だった

20120414_150210

140円のきっぷで2日かけて1,035km移動してみたら普通に地獄だった【年越し最長大回り】

この大回り乗りは非常に興味があって、一度は実行したいと思っている。
単純に、なるべく「一文字書き」になるような乗り方をすることはある。しかしその場合は、所用と目的地があって、それに合わせて違う路線を通るだけだ。

しかし、隣駅で降りたら、そこから新たに帰ってくる必要があるなぁ。


「原尞」の新作が出た(18.04.12)に、追記。

帰ってきた探偵・沢崎 原りょうさん14年ぶり新作『それまでの明日』


画像は、6年前の今日。
今年の桜が、いかに早かったかが判る。


| | コメント (0)

2018.04.14

ご隠居さんやーい

20170413_145935

高齢者の定義が変わるらしい。
今の65歳から70歳(75歳?)になるのだっけ?
要するに、年金開始時期を遅らすためなのかな?


それと関連した記事が、色々面白かった。

長寿の今、延びたのは「じじい」の期間 三遊亭円丈さん

師匠は台本を堂々と出しておやりになるらしい。

それでも「あれ、どこだっけ?」となる。
客がわざとだと思って笑ってくれるというのが、楽しい。


「70歳まで働いて、数年で死ぬ…幸せ?」森永卓郎さん

この方は断捨離ブームに反発(?)して、備蓄は3ヶ月分用意していると仰ってなかったか。


こういう ↓ 考え方もある。
定年は余生の始まりじゃない、65歳は出発点 東大教授


| | コメント (0)

2018.04.13

回収難民

20180410_152400

「買物難民」という言葉(?)があって、不便なところに住む高齢者が日常の買物にも困っているという話を聞く。
しかし通販が発達した今、ネット(あるいは電話でも)で注文すれば、おそらくどんな遠くにでも届けてもらえるだろう。

だが問題はその先にあって、こうした通販の荷物の梱包がかなり大層なことだ。
Amazonなど、大きさの規格が統一されているのだろう。どんな小さな商品でも、キチンと箱の真ん中に鎮座して届けられる。
この箱類がたまると、結構な量になる。

定期的に廃品回収される地区ならいいが、だれも引き取ってくれない段ボールがたまり放題となりかねない。


などと考えた、子ども会廃品回収日の朝だった。
そして、やはり買うのを控えようと、殊勝な心がけにもなったのだった。


| | コメント (0)

2018.04.10

食洗機をやめた

20180406_1037181

食洗機を使わなくなって、1ヶ月。
昨日(9日)は遂に、電気屋さんに撤去して頂いた。

これまで食洗機のあった場所には、ラバーゼの水切りかごスリムを二つ置いた。
それでも、なんだか広々としている。


やめて良かったこと

これまで後片付けのことを考えて、食事に使う食器を食洗機にどううまく収まるか、ということを中心に考えてきたように思う。
糸底のあまりないもの、大きすぎないものなどを使っていた。

また、一度洗った後で食器を使うのが嫌だったのが、そういう気持ちがなくなった。
いつ、どんな食器を使っても、その場で洗って水切りかごに入れる。次に洗い物をするときは、ほどよく乾いている。
また夜は布巾でささっと拭いて片付けるようになった。


なんとなく惜しかったこと

熱湯を使っての洗いがなくなったこと

これくらいかな?


関連記事
食洗機をやめようか(18.03.12)


| | コメント (0)

2018.04.07

T-SITEへはじめて行った

20180406_111601

他市の方から、当地にすごい施設が出来たね、などという話を聞く。
うーん、元の建物からすればそんなすごい施設になるとは思えないのだが。

もう何年も前に出来上がっていたのに、一度も行ったことがなかった。
昨日は夕方から雨という予報にもかかわらず、バスを降りた時点で既に降り始めていた。
どうもそのまま歩くにはまずそうなので、このT-SITEへ飛び込む。

一回は、スタバと本屋。
ま、元祖ここが発祥の地である本屋だからして、熱が入っているのだろうか?

本屋とスタバが同じ階にあって、コーヒーを飲みながら本を読めるのかな?
その辺のことは、知らない。

傘が売られているかどうか確かめずに飛び込んだのだが、幸い4階に雑貨店があった。
軽くて実用一点張りではないものをと探して、ちょうどいいのが見つかった。


一安心して、市役所へ。あちこち書類を出したりもらったり。

そのあとは、午後の行事に出席する人と待ち合わせてランチに。


2_2

いつもの密談場所(?)だが、同席した一人ははじめてだとか。


20180406_115040_2予約したのが遅かったので、はじめてカウンター席だった。

「お献立」は、「サラダとスープ」
「お造り二種盛り合わせ」「季節の小鉢」「自家製豆腐」「お魚の幽庵焼き」「旬の素材の揚げ物」

「ご飯」「香の物」「赤だし」に、「アイスとドリンク」だった。


2_42


画像の向きは、あとで直そう。
と書いたが、簡単に向きが変えられる方法、発見!こりゃ、いいわ!


| | コメント (0)

2018.03.31

今年の桜と、3月の検索語

20180329_202532

「桜切るバカ、梅切らぬバカ」の通り、
ここの桜はせっかく伸びた枝を切られて、無残になってしまった。
以前は両側から手を差し伸べて、優しいアーチを作ってくれていたのに。

3月が、去って行く。
イノッチも、昨日で卒業した。いい子(?)だったのに。
その3月の検索語は、メモ帳のことや清沢さんのことなど。

「メモ帳」が保存できなくなって焦る(15.04.02)

WIN10で画面が白黒になってしまった(17.12.21)

佐野洋子【おじさんのかさ】(04.09.29)

サービスエリアのトイレ(11.12.28)

コリン・デクスター【キドリントンから消えた娘】(17.09.02)
何故か複数回ヒットしてきた

松本清張【失踪】(07.05.29)

松本清張【月光】(07.06.09)

宮部みゆき【今夜は眠れない】(04.10.20)

内田康夫【明日香の皇子】(12.11.01)
内田氏の訃報が流れた日のヒット

連城三紀彦【暗色コメディ】(07.01.14)

阿川大樹【終電の神様】(17.06.14)

◆篠田真由美【仮面の島】(06.09.20)

エレナ・ポーター【少女ポリアンナ】(15.07.08)

藤原伊織【雪が降る】(06.12.24)

長尾幹也さんの歌(04.08.02)

「どうか」と「どうぞ」(06.03.16)

高校野球:清沢忠彦選手(04.08.10)
春の選抜真っ最中

川本三郎【小説を、映画を、鉄道が走る】(12.02.03)

アニー・バロウズ【忘れられた婚約者】(15.10.28)

梶山三郎【トヨトミの野望】(17.07.10)

蒼穹の昴:譚嗣同のことなど(06.06.19)
シリーズ全部読んだっけ

料理研究家の大原照子さん死去(15.02.02)

婦人の友社「シンプルライフをめざす整理収納インテリア」(04.06.18)

落合恵子【崖っぷちに立つあなたへ】(10.06.22)

IPHONEアプリ:小さな子猫(17.01.11)

落合恵子【崖っぷちに立つあなたへ】(10.06.22)

内田康夫【終幕のない殺人】(12.01.24)

沼田直樹【最小限主義】(15.12.02)

村川協子【簡素な暮らしの家事手帖】(16.04.02)

天津の日本語学校(05.10.04)

片岡義男「文房具を買いに」(04.08.07)


昨日行ったところと、2月の検索語(18.02.28)


| | コメント (0)

2018.03.23

自力で歯医者に行ってきた

20180322_202827

「自力で歯医者に行ってきた」などと、偉そうに呟くほどではないのだが。
車を修理中なので仕方なくというのが、真相?
そして、行き帰りともバスがちょうどよかったというだけのこと。

駅前から最寄りバス停行きに乗るのは、何年ぶりだろう。いや、逆(行き)も何年ぶりかなので、ダイヤが変わってないか心配したが大丈夫だった。


しかし、昨日は散々な目に遭った。
往路は順調にいったのだが、復路がいけない。

熊取町で間一髪間に合って、しかも座席があった。
それが、環状線内に入ってから福島駅で停まってしまったのだ。
桜宮あたりで線路に煙が見えたとか。

運転再開は何時になるか判らないというアナウンスがあり、『大阪駅までは15分くらい』と親切なお知らせも。
そのうち、運転休止になったので降りろと言われてホームへ出る。

仕方ないから前の方へ移動する。その内ようやく運転再開とのアナウンスが流れ、車中へ。
だが、やはり遅れはしかたないか。

そのあと、学研都市線もトラックが橋桁に云々とかで、遅延休止中だって。


仕上げは、駅前でのタクシー待ち。
この時間、すごく寒かった。


ふー。というわけで、夕食は美味しいものを食べに行ってきた。

あとで考えたら、福島で降りて新福島へ行けばよかった。環状線だからと言って、だれもが大阪目指しているとは言えないのに。
(新福島を思い出させてくれなかったのを怒っている??)


| | コメント (0)

2018.03.22

最終日




いよいよ 最終日です


| | コメント (0)

2018.03.16

花ふきん

Photo_3

最近、「花ふきん」というのに はまっている。

画像は、「中川政七商店」のオンラインショップより拝借したもの。
このうち5色を持っているが、これらが非常にキレイで、気に入っている。
菜の花・あじさい・さくら・若葉・すみれといったネーミングも楽しい。

材質は奈良の蚊帳で、「白雪ふきん」で有名になったものと同じだ。

最初はゴワッとしているが、水をくぐるにつれ柔らかくなって使いやすくなる。
手に馴染みやすいのも、ポイントが高い。

このまま食洗機を使わないようになると、使用頻度がもっと上がるだろう。


| | コメント (0)

2018.03.15

ウグイスが鳴いた

20120316_100316

今朝、洗面所にいるとウグイスの鳴いているのが聞こえた。
もう、随分上手になっている。初鳴きは気づかなかったなぁ。

もう、3月も真ん中だもんな。
さっさと行ってしまわれないよう、気を引き締めなければ。


画像は、伊吹山。ただし、6年前の3月16日。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧