2017.06.23

再入院

20170609_112356

せっかく退院したのだったが、6月7日に再入院になった。


左膝の周りが腫れて、その内引くかなと思っていたのだが、どんどん広がってくる。
近所のクリニックへ行くと、なるべく早く見て貰った方がいいというので、お手紙を預かる。その翌日(6月7日)診察を受けると、即入院となってしまった。

しばらく点滴で様子見をしていたが、結局中を開けることになり、それが6月15日(木)のこと。置き換えた骨までは届いておらず、溜まった血液にばい菌が入ってのことだったらしい。その周辺を洗って、再度縫合。
抜糸を待たず、6月19日(月)に退院してきたという次第。


入院日記:退院(17.06.20)

入院日記:手術以降つづき(17.06.05)

入院日記:手術以降(15.06.02)

入院日記:手術の日(17.05.30)

入院日記:入院当日(17.05.28)

入院日記:入院まで(17.05.26)

入院日記:経緯3(17.05.24)

入院日記:経緯 2(17.05.22)

入院日記:経緯(17.05.20)


| | コメント (0)

2017.06.22

われは湖の子さすらいの♪

20111020_165710

われは湖の子さすらいの♪ 滋賀のご当地ソング100年

昨日の夕刊、トップ記事。
この歌は好きだ!


内田康夫の小説に、「琵琶湖周航殺人事件」というのがあったような。ちがった、「琵琶湖周航殺人歌」だった。
これは火曜サスペンスでも見たと思う。名古屋章・神山繁・仲谷昇・高橋悦史といった懐かしい面々が出ていたっけ。


画像は、琵琶湖に沈む夕陽。ただし6年前の秋。


| | コメント (0)

2017.06.21

子どもたちの夏休みを10日間に 静岡・吉田町の決断

20170612_192245

子どもたちの夏休みを10日間に 静岡・吉田町の決断

随分思い切った決断だが、周りとの兼ね合いが難しいだろう。
現に説明会でも、他市とのクラブ交流や長期の旅行が出来なくなるといった意見が出ていたようだ。

暑くて勉強が出来ないから、夏休みが出来たのだろうか?お盆を挟んでという事情もあったろう。
だとすると、空調完備の学校では、その必要性はなくなる?
現に私立校では、もう随分以前からお盆前後しか夏休みのないところも多い。

あーしかし、あのけだるい怠け放題の夏休みって、実に魅力的なんだけどなぁ。
遊びほうけた自分の夏休みを、今でも懐かしく思い出す。


昨夜から梅雨が戻ってきて、肌寒い朝。
画像のような夕焼けは、おあずけのようだ。


| | コメント (0)

2017.06.20

入院日記:退院

20170529_113009

2週間も放置していたが、入院してから16日目の5月29日、無事退院する。

次回は3ヶ月後で、その間随分長い。
正直少々不安であるが、リハビリについてはかかりつけのところでということのようだ。

入院日記:退院(17.06.20)

入院日記:手術以降つづき(17.06.05)

入院日記:手術以降(15.06.02)

入院日記:手術の日(17.05.30)

入院日記:入院当日(17.05.28)

入院日記:入院まで(17.05.26)

入院日記:経緯3(17.05.24)

入院日記:経緯 2(17.05.22)

入院日記:経緯(17.05.20)


| | コメント (0)

2017.06.05

入院日記:手術以降つづき

20170518_191209

前回(17.06.02)は、たった一行書いただけだった。

手術が5月15日(月)で、翌16日(月)からはリハビリが始まった。

まずは、4本脚のカートを「ゴトンゴトン」と押しながら、一歩一歩進む。

次の日はもう杖歩行で、日本の杖をつきながら歩く練習。部屋へ戻っても、なるべくカートを使わず杖で歩くようにとの指示が出る。
病室前の廊下を往復すると約100メートルになるので、記録を取る。

そして、一本杖歩行へ。

その間、リハビリ室ではおきまりの筋トレで、だが一日に過ごす時間は30分くらいだろうか。あとは自主トレという形になる。

痛みの場所は、徐々に移行している。


入院日記:手術以降つづき(17.06.05)

入院日記:手術以降(15.06.02)

入院日記:手術の日(17.05.30)

入院日記:入院当日(17.05.28)

入院日記:入院まで(17.05.26)

入院日記:経緯3(17.05.24)

入院日記:経緯 2(17.05.22)

入院日記:経緯(17.05.20)


| | コメント (0)

2017.06.04

不思議な夢

20150616_120811

妹を通して母から、「明日(我が家の家族と一緒に)海外へ行くから、白髪を染めに来て欲しい」という連絡が来る。
えっ?そんな話あったっけ?と焦る。

そこで、家中で次の日に行く予定のチケットを探しまくるが、無い(これは日常を反映している)。


場面変わって、どこかの(新幹線)駅。特急券を手配しようとしている。
ここでは、娘とチビさんたち、それにつれあいの5人分を購入予定。
なぜかおじさんが「10時のには間に合わないから10時はですかね」などと言っている。

そして、宿泊地も決めることになり、東北新幹線沿線のどこかでというところに発展している。


これは、中旬に東京へ行く必要があり、まだ不安なのでつれあいに付き添って貰う予定と重なってくる。
昨夜「特急券取った」と言ったら、「え?行くって言ったっけ?」などという返事が返ってきて、むくれていたからだった。

東京にはいい庭園が一杯あるから時間つぶすのにいいよ、という話をしていたのに……。


まもなく、母の四十九日である。


| | コメント (0)

2017.06.02

入院日記:手術以降

20170518_191209

さて、手術の翌日からは、さっそくリハビリ開始である。


入院日記:手術以降(15.06.02)

入院日記:手術の日(17.05.30)

入院日記:入院当日(17.05.28)

入院日記:入院まで(17.05.26)

入院日記:経緯3(17.05.24)

■入院日記:経緯 2(17.05.22)

入院日記:経緯(17.05.20)

| | コメント (0)

2017.05.30

入院日記:手術の日

20170525_111952

5月14日(日)に入院して、翌15日(月)が手術日である。
予定は午後なので、朝から言われたとおりの準備をして待つ。

その後のことは、あまりよく覚えていない。部屋へ戻ってから先生の「血だらけ」という言葉だけが聞こえてきた。出血は、かなり多かったようである。


ちなみにこの病院は、ただ今新しく生まれ変わる途中で、5月から徐々に受付や診察室が移動している。
パンフレットによると綺麗な病室で期待していたのだが、病棟の引っ越しは6月からなのだった。
従って、一番古い状態で入っていたことになる。


画像の右側の建物の左端3階、木に隠れている部屋で個室ではあった。


入院日記:入院当日(17.05.28)

入院日記:入院まで(17.05.26)

入院日記:経緯3(17.05.24)

■入院日記:経緯 2(17.05.22)

入院日記:経緯(17.05.20)

| | コメント (0)

2017.05.29

退院

20170427_160955_2

お世話になりました


| | コメント (2)

2017.05.28

入院日記:入院当日

20170517_145247

5月14日、日曜日。母の日
この日の朝、入院した。

部屋が楽しみにしていた新館では無く、旧館(それも、今は一緒に旧館と呼ばれている以前の新館即ち東館の方では無く、当時からの旧館)、つまり一番古い建物だった。


後のことになるが、入院中にお引っ越し作業が始まり、退院後は壊される運命にある。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧