2021.09.12

きかんしゃトーマス、京都にやってきた 「ワクワクする」とあいさつ

Photo_20210910171501

 

きかんしゃトーマス、京都にやってきた 「ワクワクする」とあいさつ

平日は車庫にいるが、土日は転車台まで出てきて、おしゃべりをしてくれるんだって。

 

京阪電車のラッピングにもトーマスがいるが、実物を見ることが出来たら楽しいだろうなぁ。

 

| | コメント (0)

2021.09.04

「時刻表」を読む

20120908-121027

声優・平田広明さんが時刻表を読む!【『JR時刻表』通巻700号記念スペシャル朗読動画① 】という企画が見つかった。

さっそく聞いてみる。
申し訳ないことに、平田広明さんは存じ上げない。

鉄道大好きという方で、「東京発八代行き」と「東京発釜石行き」。

「旅情を込めて」時刻表を読んでいかれる。これがなかなか楽しい。
原稿は頭の中にはあるのだろうが、ひたすら時刻表の該当ページを見ながらの語り。

八代までは、東京駅からは「サンライズ出雲」で出発。途中新幹線で博多へ入り、九州路をいく。

あー、ますます鉄恋しい!

 

せっかくだから、九州の鉄道をば。

 

| | コメント (0)

2021.08.28

JR東海が「HC85系」公開 ハイブリッドで国内最速

Hc85

 

JR東海が「HC85系」公開 ハイブリッドで国内最速

車内の動画もあった。

かなり快適そう!

来年度投入か。乗ってみたいなぁ。

 

鉄道に乗らなくなって1年余。
「鉄分不足だー」と騒いでいたら、本物の「鉄分不足による貧血」ということだった。
点滴を4回ほどして、今は「動いたら動悸が激しくなる」という症状も、かなり落ち着いている。

 

| | コメント (0)

2021.07.22

「たま駅長」は不滅の存在感、再びの大ピンチ救って

Tama

「たま駅長」は不滅の存在感、再びの大ピンチ救って

地方鉄道は、どこも苦労している。

初代は本当に「お仕事」として振る舞っていたように思う。グッズもいくつか買ったっけ。

 

「二匹目のドジョウ」ならぬ、「二代目」ではやはり少々力が足りなかったのかな?

 

| | コメント (0)

2021.07.18

大阪府庁舎が国登録文化財に 窓や玄関には細密な彫刻

Photo_20210717130501

大阪府庁舎が国登録文化財に 窓や玄関には細密な彫刻

 

府庁(本庁)の建物が好きだ。

年に一度、書類提出に行く必要があった。
それも新庁舎に変わり、さらに今では地元に提出することになった。

府庁は古い建物で、廊下も暗く、仕事をするには快適な場所と言えないかも知れない。
しかし高校時代、市電でこの前を毎日通っていたことも、懐かしさを感じる元になっている。

今回登録文化財になるとこのこと。
素直にうれしい。

 

| | コメント (0)

2021.06.08

京阪京津線800系が持つ三つの顔 新幹線並み高級電車

800

京阪京津線800系が持つ三つの顔 新幹線並み高級電車 「まだまだ勝手に関西遺産

京阪電車には、殆ど乗らなくなった。いや、JRにもこの1年間乗っていない。
鉄分不足、半端ない。

こういう電車は、乗客には見えないところですごい機能を持っているのだな。

 

あー、どこか行きたいなぁ。というか、単純に「遠くへ行きたい」。

 

| | コメント (0)

2021.05.28

ラベルに描かれた90歳母の姿 奥美濃の銘酒「母情」

20130512-155319_20210527084001

ラベルに描かれた90歳母の姿 奥美濃の銘酒「母情」

朝日のデジタル版で見つけた記事。

記事中にある「古今伝授の里」は道の駅になっている。

その隣に神社があって、毎年夏祭りが楽しみだった。

 

画像は、ここの近くにあるレストラン。
撮ったのは8年前だが、2003年にはここで叔父夫婦を訪れた母や息子たちと一緒に食事をしている。

 

| | コメント (0)

2021.05.02

四万十川の空、こいのぼり300匹 百均でこつこつ購入

9955088ba485e03a1cb1d798cf539b52_1619660

四万十川の空、こいのぼり300匹 百均でこつこつ購入

勇壮に泳ぐ大きなこいのぼりもいいが、こうした地域を愛する方に守られているこいのぼりも、暖かさを感じられて嬉しくなる。

四万十川

いつか行けるだろうか!

 

画像は朝日新聞のサイトから拝借

 

| | コメント (0)

2021.04.19

御衣黄

Photo_20210418170001

今読んでいる本に、「御衣黄」という桜の品種が出てきた。
緑色の桜だという。

 

それで思い出した。
京都在住の知人が、緑色の桜の写真を送ってくれたことを。

しかし、御衣黄は京都でも二カ所でしか見られないという。
そしてこの本の違うところで出てきた「緑色の桜」は、「鬱金」だという。

そうだ、知人の写真には「鬱金」という説明があったっけ。

どちらも八重桜の一種らしくて、多分今頃が見頃のところもあるだろう。

いつになったら、心置きなく桜を愛でに行くことができるだろう。

 

| | コメント (0)

2020.12.16

京阪の5000系5ドアによる運用が来年1月29日で終了するみたい

5000

京阪の5000系5ドアによる運用が来年1月29日で終了するみたい

という記事は、なくなっていた。

5000系そのものは50年前から運行されていたということで、実際乗ったことはある。
だが5扉運用中(すなわちラッシュ時)に乗った覚えはないなぁ。
通勤時間帯は利用していたのだったが……。

↓ のような記事もあった

京阪の「降ってくる座席」終了へ 満員電車緩和の名案

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧