2019.09.16

福島に行ってきた

20190911-170430

11日(水)から13日(金)まで、福島に行ってきた。

投宿したのは、駅目の前のホテル。
12日の交流会も、ここであった。

12日だけでなく13日も担当したので疲れたけれど、とても充実した楽しい日だった。
何年ぶりかでお目にかかった方もいらっしゃって、もっとお話ししたかったなぁ。

 

| | コメント (0)

2019.09.13

福島の朝

8d30e1fb82c84b5eaada10c7dba3deaa

 

| | コメント (0)

2019.09.11

こんなところにいます

C6563ef014724aacbf848e231ccfd7c5

 

| | コメント (0)

2019.09.04

原風景

D8b695f9de54cc2a1f7fb07d586a84c4dd6501b3

原田マハの【リーチ先生】は物語もよかったが、何よりこの大分県日田市にある小鹿田焼の里が素敵だ。D57f383c3a447674973d6accf91cbed52c5b4dd3

日田市でもかなり辺境の地のようで、車でないと訪れることは無理かもしれない。

自分はこうした田舎がホントに好きで、他人様から見ると退屈な場所も、懐かしさを覚えるのである。

3日の日田市は、猛暑日近くまで気温が上がったようである。
この涼しげな川のほとりも、暑かったのかな。

 

| | コメント (0)

2019.08.31

ホテル辰巳屋31日閉館 福島駅東口の顔、惜しむ声相次ぐ

20151029-155231

ホテル辰巳屋31日閉館 福島駅東口の顔、惜しむ声相次ぐ

ここでは、二度夕食をしている。
その「フルーツ懐石」(15.11.02)が、非常に珍しくおいしかった。

プライベートで訪れるときはぜひ泊まりたいと思っていたので、非常に残念だ。

 

| | コメント (0)

2019.08.22

蔵書1万冊の温泉宿・入場料とる書店 本、新たな出会い

Back

蔵書1万冊の温泉宿・入場料とる書店 本、新たな出会い

どちらも、心と懐にゆとりがないと無理かな?

でも、両方とも一度は体験してみたい。

有料本屋さんの方は、有料の図書館だと考えたらいいかも。
時間があってゆっくりくつろぎたいときに。でも、こんな遠いところわざわざ行けないけど。

一方のホテルの方はいいなぁ。
のんびり静養出来るような身分になりたいものだ。

 

| | コメント (0)

2019.08.08

「梅田ってどこ?」で「大阪梅田駅」に改称 阪急・阪神

20120809-095937

「梅田ってどこ?」で「大阪梅田駅」に改称 阪急・阪神

少し前の「天声人語」にこのことに触れているものがあった。
よそ者として、変えることに寂しさを感じている(?)ような感じがしたが。

「梅田ってどこ?」は、よく聞くがご当地としては当然不便ではない。
「大阪」と「梅田」はそばにあっても別物、という意識は染みこんでいるから。
それよりは、「阪急か阪神か」の方、が乗る際には重要だ。

しかし判りにくいのもその通りだから、名称変更は仕方ないかな。

関西では「国鉄と私鉄は違う名前」というのが古く定着していたと思う。
それが、「湊町」が「JR難波」になったのが、かなり画期的なことではなかったか。
このあと、「JRどこそこ」とつく駅名が増えた。

また、JRは私鉄の下を通らない、と聞いたことがある。
それが崩れたのが、JR東西線の開通だったかな?
場所がないから、もぐるしかないし。

画像は、本日の会場。ただし7年前のもの。

 

| | コメント (0)

2019.07.02

バスで川向こうへ

74a6430c6b0042c5a1e33312e33d4191

 

| | コメント (0)

2019.06.14

多摩川

F20e01078d684eeabc5e57b47e44fade

こんにちは 東京(写真取り損ね)

お久しぶりです

 

| | コメント (0)

こんなところにいます

2bee7a34ffb146298d9bb871f8a936b9

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧